説明

株式会社プライムポリマーにより出願された特許

71 - 80 / 180


【課題】本発明は、軟質ポリ塩化ビニル樹脂から製造されるフィルムやシートに代替可能であり、透明性および柔軟性に優れ、しかも耐傷付き性にも優れる、ポリオレフィン系樹脂からなるフィルムまたはシートを提供することを課題としている。
【解決手段】本発明のポリプロピレン系樹脂フィルムまたはシートは、13C−NMRスペクトルにより測定されるメソペンタッド分率(mmmm分率)が50〜90%の範囲にあるポリプロピレン系樹脂(A)に、(メタ)アクリル酸の金属塩(B)がグラフト共重合されており、(メタ)アクリル酸の金属塩(B)由来の構成単位の含有量が0.1〜5重量%の範囲である変性ポリプロピレン系樹脂を成形して得られることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】本発明は、機械物性、特に耐熱性に優れるというポリプロピレン樹脂の特性を保持し、しかも、極性基を有することにより他素材への親和性にすぐれた、高分子量の変性ポリプロピレン系樹脂、および該樹脂を簡便に製造する方法を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明の変性ポリプロピレン系樹脂の製造方法は、ポリプロピレン系樹脂(A)と、極性基を有する熱可塑性樹脂(B)とからなる樹脂成分と、(メタ)アクリル酸の金属塩(C)と、有機過酸化物(D)とを溶融混合することを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】剛性、耐熱性、耐光性に優れ、かつ耐変色性、耐樹脂劣化性を改良した自動車材料用熱可塑性樹脂組成物及び該熱可塑性樹脂組成物を用いた自動車材部品を提供する。
【解決手段】本願発明の自動車材料用熱可塑性樹脂組成物は、(i)メタロセン触媒を用
いて製造された、GPCで測定した分子量分布(Mw/Mn)が1〜4である、プロピレン系重合体(A−1)を40〜100重量%含有し、(ii)ASTM D−1238(2
30℃、2.16kg荷重)で測定したメルトフローレートが5〜70g/10分であり、(iii)前記樹脂組成物を230℃で1時間加熱して発生したガスを超純水に吸収させ
た際に検出される塩酸量が、前記樹脂組成物1g当たり20ppb以下であり、(iv)イオンクロマトグラフ法により測定した全塩素量が、前記樹脂組成物1g当たり20ppm以下であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、高分子摺動剤を含有し、柔軟性や耐傷付き性が良好で、成形性がよく、しかも高い耐熱性をも達成し得るポリオレフィン系の樹脂組成物を提供することを課題としている。また本発明は、該樹脂組成物を用いてなり、自動車内外装用部品、土木部品用、建材部品用、または家電部品用などに好適な押出しシートあるいは射出成形体を提供することを課題としている。
【解決手段】本発明の変性ポリオレフィン樹脂組成物は、軟質ポリオレフィン樹脂(a)に(メタ)アクリル酸の金属塩(b)をグラフト共重合してなり、(メタ)アクリル酸の金属塩(b)に由来する構成単位を0.1〜30重量%含有する変性ポリオレフィン樹脂(A)100重量部に対して、高分子摺動剤(B)0.01〜10重量部が配合されてなることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】フローマーク、ウェルドライン等の成形外観不良が少なく、かつ剛性と耐衝撃性が良好な、ポリプロピレン樹脂組成物からなる自動車部品を提供する。
【解決手段】メタロセン化合物含有触媒下で重合されたプロピレン系樹脂(A)とチーグラーナッタ触媒下で重合されたプロピレン系樹脂(B)からなるプロピレン系樹脂(C)40〜97重量部と、エラストマー(D)0〜40重量部、無機充填剤(E)3〜40重量部とを含有してなり下記(i)〜(iii)を満たすことを特徴とするプロピレン系樹脂組成物からなる自動車部品。(i)DSCで測定したプロピレン系樹脂由来の融点(Tm)が157℃以上である。(ii)室温n-デカンに不溶な部分の重量平均分子量(Mw)と数平均分子量(Mn)の比Mw/Mnが2.5〜4.0である。(iii)メルトフローレートが10〜200g/10分の範囲にある。 (もっと読む)


