説明

アバンテイス・フアルマ・エス・アーにより出願された特許

31 - 40 / 65


本発明は、低分子量ヘパリンおよび超低分子量ヘパリンを構成するオリゴ糖を血漿から分析するための方法に関連する。 (もっと読む)


本発明はHsp90シャペロン蛋白質阻害剤としてのプリン誘導体の使用、特にHsp90シャペロン蛋白質のATPアーゼ触媒活性の阻害剤としてのその使用に関する。

(もっと読む)


式(IA1)または式(IB1)のプリン誘導体、プリン誘導体を含有する組成物、および、特に腫瘍学における医薬品としてのこの使用(式中、YおよびZ=NまたはCH;X=ハロゲン;(IA)では、A=NまたはCH、ならびに(IB)では、A=O、S、NH、CHまたはCHR;B=O、S、NR’、CHまたはCHR’;R=Hまたはアルキル;R’=H、場合により置換されるアルキル、アルケニル、アルキニル、(CH−アリールまたは(CH−ヘテロアリール、CH(アリール)、C(Z)−アリールまたはC(Z)−ヘテロアリール;n=0、1、2;Z=O、SまたはNR’)。

(もっと読む)


本発明は、アゼチジン誘導体の注射可能又は経口送達可能な二元系又は三元系の製剤に関する。本発明の医薬組成物において使用するアゼチジン誘導体は一般式(Ia)又は(Ib)


[式中、Arは芳香族又は複素芳香族の基であり、場合により1つ以上の(C−C)アルキル、ハロゲン、NO、CN、(C−C)アルコキシ又はOH基で置換されている]により表すことができる。
(もっと読む)


本発明は、置換インドール化合物の調製、それを含有する組成物、この調製方法、および、医薬品(具体的には抗ガン剤)としてのこの使用に関連する。

(もっと読む)


本発明は、新規な細胞毒性薬およびこれらの治療的使用に関する。より具体的には、本発明は、タキサンを含む新規な細胞毒性薬およびこれらの治療的使用に関する。これらの新規な細胞毒性薬は、タキサンを細胞結合物質と化学的に連結させることにより、標的化された方法で、タキサンを特定の細胞集団へ送達することの結果としての治療的使用を有する。 (もっと読む)


本発明は、5−フルオロウラシルと一緒にされているか、または、新生物疾患を処置するために治療的に有用である5−フルオロピリミジン誘導体と一緒にされているVEGF阻害剤からなる抗腫瘍組合せ物に関する。 (もっと読む)


2−アルコキシ−3,4,5−トリヒドロキシアルキルアミド系化合物、この調製、これを含有する組成物、および、この使用。本発明は、具体的には、2−アルコキシ−3,4,5−トリヒドロキシアルキルアミド系化合物、この調製、これを含有する組成物、および、医薬品(具体的には、抗ガン剤)としてのこの使用に関する。

(もっと読む)


式(I)の生成物〔R1はR2、NHCO(R2)、CH=CH−(R2)およびNH−R4を表し(R2はアルキル、シクロアルキル、ヘテロシクロアルキル、ヘテロシクロアルキレン、アリール、ヘテロアリール、アリールアルキルおよびヘテロアリールアルキルを表す。);R3はアルキル、アルキル−アリール、アルキル−ヘテロアリール、−アリール、−ヘテロアリールを表し;R4はアリール、ヘテロアリール、シクロアルキル、ヘテロシクロアルキルを表し、これらの全ては場合により置換されている。〕;あらゆる異性体およびこれらの塩形態である前記の生成物;これらの調製;キナーゼタンパク質の阻害剤として作用する薬剤として;縮合複素環で置換されたヒドロキサメートの調製、これらの調製のための方法、これらを含有する組成物、ならびに薬剤としての、特に抗癌剤としてのこれらの使用。 (もっと読む)


置換カプロラクタム化合物、この調製方法、これを含有する組成物、およびこの使用。本発明は、置換カプロラクタム化合物の調製、この調製方法、これを含有する組成物、および、医薬品(具体的には抗ガン剤)としてのこの使用に関する。

(もっと読む)


31 - 40 / 65