説明

ヤンセン バイオテツク,インコーポレーテツドにより出願された特許

31 - 40 / 77


TOLL様受容体3(TLR3)抗体アンタゴニスト、TLR3抗体アンタゴニスト又はそのフラグメントをコードしたポリヌクレオチド、並びに上記を製造及び使用する方法を開示する。 (もっと読む)


タンパク質スカフォールドをコードする単離核酸、ベクター、宿主細胞、並びにその製造法及び使用法を含む、フィブロネクチン3型(FN3)タンパク質、例えば、ヒトフィブロネクチン(ヒトテネイシン)の10番目のFN3繰り返し体の共通配列に基づくタンパク質スカフォールドは、診断用及び/若しくは治療用組成物、方法及びデバイスの用途がある。具体的には、IgGに結合するタンパク質スカフォールド分子は、診断及び/又は治療用途に有用であるものとして特定されている。
(もっと読む)


本発明は、多能性幹細胞の分化を促進する方法を提供する。具体的には本発明は、膵内分泌系に関連付けられるマーカーの発現量を、アクチビンA、アクチビンB、アクチビンC、GDF_8、GDF_11、又はGDF_15などのTEF_β受容体拮抗剤を用いて増加させる方法を提供する。
(もっと読む)


被験者における潰瘍性大腸炎などのTNF媒介性関連疾患用の標的療法の適合性及び/又は有効性を評価するための方法及びキットであって、潰瘍性大腸炎などの炎症性胃腸疾患の抗TNF応答者によって上方又は下方調節される2つ以上の遺伝子の存在、不在、及び/又は発現の規模を評価する、方法及びキット。 (もっと読む)


抗体をヒト化及び親和性成熟する方法を開示する。 (もっと読む)


Toll様受容体3(TLR3)の移動に干渉する剤、及び上記のものを製造し、使用する方法を開示する。
(もっと読む)


パピオ シノセファラス(Papio cynocephalus)Toll様受容体3(ヒヒTLR3)をコードする単離ポリヌクレオチド、これらのポリヌクレオチドの発現から入手可能なポリペプチド、組み換え細胞及び使用方法が開示される。 (もっと読む)


本発明は、腫瘍細胞による神経芽細胞からのMMPの刺激、VEGFの放出、及び血管新生の促進などの、悪性疾患に関連したCD 147の生物活性を遮断することができる、ヒトCD 147に免疫特異的な抗体を提供する。本発明の抗体は、悪性疾患、並びに目、肺、及び心血管系の疾病などの、CD 147活性が発症に役割を果たす疾病の処置に有用である。
(もっと読む)


被験者において潰瘍性大腸炎などの胃腸関連疾患に対する標的治療の適合性を評価するための方法は、試料中の20個又は5個のメンバー遺伝子パネルの1つ以上の遺伝子の発現の存在、欠如、及び/又は規模を評価する。本方法は、患者に対してかかる治療を開始する前に、標的となる治療法の有効性の同定を可能にする。
(もっと読む)


本発明は、他の中で、胃内容物排出後に小腸に入る栄養素に対する自然のホルモン反応を強化し、これにより肥満又は糖尿病患者に治療的価値をもたらす、部位特異的な方法を提供する。1つの態様において、本発明は被験者において満腹ホルモンの放出を刺激する方法を提供する。これには、栄養素刺激で組織のL細胞を収縮させるのと同時に、被験者の胃腸系の管腔組織に第一電気刺激を印加することが含まれる。別の態様において、本発明は、体重減少手術に対する患者反応を予測するための方法を提供する。これには、栄養素刺激で組織のL細胞を収縮させるのと同時に、該患者の胃腸系の組織に第一電気刺激を印加することと、該患者における電気刺激の影響を評価することと、該影響を、体重減少手術に対する該患者の反応と相互に関連づけることと、が含まれる。
(もっと読む)


31 - 40 / 77