説明

アルザ・コーポレーシヨンにより出願された特許

31 - 40 / 113


本発明は、運搬する薬物の酸化的分解の危険性を下げるポリマー性送達ビヒクルを形成する材料および方法、および生じる組成物に関する。方法は生体適合性ポリマー調製物中の過酸化物レベルを下げると記載される。
(もっと読む)


経口浸透薬用量形態の半透膜が半透膜の合計乾燥重量を基準として約23重量%〜約50重量%の流動促進剤および約0.01重量%〜約5重量%の酸化防止剤を包含する経口浸透薬用量形態および方法が開示される。そのような組成物は棚上での貯蔵中の改良された機械的および輸送安定性を有する高流動性膜を提供する。
(もっと読む)


血管新生性の組織増殖を特徴とする疾患若しくは障害の治療方法が記述される。該方法は、(i)親水性ポリマーで誘導体化した、1〜20モルパーセントの間の小胞形成性脂質を包含する小胞形成性脂質、(ii)血管新生を促進する生物学的活性を有するターゲッティングリガンド、および(iii)前記リポソーム中に捕捉されている薬物より構成される免疫リポソーム組成物を提供すること;ならびに該免疫リポソーム組成物を被験体に投与することを包含する。 (もっと読む)


シクロベンザプリンの調整した放出を与えるに適した投薬形態物および方法を提供する。この持続放出投薬形態物を日に1回投与すると治療的に有効な定常状態の平均血漿シクロベンザプリン濃度が得られる。本発明は、実施中に起こる層の混ざり合いを改める目的で伝統的な圧縮順を逆にすることで中心層の界面形状を修飾しかつ実施中に水和した遅延層が示す粘度の方が水和した薬剤層の粘度よりも高いままであるように中心層の組成を修飾することで放出速度を向上させる方法に関する。その結果として中心部からの放出速度がより均一になることで、より最適な上昇する放出速度がもたらされかつ一定した性能がもたらされる。
(もっと読む)


本発明は一般に、生物学的に活性な作用物質を投与するための組成物および方法、そしてより詳細には注射可能な非水性懸濁液に関する。
(もっと読む)


本発明は、ビスコ−サプリメントの送達のための方法およびデポーエマルション組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は一般に、生物学的に活性な作用物質を投与するための組成物および方法、そしてより詳細には注射可能な非水性懸濁液に関する。
(もっと読む)


免疫学的有効成分の経皮の(percutaneous)経皮(transdermal)送達のための装置および方法が提供される。剤を適切な界面活性剤と混合しかつ水に溶解して、極めて小型の皮膚貫通要素を被覆するための適切な濃度を有する水性コーティング溶液を形成する。コーティング溶液は既知の被覆技術を使用して皮膚貫通要素に塗布しかつその後乾燥する。該装置を生存している動物の皮膚に適用して微小突起に角質層を貫通させかつ免疫学的有効用量の免疫学的有効成分を動物に送達させる。
(もっと読む)


少なくとも1種の薬剤を個人に治療的に有効な速度で投与するための体表面貫通薬剤送達デバイス。本デバイスには、少なくとも1種の薬剤が入っている貯留層および前記薬剤が体表面を貫通する速度に影響を与えるように前記貯留層の加熱および冷却の中の少なくとも一方を行うように調節可能な1番目の表面を有するサーモエフェクターが備わっている。
(もっと読む)


リポソーム内に捕獲されたペプチドボロン酸プロテアソーム阻害剤化合物であるボルテゾミブを有するリポソームより構成されるリポソーム組成物が記載される。ボロン酸化合物は、リポソーム−捕獲されたポリオールとの相互作用後に、リポソーム内にボロン酸エステルの形態で捕獲される。一つの態様では、リポソームは親水性重合体連鎖の外部コーティングを有しそして患者において固体腫瘍を処置するために使用される。 (もっと読む)


31 - 40 / 113