説明

ディーエスエム アイピー アセッツ ビー.ブイ.により出願された特許

101 - 110 / 873


本発明は、少なくとも20個の炭素原子を有する多価不飽和脂肪酸(LC−PUFA)と細胞を含んでなる組成物に関し、組成物は40℃で>24時間の熱誘導時間(T.I.T.)を有する。本発明はまた、組成物を40℃未満の温度で乾燥するステップを含んでなる、細胞およびLC−PUFAを含んでなる組成物を乾燥する方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、ビスマス含有化合物と、官能基を0.01〜50重量%有する官能化ポリマーとを含み、この重量百分率が官能化ポリマーおよびビスマス含有化合物の総量を基準とする、レーザーマーキング用添加剤に関する。さらに本発明は、この種のレーザーマーキング用添加剤の調製方法、この種のレーザーマーキング用添加剤を含むレーザーマーキング可能な組成物およびその調製方法、およびこのレーザーマーキング可能な組成物を含む成形品、ならびにこのレーザーマーキング可能な組成物から作製されたフィルムにも関する。 (もっと読む)


本発明は、放射線硬化性組成物に関する。本発明は、オリゴマー、少なくとも2種類の反応性希釈剤モノマーを含む反応性希釈剤モノマーブレンド、および少なくとも1種類の光開始剤を含む放射線硬化性光ファイバ一次被覆組成物を提供し、前記ブレンド中の前記モノマーのそれぞれが式(I)(式中、xは1〜6の整数であり;nは1〜5の整数であり;各Yは同じであってもまたは異なってもよく、独立して水素、C〜C12アルキル基、およびアルカリールアルコキシ化アクリレート基からなる群から選択される);および少なくとも1種類の光開始剤を有し;前記反応性希釈剤モノマーブレンドは、非アリール反応性希釈剤モノマーを実質的に含有せず;分子量約300未満のアリール反応性希釈剤モノマーが存在する場合、それは全配合物の約10重量%以下で存在する。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、少なくとも1種の生分解性ポリマーを含むコーティングであって、このポリマーが、構造式(II)



(式中、Rは、(C〜C20)アルキレン、(C〜C20)アルケニレン、−(R−CO−O−R10−O−CO−R)−、−CHR11−O−CO−R12−COOCR11−、およびこれらの組合せからなる群から独立に選択され;個々のコモノマーmまたはpにおけるRおよびRは、それぞれ、水素、(C〜C)アルキル、(C〜C)アルケニル、(C〜C)アルキニル、(C〜C10)アリール、(C)アルキル、−(CH)SH、−(CHS(CH)、−CHOH、−CH(OH)CH、−(CHNH、−(CHNHC(=NH)NH、−CHCOOH、(CH)COOH、−CH−CO−NH、−CHCH−CO−NH、−CHCHCOOH、CH−CH−CH(CH)−、式(a)、HO−p−Ph−CH−、(CHCH−CH−、Ph−NH−、NH−(CH−C−、NH−CH=N−CH=C−CH−からなる群から独立に選択され;RまたはRは、1,4:3,6−ジアンヒドロヘキシトールの二環部分からまたは(C〜C20)アルキレン、(C〜C20)アルケニレン、アルキルオキシ、Mwが44Da〜700Daまでの範囲にあるオリゴエチレングリコール、−CH−CH−(CHOH)、CHCH(OH)CHからなる群から独立に選択され、RおよびRは同一でなく、Rは、水素、(C〜C10)アリール、(C)アルキル、またはベンジル等の保護基であるか、または生物活性剤であり;Rは、独立に、(C〜C20)アルキルまたは(C〜C20)アルケニルであり;RまたはR10は、C〜C12アルキレンまたはC〜C12アルケニレンから独立に選択され;R11またはR12は、H、メチル、C〜C12アルキレン、またはC〜C12アルケニレンから独立に選択される)によって表される化学式を有する少なくとも1種のポリ(エステルアミド)(PEA)またはそのブレンドを含む、コーティングに関する。
(もっと読む)


権利請求される本発明の第1の態様は、遠距離通信ネットワークに用いられる光ファイバに塗布するための放射線硬化性スーパーコーティングを配合する方法である。放射線硬化性スーパーコーティングを配合する方法に有用な多層フィルムドローダウン方法も記載され、権利請求される。特定の放射線硬化性スーパーコーティングで被覆されたシングルモード光ファイバも記載され、権利請求される。
(もっと読む)


本発明は、濃縮野菜フレーバーであって、前記濃縮野菜フレーバーは所望の野菜フレーバーの食品を得るための濃度であり、最終濃度が食品の0.1%w/w未満になる量で前記食品に添加され、濃縮野菜フレーバーに関する。本発明はまた、前記濃縮野菜フレーバーを製造する方法と、濃縮野菜フレーバーを添加するステップを含んでなる食品を調製する方法にも関する。 (もっと読む)


【課題】生物学的物質を細胞培養からより高濃度で得ることが可能な細胞培養物、並びに、細胞培養及び生体物質生産が長期間にわたってできるような細胞培養物を提供すること。
【解決手段】本発明は、少なくとも50×10細胞/mLの生存細胞密度および少なくとも5g/Lの細胞に形質移入された少なくとも1つの遺伝子によってコードされる所望の生物学的物質の濃度を有する哺乳類細胞を含んでなる細胞培養物を提供する。 (もっと読む)


【課題】高n値の硬化体が得られるとともに、被覆除去後にもファイバ強度が高い液状硬化性樹脂組成物を提供する。
【解決手段】(A)ラジカル重合性の官能基を有さないアルコキシシラン化合物:0.1〜10質量%、(B)ヒンダードアミン化合物:0.01〜1質量%、(C)ポリオール化合物と、ポリイソシアネート化合物と、水酸基含有(メタ)アクリレート化合物と、γ−アミノプロピルトリエトキシシラン又はγ−メルカプトプロピルトリメトキシシランとを反応させて得られるウレタン(メタ)アクリレート:35〜85質量%、及び(D)(C)成分と共重合可能な反応性希釈剤:1〜60質量%を含有することを特徴とする光ファイバ被覆用液状硬化性樹脂組成物。 (もっと読む)


本発明は、シスチンを微生物に接触させるステップを含んでなる、シスチンをシステインおよび/またはグルタチオンに転換する方法を提供する。本発明はまた、少なくとも1.8mg/gのシステインを含んでなる酵母抽出物、および少なくとも1.3mg/gのシステインを含んでなる酵母自己溶解物にも関する。 (もっと読む)


二量体化脂肪酸またはその誘導体のモノマー単位を含む共重合体を含む調理用袋。食品を調理するための調理用袋の使用。a)調理に食品を充填するステップと、b)充填された調理用袋を0℃未満の温度で貯蔵するステップと、c)この食品を調理するステップとを含む、食品を貯蔵および調理するための方法。 (もっと読む)


101 - 110 / 873