Array ( [0] => 航行(Navigation) [1] => 通信技術の利用 [2] => 形態 [3] => センター端末間通信 ) 通信技術の利用 | 形態 | センター端末間通信
説明

Fターム[2F129FF20]の内容

航行(Navigation) (246,646) | 通信技術の利用 (43,197) | 形態 (7,382) | センター端末間通信 (4,597)

Fターム[2F129FF20]に分類される特許

61 - 80 / 4,597



【課題】センターから受信したリプログデータを対象機器に書込んで当該対象機器のソフトウェアを更新する場合に、想定される不具合の発生を未然に回避する。
【解決手段】車載通信機1は、IGスイッチがオフであり、車両の駆動機構が動作中でない期間にリプログデータをECUに書込んで当該ECUのソフトウェアを更新する。又、リプログデータをECUに書込中の期間に車両の現在位置を示す位置データをセンター9へ送信する。更に、リプログデータをECUに書込むのに要する消費電力を算出し、バッテリ15の残量であるバッテリ残量を取得し、バッテリ残量から消費電力を差引いた値が規定値を超えていることを条件として、リプログデータをECUに書込む。 (もっと読む)










【課題】運転者への操作負担の軽減及び閲覧の効率を向上させることができる情報出力システム、情報出力規制装置、情報出力規制方法及びコンピュータプログラムを提供する。
【解決手段】構造化文書を読込み(S101)、読込んだ構造化文書に記述されたリンク情報が示すリンク先に格納されている閲覧データを読込み(S105)、読込んだ閲覧データが走行中の車両内で閲覧可能な属性を有するか否かを判定し(S106)、閲覧データが走行中の車両内で閲覧可能な属性を有していないと判定した場合(S106でNO)、閲覧データに基づく情報を出力させないための規制情報を閲覧データに付加するようにしてある(S107)。 (もっと読む)











61 - 80 / 4,597