説明

ツリュツラー ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング ウント コンパニー コマンディトゲゼルシャフトにより出願された特許

71 - 80 / 85


【課題】繊維スライバ・パッケージの放出を簡素に行う。
【解決手段】紡機において繊維スライバを投入載置する装置であって、繊維スライバを吐出する吐出デバイスと、繊維スライバを受容してケンス無し繊維スライバ・パッケージの形態で収集する概ね平坦な受容支持表面とが在り、受容支持表面は概ね非囲繞であり、受容支持表面および吐出デバイスは互いに変位可能であり、受容支持表面は水平に往復移動可能であり、且つ、収集された繊維スライバを投入載置領域からケンス無し繊維スライバ・パッケージの形態で外方へと変位させるデバイスが在るという装置が提供される。ケンス無し繊維スライバ・パッケージの放出を容易にするために、繊維スライバ・パッケージは受容支持表面と一体的に機械から放出可能であり、繊維スライバ・パッケージは受容支持表面から取外し可能であり、且つ、受容支持表面が機械内へと戻り変位可能である。 (もっと読む)


【課題】ケンス無し繊維スライバ・パッケージの放出を簡素な様式で行う。
【解決手段】紡機において繊維スライバを投入載置する装置であって、繊維スライバを吐出する吐出デバイス(巻取器プレート)と、繊維スライバを受容してケンス無し繊維スライバ・パッケージの形態で収集する概ね平坦な受容支持表面とが在り、受容支持表面は概ね非囲繞であり、受容支持表面および吐出デバイスは相互に対して変位可能であり、受容支持表面は水平に往復移動可能であり、且つ、収集された繊維スライバを投入載置領域からケンス無し繊維スライバ・パッケージの形態で外方へと変位させる(放出する)デバイスが在るという装置が提供される。ケンス無し繊維スライバ・パッケージの放出を容易にすべく、少なくともひとつの繊維スライバ・パッケージを受容するために、該少なくともひとつの繊維スライバ・パッケージが安定的に位置決め可能であるという格納デバイスが配備される。 (もっと読む)


【課題】スライバの物理的一体性を維持する一方、輸送がスライバ用ケンス内で行われることを必要とせずに、圧縮状態における効率的輸送を許容すべくスライバを梱包するシステムおよび方法を提供する。
【解決手段】たとえば綿、合成繊維または合成繊維配合物の繊維スライバを梱包するシステムおよび方法においては、スライバの積層物が投入載置され、投入載置されたスライバは頂部部材と底部部材との間で圧縮され、且つ、上記繊維積層物は上記頂部部材および底部部材と共にストラップ掛けされることで、ストラップ掛けされた繊維梱包物が形成される。 (もっと読む)


【課題】構成が簡素であって個々のスライバを更に良好にかつ更に正確に検出する装置を提供する。
【解決手段】紡機の牽伸システムに送給された複数本のスライバにおけるパラメータを検出する装置であって、特にスライバの移動および/または存在を検出し、上記パラメータは各スライバにおいて別個に測定可能であり、各スライバはスライバ用ケンスから夫々の被動送給ローラ上へと引出されると共に上記牽伸システムに送給されて触覚要素により機械的に検知され、該触覚要素の偏向は電気信号へと変換可能であると共に該触覚要素は自身に関係付けられたセンサ要素を有するという装置が提供される。構造的に簡素な様式で個々のスライバを更に良好にかつ更に正確に検出することを許容すべく、各触覚要素の位置を検出するために電気的評価ユニットに接続された非接触式距離センサ(距離測定センサ)が配備される。 (もっと読む)


【課題】構造的に簡素な様式で改善された正確な測定を行う。
【解決手段】たとえばフラット・カード、ローラ・カード、練篠フレーム、精梳綿機などの紡績用前処理機において、たとえば綿、合成繊維などの少なくとも一本の繊維スライバ、繊維ウェブなどの繊維材料の質量および/または質量変動を確認する装置であって、繊維材料は触覚要素により機械的に走査され、該触覚要素の偏位は電気信号へと変換されるという装置において、上記触覚要素の位置を検出する非接触式距離センサ(近接センサ)が配備される。構造および設置に対して簡素な様式にて、改善されて更に正確な繊維束の測定を促進するために上記距離センサは、光学的または音響的な距離を測定するセンサであって電子的評価デバイスに接続されたセンサである。 (もっと読む)


