Fターム[4B063QR31]の内容

酵素、微生物を含む測定、試験 (178,766) | 試薬 (61,469) | 試薬としての核酸(←オリゴマー(3以上)) (12,299)

Fターム[4B063QR31]の下位に属するFターム

Fターム[4B063QR31]に分類される特許

1 - 20 / 39



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281

本発明は、概して、所定の標的配列のホットスタートプライマーおよび非ホットスタートプライマーの混合物を含むPCR反応混合物、たとえば多重PCR反応混合物;1以上の標的ポリヌクレオチド配列の検出のためにこれを利用する方法;およびこれを含むキットに関する。 (もっと読む)


検体レベル、疾患、または他の生理学的変化を高速で容易に監視するデバイスが提供される。いくつかの場合において、デバイスは、検出部位に、通例は皮膚表面または粘膜内に配置して読み取ることができる粒子などを含み得る。一実施形態において、粒子は異方性粒子を含み得る。通例、デバイスは、視覚比色(colorimetic)シグナルを提供するであろうが、香り、味(たとえば食品として許容されるフレーバーの放出)、または触覚(たとえば形状変化)などの他のシグナルも可能である。デバイスは、好ましくは単回使用の使い捨てデバイスであるが、一部は、ある期間にわたって複数の読み取り値を提供できることもある。これらのデバイスは、いかなる患者も使用することができ、小児および高齢患者にとっても、軍隊、および医療保険未加入者にとっても特に有用であり得る。
(もっと読む)


晩発性うつ病を罹患した被験体の脳では、核酸が差別的に発現されることが実証された。本発明は、晩発性うつ病の判定において有用な方法を提供する。本発明はまた、晩発性うつ病の治療、予防又は診断用の化合物を同定するためのスクリーニング方法も提供する。 (もっと読む)


【課題】一本鎖核酸の迅速、簡便かつ高精度な検出方法およびそれに用いられる新規人工核酸を提供すること。
【解決手段】式(I)


(式中、RおよびRは、同一または異なって、水素原子、−P(R)R[式中、RおよびRは、同一または異なって、置換されていてもよいアミノ基等を示す。]で表される基等、Rは、水素原子、置換されていてもよいリン酸基等、RおよびRは、同一または異なって、水素原子等、Bは、置換されていてもよいプリン−9−イルまたは2−オキソ−1,2−ジヒドロピリミジン−1−イル基を示す。)で表される化合物またはその塩、該化合物を単位構造として含むオリゴヌクレオチド、および該オリゴヌクレオチドを用いた標的核酸の検出方法。 (もっと読む)


【課題】核内に存在するncRNAを破壊することにより、該RNA分子の機能解析を行う方法を提供する。
【解決手段】標的ncRNAの二次構造における一本鎖領域に相補的な配列と実質的に同一の配列を含むアンチセンスオリゴ分子を細胞核内に導入して、該RNA分子を破壊することを含む、標的ncRNAの機能解析方法。 (もっと読む)


本発明の教示は、核酸増幅のための方法、組成物およびキットを提供する。本発明の教示のいくつかの実施形態において、増幅反応が少なくとも1つの高安定性プライマーとともに行われる。いくつかの実施形態において、本発明の教示は、標的核酸配列およびPCR阻害剤を含むサンプルにおける核酸配列を増幅するための高安定性プライマーを含む方法を提供する。いくつかの態様において、ヒト法医学サンプルにおける標的核酸配列を増幅するための方法が提供される。この方法は、標的核酸配列を含むヒト法医学サンプルを提供する工程、少なくとも1つの高安定性核酸アナログを含む少なくとも1つの高安定性プライマーを標的核酸配列と合わせる工程、および、増幅反応をサンプルに対して行うことによって、標的核酸配列を高安定性プライマーにより増幅する工程を含む。
(もっと読む)


【課題】新規な検出用核酸鎖を提供すること。
【解決手段】アプタマーとして機能する塩基配列Aを有する第1核酸鎖と、該塩基配列Aに相補的な塩基配列Bを有する第2核酸鎖と、を少なくとも備えており、塩基配列Aに所定の物質が結合又は相互作用することによって、前記塩基配列A、B部分の相補鎖が一本鎖へ解離するように調整された検出用核酸鎖を提供する。該検出用核酸鎖を用いた物質間の結合又は相互作用検出方法は、アプタマーの機能解析方法、及びアプタマーに結合後の所定物質の機能解析方法、物質のスクリーニング方法等へ応用することができる。 (もっと読む)


【課題】化学的または微生物的個体単位についてその捕捉、認識、検出、同定または定量化に使用する核酸類縁体の提供。
【解決手段】(a)主鎖に沿ったそれぞれ空間を置いた異なる位置において複数のリガンドを有するポリアミド主鎖から構成されるPNAにおいて、前記リガンドは各々前記主鎖の窒素原子に直接または間接に結合され、かつ前記リガンドが4つから8つまでの介在する原子によって前記主鎖のなかで相互に分離された窒素原子を有するものである、PNA、(b)相補的配列の核酸とハイブリッド形成して、公知のデオキシリボヌクレオチドと前記核酸との間で形成されたハイブリッドよりも熱による変性に対する安定性がより高いハイブリッドを形成する能力を有する核酸類縁体;または(c)一本鎖が前記類縁体に相補的である配列を有する二重鎖核酸とハイブリッド形成し一本鎖からもう一方の鎖を置換せしめる能力を有する核酸類縁体。 (もっと読む)


