説明

アクゾ ノーベル ナムローゼ フェンノートシャップにより出願された特許

101 - 110 / 132


【課題】慣用の方法よりエネルギーの消費が少なく、水の消費が少なく、それでも所望される製品品質を与える、改良された塩結晶化法を提供すること。
【解決方法】アンチ溶媒の使用を含む塩の組成物を製造する方法において、無機塩源に水をフィードして該塩を含む水性溶液を形成すること、該水性溶液を結晶化装置/沈殿槽にフィードすること、該水性溶液を1以上のアンチ溶媒と接触させ、塩を少なくとも部分的に結晶化させること、ここで該アンチ溶媒の少なくとも1は結晶成長阻害特性及び/又はスケーリング阻害特性を示し、かつもしアンチ溶媒が十分な結晶成長阻害特性、及び/又は十分なスケーリング阻害特性を示さないならば、1以上の結晶成長阻害剤がアンチ溶媒及び/又は水性溶液に添加され、及び/又は1以上のスケーリング阻害剤がアンチ溶媒及び/又は水性溶液に添加される、1以上のアンチ溶媒及び水性の塩溶液を含む、結晶化装置/沈殿槽のオーバーフローを、1以上のアンチ溶媒を水性塩溶液から分離するための膜を含むナノ濾過ユニットにフィードすること、水性スラリーにおいて、結晶化装置/沈殿槽から結晶化された塩を移動すること、場合により、1以上のアンチ溶媒を結晶化装置/沈殿槽にリサイクルさせてもよい、及び場合により、第一の溶解工程、及び/又は結晶化装置/沈殿槽にスラリーからの水をリサイクルさせてもよいを含む方法。
(もっと読む)


本発明は、凝固されるべき少なくとも1の有機若しくは無機化合物を含む液状媒体が膜を通して1以上のアンチ溶媒中に押出されて、または1以上のアンチ溶媒が膜を通して凝固されるべき少なくとも1の有機若しくは無機化合物を含む液状媒体中に押出されて、当該有機および/または無機化合物を含む固形粒子を含む組成物を生成する、アンチ溶媒凝固プロセスに関する。 (もっと読む)


本発明は、無機コーティングを有する箔片を製造する方法であって、(a)エッチング可能な仮の基体箔(1)を用意する段階、(b)該仮の基体上に無機コーティング(2)を施与する段階、(c)永久キャリア(3)を施与する段階、(d)任意的に、該仮の基体(1)の一部を除去する段階、(e)該箔を切断線に沿って片へと切断する段階において、該切断線が、仮の基体が存在しかつ該切断線の各側に関して少なくとも0.25mmの幅を有するところの該箔の部分に位置している上記段階、および(f)該仮の基体の少なくとも一部を除去する段階、を含む方法に関する。 (もっと読む)


【課題】
【解決手段】本発明は、スチレンを含む(コ)ポリマーの製造のための縣濁重合方法において、反応混合物に開始剤を連続的にあるいは半連続的に配量する工程を含み、開始剤が配量される反応混合物の温度において特定の半減期を開始剤が有するところの重合方法に関する。 (もっと読む)


【解決手段】本発明は、ポリ塩化ビニル組成物に熱安定性を付与するために適する、本質的に溶剤を含まないところの液状安定剤を製造する方法であって、水を除去しながら、一つ以上の有機ホスファイトエステル反応性溶剤の存在下に一つ以上のカルボン酸を一つ以上の金属源と反応させること、ここで、該金属源の金属は、Ca、Ba、Zn、Sr、K及びCdより成る群から選ばれる、トリオーガニックホスファイト、有機酸ホスファイト、ジホスファイト及びポリホスファイトより成る群から選ばれる一つ以上の有機ホスファイトエステルを加え、そしてフェノールを留去しながら、上記一つ以上の有機ホスファイトエステル反応性溶剤を該有機ホスファイトエステルと反応させること、及び任意的に、該反応混合物に上記一つ以上の有機ホスファイトエステルを添加する前、間、又は後に、当業者に公知の一つ以上添加剤を加えることの段階を含むところの方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、70〜95℃の凝集温度、0.1〜0.8のメチル置換度、及び0.1〜0.7のエチル置換度を有するノニオン性メチルエチルヒドロキシエチルセルロースエーテルに関する。該セルロースエーテルは、種々の性質を有し、水性配合物、例えば水性ラテックス含有ペイント組成物における増粘剤又はレオロジー改質剤として使用され得る。該セルロースエーテルを製造する方法もまた開示される。 (もっと読む)


本発明は、1以上の環状ケトンパーオキサイド、1以上のジアルキルパーオキサイド、および所望により1以上の慣用の減感剤を含むパーオキサイド組成物に関する。これらの組成物は安全かつ貯蔵安定である。さらに、本発明は、組成物のような組成物を重合プロセスおよび(コ)ポリマー改変プロセスにおいて使用する方法にも関する。 (もっと読む)


ペルオキシドの全量に基づき3.5重量%未満のジアルキルペルオキシドを含む式(I) のトリオキセパン化合物を製造する方法であって、該方法は、酸の存在下で式R3CHOH-CH2-C(CH3)2OHのグリコール化合物と過酸化水素とを反応させて、グリコールヒドロペルオキシドを形成する工程、グリコールヒドロペルオキシドを精製する工程、精製したグリコールヒドロペルオキシドと式R1R2COのケトンもしくはアルデヒドとを酸の存在下で反応させて、トリオキセパン化合物を形成する工程、およびトリオキセパン化合物を精製する工程を含み、ここで、R1、R2およびR3は独立して、水素および置換もしくは非置換のヒドロカルビル基から選択され、ただし、R1およびR2が共にメチル基であるなら、R3は水素ではない。そのようにして製造されたトリキセパン化合物を含む開始剤組成物は、良好な架橋効率と組合せて、高い安全な加工処理温度によって特徴づけられる。 (もっと読む)


本発明は、電荷のバランスをとるための有機イオンを含む粘土であって、該有機イオンはロジンをベースとするイオンであるところの粘土に関する。本発明は、ポリマーマトリックス及び有機イオンの少なくとも一部がロジンをベースとするイオンである電荷のバランスをとるための有機イオンを含む粘土を含むハイブリッド有機−無機コンポジット物質にもまた関する。 (もっと読む)


本発明は、
a)2の仮の基板を用意すること、
b)該仮の基板のそれぞれ上に透明無機物質層を施与すること、
c1)該透明無機物質層上に透明担体を施与すること、または
c2)該透明無機物質層上に重合化透明担体のための重合性前駆体を施与し、引き続いて該重合性前駆体を重合して、透明担体にすること、および
d)該仮の基板を除去すること
の一連の段階を含む、その両側が透明無機物質で少なくとも部分的に被覆されているところの透明担体を含んでいる、可撓性の、機械的に補償された積層物質を調製する方法に関する。 (もっと読む)


101 - 110 / 132