【課題】ピストン・ロッドを備えたピストンの位置を決定する装置を更に改良する。
【解決手段】紡機の牽伸システムにおいて牽伸システム・ローラを加重するために、圧力媒体により作用されると共にシリンダ・ハウジングの内側で軸心方向移動可能となるべく配置されたピストンであって該ピストンからはピストン・ロッドが延在するというピストンを備えた少なくとも一個の圧力媒体シリンダを有する装置であって、上記ピストン・ロッドは上記シリンダ・ハウジングの端部境界を形成する少なくとも一個のシリンダ・カバーを貫通するという装置において、上記ピストン・ロッドを備えた上記ピストンの位置を決定するセンサ機構が配備される。上記装置を更に改良すべく、上記ピストン・ロッドを備えた上記ピストンの位置を決定するために、対向要素の表面に対する距離を距離センサが走査し、且つ、該距離センサは電気的評価デバイスに接続される。 (もっと読む)


【課題】繊維の積み重なりの規模を検出かつ監視する。
【解決手段】たとえばフラット・カード、ローラ・カード、練篠フレームなどの、繊維材料を吐出する少なくとも一個の回転ローラを有する紡績用前処理機にて繊維材料を監視する装置において、繊維材料の不都合な蓄積(積み重なり)を検出して電気信号を発する監視機構が存在する。構造的に簡素な様式で材料の不都合な蓄積の即時検出を許容するために、上記監視機構は、繊維材料の不都合な蓄積を検出し得る非接触センサ機構(センサ)を備えて成る。 (もっと読む)


【課題】スライバの破断を確実に監視する。
【解決手段】たとえばフラット・カード、練篠フレームなどの、少なくとも一本のスライバが通過するローラ・ニップを形成する2個の回転ローラを有する紡績用前処理機にて少なくとも一本のスライバを監視する装置において、上記スライバの存在を監視する光学的監視機構(センサ)が上記各ローラの近傍に配備される。構造的に簡素な様式で信頼性高く且つ故障無しでスライバ破断を監視できるようにするために、上記センサ機構は、各ローラの周面に対する夫々の共有接線であって上記スライバの進行方向に対して概ね直交して配置された夫々の共有接線の間の領域内に配置され、且つ、上記センサの光路は上記各ローラの夫々の回転軸に対して平行に延在する。 (もっと読む)


【課題】連結用増幅器および連結バスを介することなしにデータ交換を行う。
【解決手段】紡績機械においてローラ上へと引張り装着された特に鋸歯状の全鋼製針布などの繊維処理用針布を特に研削および/または研磨するなどの処理を行う装置において、該装置は軌道に沿い移動可能である処理機構を有し、上記紡績機械は、上記処理機構の回転速度を制御するために使用される駆動制御器と協働する電子制御/調整デバイスを有する。設備に関して簡素な手段を用いて上記処理機構の又は該機構に対する全ての機能を制御および/または調整するために、上記処理機構の又は該機構に対する制御および/または調整は上記紡績機械の上記制御/調整デバイスに統合され、上記処理機構の又は該機構に対する特にアクチュエータなどの機能要素、および、上記紡績機械の上記制御/調整デバイスは、単方向的におよび/または双方向的に信号を交換し得る。 (もっと読む)


【課題】簡素な構成を有しかつ容易な製造および組立てを許容するコイラ・プレートを提供する。
【解決手段】特に練篠フレームおよびカード機のスライバ巻取りデバイス用のコイラ・プレートであって、スライバに対する取入口と吐出口とを備えたスライバ・チャネルを有すると共に回転プレートを有するコイラ・プレートにおいて、上記回転プレートの下側面上には貫通開口を有するカバーが存在する。簡素な様式によりコイラ・プレートを作成するために、上記カバーに対しては、貫通開口を有する接続片が変形により形成される。 (もっと読む)


71 - 80 / 85