本発明は、試料中のタンパク質を実質的に完全に消化するための少なくとも1種の配列特異的プロテアーゼを用いて、PrPScの存在を検出するアッセイ法であって、PrPSc、PrP双方におけるオクタリピート領域を無傷で残し、PrPScのプロテアーゼ耐性コアを無傷で、オクタリピート領域に結合したままに残す一方、PrPSc中のプロテアーゼ耐性コアに対応するPrP中のアミノ酸配列の少なくとも一部を消化・除去するアッセイ法に関する。
(もっと読む)


【課題】生体分子検出素子の検出精度及び再現性を向上させる。
【解決手段】単一プローブ分子を基板表面の格子点位置に規則的に配列固定する。そのために、(1)生体分子検出用プローブ分子107を規則的な配列で孤立固定し、(2)生体分子検出用プローブ分子以外の領域に非特異吸着防止用のブロッキングを施し、(3)金属微粒子106を用いて蛍光増強させる。 (もっと読む)


【課題】検査試料中の核酸濃度を所定の核酸濃度を閾値として所定の濃度より高いか低いかを正確に判定可能にすること。
【解決手段】核酸を含む検査試料の吸光度を測定することにより所定の濃度を閾値として、検査試料の核酸濃度が所定の濃度より高いか低いかを判定するにあたり、検査試料の波長260nmにおける吸光度が所定の濃度を波長260nmに換算した値より高く、かつ波長220nm以上260nm未満の全ての吸光度が検査試料の波長260nmの吸光度より高い場合に、検査試料の核酸濃度が所定の濃度より低いと判定する方法。 (もっと読む)


本発明は、少なくともナノモル感度を有する、単一ペプチドコンジュゲートナノクレセント表面増強ラマン散乱(SERS)プローブを使用する、プロテアーゼのin vitro検出に関する。このプローブは、非常に小さな体積および低濃度でのタンパク質分解活性の検出を可能にする。特定の実施形態では、プローブは活性プロテアーゼを検出するためのインジケーターを含み、このインジケーターはペプチドと結合したナノクレセントを含み、前記ペプチドはプロテアーゼ認識部位およびペプチドと結合したラマンタグを含む。
(もっと読む)


【課題】患者に対してインターフェロン療法が有効であるか否かを治療前に予測するための手段を提供すること。
【解決手段】遺伝子検出用担体、個体に対するインターフェロン療法の有効性の検出方法、遺伝子検出用装置、及びインターフェロン療法の有効性を検出するためのキットを提供する。 (もっと読む)


【課題】診断上または臨床上のモニター目的のためのアンチセンス治療薬および核酸ハイブリダイゼーションアッセイにおいて有用なカチオン性ヌクレオシド間結合を有するオリゴヌクレオチドを提供すること。
【解決手段】以下の構造(I):


を有する少なくとも1つのカチオン性ヌクレオシド間結合を有するオリゴヌクレオチドであって、ここで、W、XおよびY、Z、R、RおよびRは、本明細書中に規定されるとおりであり、Pは2つの異なる立体異性体的配置で存在し得る不斉的なリン原子を表し、そして、さらに結合は立体的に均一である、オリゴヌクレオチド。 (もっと読む)


本発明は、病原性細胞、特に癌細胞への毒性物質の送達に関する。一部の態様において、毒性物質は、細胞に対して毒性があるヒトリボヌクレアーゼまたは類似物質である。 (もっと読む)


【課題】診断薬の分野において従来技術による解決し得ない問題を解決するために、例えば一つまたはそれ以上の化学的または微生物学的個体単位についてその捕捉、認識、検出、同定または定量化などを行うために幾つかの核酸類縁体を提供すること。
【解決手段】相補的配列の従来公知の核酸とハイブリッドを形成し、而もそのハイブリッドのTm値における安定性を相当する配列を持つ従来公知の核酸が形成するハイブリッドよりも高くするような特性および/または相当する配列を持つ前記従来公知の相当する核酸よりも不適合の程度に関与する配列と比較した相補的配列に対する選択性をより大きくする特性といった、従来知られていない特性を有する新規な構造の核酸類縁体及びを診断薬または分析にかかる核酸類縁体を使用する方法。 (もっと読む)


生物学的試料の自動保存、自動追跡、自動取り出し、および自動分析のための組成物および方法が開示される。この方法は、生物学的に活性な物質の回収を可能にする乾燥保存マトリックスを使用した、核酸、タンパク質(酵素を含む)および細胞の、周囲温度での乾燥保存を包含する。RFIDタグの付いた生物学的試料保存デバイスは、溶解可能もしくは解離可能なマトリックスであるという特徴を有し、生物学的試料の支持体としての用途のために説明される。このマトリックスは、乾燥され得、その後、試料回収のために再水和され得る。試料データを管理するためのコンピュータで実行するシステムおよび方法もまた、開示される。

(もっと読む)


1 - 20 / 39