【課題】ホットランナー構造を有する射出成形型において、成形生産開始当初の1ショット目の成形不良を良品にするための射出成形方法および射出成形型を提供する。
【解決手段】射出成形型において、固定型1のホットランナーの樹脂流入口6に逆流防止弁7を設け、ホットランナーの樹脂流出口8にバルブゲート9又は逆流防止弁を設け、射出成形生産の終了で樹脂押出機を射出成形型より分離させる前に、固定型1のホットランナー樹脂流入口6をすべて閉じた後、樹脂流入口6のすべてを逆流防止弁7により閉じ、樹脂押出機によりホットランナー内の樹脂圧力を40Mpa〜80Mpaに保圧し、樹脂押出機を射出成形型より分離し射出成形型を冷却することによりホットランナー内を減圧し、ホットランナー内に残存する仕掛かり樹脂の体積収縮を縮小し、ホットランナー内に発生するスキマを少なくするようにした。 (もっと読む)


【課題】穴あけ加工を行わずとも延伸加工によって適度な気体透過性および良好な機械物性を併せ持つ鮮度保持フィルムおよびそれから得られる食品包装容器を提供すること。
【解決手段】鮮度保持フィルムは、密度が910kg/m3以上940kg/m3以下、MFRが0.1〜10g/10分の線状低密度ポリエチレンからなる層(I)と、密度が880kg/m3以上910kg/m3未満、MFRが0.1〜10g/10分の線状低密度ポリエチレンからなる層(II)を少なくとも有する、積層延伸フィルムからなる。この鮮度保持フィルムは層(I)と層(II)の厚み比が50/50〜95/5であることが好ましく、層(I)と層(II)を積層後に延伸倍率3〜10倍に延伸して得られることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】本発明は、高温時の収縮性・常温時の寸法安定性・低温時の耐衝撃性に優れたシュリンクラベルを提供することを課題とする。
【解決手段】メルトフローレートが、0.1〜100g/10分の範囲にあり、融点が、100〜155℃の範囲にあり、ある特定の要件を満たす室温n−デカンに不溶な部分(Dinsol)90〜60重量%とある特定の要件を満たす室温n−デカンに可溶な部分(Dsol)10〜40重量%とから構成されるプロピレン系ランダムブロック共重合体(A)からなることを特徴とするシュリンクラベル。 (もっと読む)


【課題】本発明は、耐衝撃性、特に低温耐衝撃性に優れるとともに、透明性、表面光沢性にも優れたブロー成形体を提供することを目的としている。
【解決手段】本発明のブロー成形体は、メタロセン系触媒で重合され、メルトフローレートが0.1〜100g/10min、融点が100〜155℃の範囲にあり、室温n-デカンに不溶な部分(Dinsol)95〜60重量%と室温n-デカンに可溶な部分(Dsol)5〜40重量%とから構成され、前記DinsolおよびDsolが特定要件を満たすプロピレン系ランダムブロック共重合体(A)からなることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】柔軟性、耐熱性に優れたポリプロピレン系軟質発泡体が得られる軟質発泡体用プロピレン系樹脂組成物を提供すること。
【解決手段】本発明の軟質発泡体用プロピレン系樹脂組成物は、メタロセン触媒の存在下で重合され、かつ、メルトフローレートが0.1〜10g/10min、融点が100〜155℃の範囲にあるプロピレン系ランダムブロック共重合体であって、室温n-デカンに不溶な部分(Dinsol)90〜30重量%と室温n-デカンに可溶な部分(Dsol)10〜70重量%とから構成されるプロピレン系ランダムブロック共重合体(A)50〜90重量部と、メルトテンションが4〜30gの範囲にある改質ポリプロピレン(B)50〜10重量部とを含む。 (もっと読む)


71 - 80 / 180