説明

アバンテイス・フアルマ・エス・アーにより出願された特許

41 - 50 / 65


本発明は、新規ダブル・ハイブリッド系およびこの使用に関する。この系は、特に、タンパク質間相互作用の遮断の検出を可能にするツールをもたらす。開発した系は、タンパク質対の相互作用の破壊を検出するメカニズムとして転写干渉を用いる。開発したダブル・ハイブリッド系は、タンパク質間相互作用を破壊する分子の検出を可能にする、ならびにこのタンパク質間相互作用に関与するタンパク質の相互作用のない対立遺伝子の同定を可能にする分子のスクリーニングに適用することができる。 (もっと読む)


本発明は、N−{1−[ビス−(4−クロロフェニル)メチル]アゼチジン−3−イル}−N−キノール−6−イル−メチルスルホンアミドおよびこれのジクロロ水和物およびN−{1−[ビス−(4−クロロフェニル)メチル]アゼチジン−3−イル}−N−(3,5−ジフルオロフェニル)−メチルスルホンアミドなど、アゼチジン誘導体の調製のための新規な方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、その増殖が成長因子に依存しないブタ肥満細胞株に関する。本発明は、前記肥満細胞株の培養を含む、生物活性なヘパリン型分子を製造する方法にも関する。 (もっと読む)


本発明は、N−{1−[ビス(4−クロロフェニル)メチル]アゼチジン−3−イル}−N−(3,5−ジフルオロフェニル)メチルスルホンアミドを合成するための新規な方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、R1が水素、アルキル、アルケニル(場合により置換される。);R2が、アルコキシを表し、及びR3がアルキル又はアルコキシを表し;R4が、水素、ハロゲン、ジオキソラン基、−CH=O、−CH=N−OH、フェニルが場合により置換されたCH=N−フェニル基並びにシアノ、アルキル及びアルコキシ基(場合により置換される。)を表し;R5が、水素又はハロゲンを表し、これらの基が全て、場合により置換されており、前記生成物が、全ての異性体形態及びこれらの塩である、医薬としての式(I)の新規生成物に関する。

(もっと読む)


本発明は、大腸菌による発酵工程とその後の精製工程とを含むK5多糖の製造方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、ニコランジルを含む組成物、前記方法により得られる組成物及びそれらの使用に関する。本発明は、特に、ニコランジルを含む組成物を調製するための方法、前記方法により得られる組成物、直接圧縮により得られる錠剤及び医薬品としてのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、タンパク質キナーゼ阻害剤としての、Vが複素環基を表す式(I)の新規生成物に関する。

(もっと読む)


本発明は、式(I)の生成物に関する。

(もっと読む)


本発明は、式(I)の生成物に関する。

(もっと読む)


41 - 50 / 65