説明

ザ ジェネラル ホスピタル コーポレイションにより出願された特許

81 - 90 / 177


【課題】本発明の一つの目的は、皮膚科的異状の改善のための安全で効果的な処置と、副作用を最小にすることとを組み合わせる装置及び方法を提供することである。本発明の他の目的は、皮膚の目標領域の小部分のみへの熱的皮膚損傷を起こす装置及び方法を提供することである。
【解決手段】電磁放射を使用して皮膚の目標領域の部分的な表面再形成を実行するためのシステムと方法を提供する。電磁放射は電磁放射源によって発生する。電磁放射は皮膚の目標領域の特定の部分に適用されることになる。電磁放射は、マスクにより、皮膚の目標領域の他の部分に影響することを妨げることができる。また、電磁放射は、特定の部分を除いて、皮膚の目標領域の部分に適用される。 (もっと読む)


【課題】癌に冒されているヒト患者における上皮細胞成長因子受容体(EGFR)ターゲティング治療の有効性の可能性を決定するための新規方法及び治療法の提供。
【解決手段】上皮細胞成長因子受容体(EGFR)治療に対する癌の応答を決定するための方法に向けられる。好ましい態様において、erbB 1遺伝子のキナーゼドメインにおける少なくとも1つの相違の存在は、チロシンキナーゼ阻害剤ゲフィチニブに対する感受性を与える。したがって、これらの突然変異の診断検査法により、最も薬物に応答しそうな患者に対して、ゲフィチニブ、エルロチニブ、およびその他のチロシンキナーゼ阻害剤を投与することができる。 (もっと読む)


本発明は、部分的に、腎不全対象(例えば透析を受けている慢性腎不全対象)を診断、モニタリングおよび処置するための、ゲルソリンの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも部分的に、ある組織を、例えばレーザーなどから致死量以下の線量で照射すると、該組織中の色素性細胞が選択的に刺激されて増殖し、血小板由来成長因子 (PDGF)などの特定の有糸分裂促進性因子及び成長因子を高レベル、産生するという発見に基づく。具体的には、パワー、パルス持続時間、総照射エネルギー(「フルエンス」)、波長、そして複数回のパルスを用いる場合にはパルス率及び総パルス数など、パルス・レーザー光線の多様なパラメーターを慎重に選択及び制御することで、照射された色素性細胞の致死を抑える。
(もっと読む)


【課題】病変の形成の治療または阻害のための、腸三葉型因子および腸三葉型因子をコードする核酸の提供。
【解決手段】腸三葉型因子(ITF)は、消化管の破壊に抵抗性であり、消化性潰瘍疾患、炎症性腸疾患、およびその他の傷害の治療に使用することができる医薬組成物。ポリペプチドが、マーカーをさらに含む三葉型ポリペプチド。検出可能な標識を施された三葉型ポリペプチドに組織を接触させる段階と、該組織に結合した検出可能な標識を施された三葉型ポリペプチドのレベルを測定する段階とを含むITFレセプターを検出する方法。 (もっと読む)


光学的放射線の形態にある電磁エネルギーを用いた、様々な皮膚科学的病態および生物学的病態を治療するための、システムおよび装置の例示的実施形態を提供することができる。例えば、外部のエネルギー源を必要とせずに高強度パルスのエネルギーを発生させるために用いることができる、微細な金属フィラメントの燃焼等の化学反応によって、エネルギーを提供することができる。特定の特性を有する放射線パルスを提供するために、流束量、ピーク強度、および放射波長分布を含む、反応性材料および筐体の様々なパラメーターを選択および/または適用することができる。放射線の特性をさらに修正するために、様々なフィルターを設けてよい。皮膚等の組織に放射し、色素性病変または静脈の病変の外観の改善を含む様々な治療効果または恩恵効果を得るために、このような放射線パルスを用いることができる。 (もっと読む)


【課題】サンプルの少なくとも一部分の画像を生成する構成を実現する。
【解決手段】少なくとも1つの電磁放射を伝播するようにする構成は、解剖学的構造に挿入されるプローブシースと、プローブシース内に設置される干渉計、および、プローブシース内に少なくとも部分的に設置され、サンプルからは少なくとも1つの電磁放射の第1の部分を、基準からは少なくとも1つの電磁放射の第2の部分を受信するセクションのうちの少なくとも1つを含む少なくとも1つの装置と、を備え、第1の部分および第2の部分は実質的に同じ経路を進む。 (もっと読む)


RhoE GTPアーゼ経路が、短期及び長期のUVBによって引き起こされる皮膚損傷の予防及び/又は軽減、例えばUVBによって引き起こされるシワの予防及び/又は軽減、のためのスクリーニング方法及び治療方法のための標的と確認された。よって、本発明は、UVBによって引き起こされる皮膚損傷の予防又は軽減のためのスクリーニング方法及び治療方法、並びに関連組成物、例えば化粧品組成物を特徴とする。
(もっと読む)


本発明は、αvβ3インテグリン阻害剤を投与することによって蛋白尿症を治療する方法に関する。 (もっと読む)


【課題】標的化部分(T.M.)、核酸(N.A.)、およびペイロード(payload)を含む核酸構築物を提供すること。
【解決手段】本発明は、標的化構築物を提供し、この構築物は、標的化部分、核酸およびペイロードを含む。このペイロードは、検出可能な標識または治療剤であり得る。この核酸は、標的細胞中に存在するRNAに相補的なアンチセンス分子であり得る。この標的化構築物は、標的細胞に、インビボまたはインビトロでこのペイロードを導入するために使用され得る。従って、本発明は、診断目的および治療目的のために使用され得る。標的化オリゴヌクレオチド構築物であって、該構築物は、生物中のある部位に局在化する標的化部分;目的の核酸に相補的な核酸;および検出可能な標識、を含む。 (もっと読む)


81 - 90 / 177