説明

新日鉄住金エンジニアリング株式会社により出願された特許

891 - 897 / 897


【課題】 コイルの補修が容易にできると共に、製造する鋳片に対応して長さを変更可能なリニア型電磁撹拌装置を提供する。
【解決手段】 連続鋳造設備の鋳型部及び二次冷却帯部のいずれか一方又は双方に設置される移動磁界を利用したリニア型電磁撹拌装置10において、両極に磁極を形成するスロット溝14を備えた鉄心12、鉄心12のスロット溝14に組み込まれるリング状のコイル13、及びコイル13を鉄心12のスロット溝14に固定するウェッジ締結機構16aを備えたパーツコイル17と、所定数のパーツコイル17を磁極形成方向に揃えて並べるベース部材18と、ベース部材18に並べられた所定数の鉄心12を固定するクランプ機構19とを有する。 (もっと読む)


【課題】 地盤の熱的状況に適応し長期間に渡って安定した運転が実現できる地中熱利用ヒートポンプ装置、およびその制御方法を提供すること。
【解決手段】温度センサ14で測定したヒートポンプ3から地中熱交換器2への熱媒水の出口温度に基づいて採放熱の限界値を設定し、設定した採放熱の限界値を超えないようにヒートポンプ3の運転を制御することで、空気調整装置の運転中において地中温度が高く(または低く)なり過ぎて採放熱効率が著しく低下したり、長期的に地中温度が徐々に上昇(または低下)して採放熱不能になったりすることが防止でき、地盤3の熱的状況に適応して長期間に渡って安定した運転が実現できる。 (もっと読む)


【課題】熱源兼流動化ガスとして流動層乾燥機に供給する高温ガスであるコークス炉排ガスの供給が停止、減少又は増加すること、あるいは該ガスの温度が変化することに伴い、流動層乾燥機からガスとともに排出され回収される微粉量が増減したとしても、粉塵飛散、コークス炉壁へのカーボン付着を確実に防止すること。
【解決手段】湿潤原料を乾燥する流動層乾燥機8と、コークス炉排ガスを熱源兼流動化ガスとして流動層乾燥機8に供給するためのガス供給配管5と、流動層乾燥機8からガスとともに排出される微粉を回収する集塵機11とを有する湿潤原料の乾燥装置において、供給されるコークス炉排ガスの温度もしくは流量の変動に伴う湿潤原料の乾燥度の変動により集塵機11の回収量も変動する微粉に対して、バインダー添加量が微粉に対して一定比率となるように、自動もしくは手動で調整できる機構を備えたバインダー添加装置18によりバインダーを添加する。 (もっと読む)


【課題】 高効率に運転可能で、かつ施工性を良好にしてコスト低減を図ることができる地中熱利用装置を提供すること。
【解決手段】ヒートポンプ3と空調室内機4とを冷媒配管6で接続し、二次凝縮・蒸発器10を空調室内機4に設けて空気調整装置(地中熱利用装置)1を構成したので、空調室内機4まで冷媒が直接循環されることとなり、負荷側の循環ポンプが不要にでき、かつ負荷側の熱媒への熱交換が不要にできる。従って、負荷側の循環ポンプの駆動エネルギーが省略でき、かつ熱交換によるロスを最小限にすることができるので、空気調整装置1全体のエネルギー効率を十分に高効率化することができる。さらに、ヒートポンプ3と空調室内機4とを冷媒配管6で接続したので、負荷側を水配管で接続する場合と比較して、配管の施工性を向上させかつ施工コストを低減することができる。 (もっと読む)


【課題】高炉炉体を確実に且つ短時間で分離・撤去する方法を提供する。
【解決手段】高炉炉体の撤去しようとする範囲の上方を切り離し、撤去しようとする範囲の下方の基礎コンクリートあるいはベースグラウト11をワイヤソーで切断し、一体的に接合した敷ビーム12及び炉底マンテル35からなる高炉炉体36を上昇させ、その間に横移動手段を配置し、高炉炉体36を前記横移動手段上に降ろして横移動させ、炉体櫓14外に移動させる高炉炉体の撤去方法において、横移動手段を滑り部材とする。 (もっと読む)


【課題】連続鋳造鋳型のバックプレートの剛性を低下させることなく所望の箇所あるいはそれに近い箇所に熱電対を配置できる連続鋳造用鋳型の熱電対取付構造を提供する。
【解決手段】多数のボルト5をバックプレート4のボルト貫通孔4bに貫通させて各ボルト先端を銅板6に螺合させて銅板6をバックプレート4に固着した連続鋳造用鋳型の熱電対取付構造において、ボルト5のうち、熱電対9により温度を測定する箇所に配置されたボルト5の中央で軸方向に貫通させて形成した貫通孔5cに熱電対9を挿入させるとともに、熱電対の先端を銅板6にバックプレート4の貫通孔4bと同軸に形成された熱電対収納穴6aに収める。 (もっと読む)


磁気シールドパネルは、磁性材料からなる磁気シールド部材と、金属板又は半透明の板材とを有し、磁気シールド部材は金属板又は半透明の板材に取り付けられる。
(もっと読む)


891 - 897 / 897