説明

Fターム[5B068BE06]の内容

位置入力装置 (34,752) | 周辺回路 (3,082) | 検出系 (1,970)

Fターム[5B068BE06]の下位に属するFターム

Fターム[5B068BE06]に分類される特許

1 - 20 / 1,531





【課題】所定の入力装置から出力される入力データを適切に処理すること。
【解決手段】情報処理装置は、タッチパネルを通じて入力される入力座標に基づいて、遊び座標および追従座標をリアルタイムに更新することによって、タッチパネルを通じて入力される入力座標の途切れを補正する。より具体的には、タッチパネルからの入力座標が途切れたとしても、追従座標が移動している間は、情報処理装置は、操作者が入力操作を継続しているとみなして座標の補完を行う。 (もっと読む)


【課題】入力装置に対する入力操作中において、入力装置の使用環境温度の変化等に伴う静電容量値の変異と酷似した別の状況が生じる場合においても、電子機器の入力装置の誤入力を防止する
【解決手段】制御回路部2において、タッチセンサ7による入力操作の検知と、入力情報の有効・無効の判定とに用いる判定基準情報を、更新可能に保持している。制御回路部2は、所定時間が満了するまでの期間に、検知情報に係る入力値が第1の入力値を下回る一定の範囲で所定変化量ΔSIを超えて変化する場合には、その変化の原因が入力装置の使用環境温度の変化等に伴う静電容量値の変異ではないとして、判定基準情報を、その時点で保持している判定基準情報にて維持するものえある。従って、制御回路部2は、随時、入力操作が行われているか否かの判定に最適な判定基準情報を、保持した状態となる。 (もっと読む)


【課題】表示装置の背面側に設けられたタッチセンサへの操作入力の負荷を軽減し、簡易な入力操作を可能とする。
【解決手段】ゲーム装置100は、仮想空間内のオブジェクトを表示する表示装置220と、表示装置220の背面側に設けられたタッチセンサ280と、オブジェクトに関連してプレイヤが指定した表示装置220上の指定位置をタッチセンサ280上に予め定められた基準位置とプレイヤがタッチセンサ280にポインティングしたポインティング位置との間の相対的な位置関係に基づいて求める指定位置算出手段2111と、指定位置の指定を契機として予め定められたゲーム処理を実行するゲーム処理手段2112とを備える。 (もっと読む)


【課題】ユーザに明示的な個人識別の手続きを要求することなくユーザを識別する。
【解決手段】入力面に接触したユーザの手の側面の特徴量5を抽出する抽出部15と、特徴量5bとユーザ情報1とが予め対応付けられて記憶装置30に格納されており、特徴量5aと特徴量5bとが一致するか否かを判定する照合部16と、特徴量5が一致すると判定された場合は、一致した特徴量5bに対応付けられたユーザ情報1を取得する処理部17とを備えた。 (もっと読む)


【課題】手書き入力中に、少ない遅延で、手書きの内容を認識可能に表示する入力表示装置を提供する。
【解決手段】手書き入力を受けるタッチパネル部17と、表示内容を部分的に書き換え可能な粒子移動型の画像表示部18と、タッチパネル部17から入力された各ストロークの画像表示部18への表示動作を制御する制御部11とを備え、制御部11は、タッチパネル部17から入力中のストロークは、通常表示に比べて表示の遅延が短縮される簡略表示で暫定的に表示し、その後、通常表示に戻す。たとえば、簡易表示では、間引き表示する、電圧印加時間の短い低濃度で表示する、太線を細線に変えて表示するなどを行う。 (もっと読む)


【課題】RFIDアンテナとの位置関係およびそれによるRFID通信への影響を配慮することなく自由に組み付けることが可能な静電誘導式タッチシートおよびこの静電誘導式タッチシートを備えたRFID装置を提供する。
【解決手段】接地したループ回路11がセンサ電極10を囲うように形成された静電誘導式タッチシート5において、ループ回路11に、RFID通信用磁場を抑制する遮蔽電流が流れることを防止するフィルタとして抵抗素子16を設ける。この抵抗素子16によりループ回路11の遮蔽電流の発生が抑制されるため、静電誘導式タッチシート5を、RFIDアンテナ4との位置関係およびそれによるRFID通信への影響を配慮することなく自由に組み付けることができる。 (もっと読む)


【課題】簡単な構造で、操作面を目視することなく操作者の意思に沿った操作を的確且つ迅速に行うことができるタッチ式センサを提供すること。
【解決手段】電極A,Bが接触されたことを検知して電極A,B毎に検知信号を出力する検知手段と、検知信号に応じてどの電極が接触されているかを判定する接触判定手段6aを備えたタッチ式センサ1において、接触判定手段によって、電極への接触が検知されたときに、どの電極からの検知信号であるかを判定するとともに、最初に接触が検知された電極をスタート電極とし、該スタート電極への接触が検知されず、且つ、他の電極への接触が検知されると前記スタート電極をリセットするとともに、次に接触が検知された電極を新たにスタート電極とし、該スタート電極と最初に接触が検知された電極の位置関係を判定して操作入力モードを決定する操作入力判定手段を設けるように構成する. (もっと読む)


【課題】センサの劣化を抑制できるようにした操作装置を提供する。
【解決手段】ユーザがタッチパネル4の操作面4cをタッチすると、支軸7の内側のタッチパネル4の中央側に力が加わる。タッチパネル4の角部4aは支軸7の作用によりユーザの押圧方向とは逆方向(図1の上方向)に力が作用する。すると、圧力センサ6に予め加えられた初期荷重が減少することになり、圧力センサ6がこの荷重の減少量を検出する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、手のひらの誤触を排除することができるタッチ信号の処理方法及びその電子計算機を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、タッチ信号の処理方法を、電子計算機にパームリジェクションプログラムを常駐するステップと、電子計算機を用いて、タッチ装置からタッチ入力信号を受信するステップとを備え、パームリジェクションプログラムはタッチ入力信号に対して、リアルタイムにパームリジェクションプロセスを行い、或いはパームリジェクションプロセスを行った後にタッチ入力信号を出力することをタッチ装置に命令するように構成することで解決した。本発明はまた、電子計算機を、メモリユニットと、入力インターフェースと、処理ユニットとを備えさせることで解決した。 (もっと読む)


【課題】ユーザが画面を注視せずに直感的な1回の短い操作で所望の機能の実行を指示可能な入力情報処理装置を提供すること。
【解決手段】押下されたときの接点パターンに固有の特徴を有するボタンを用いた入力情報処理装置は、複数の接点の位置を検出可能な、ボタンが配置されるタッチパネルと、タッチパネル上に配置されたボタンが押下されたとき、タッチパネルが検出したボタンとの接点の座標データを照合して、押下されたボタンに対応する機能を行うよう指示する照合部と、照合部から指示された機能を実行する機能実行部とを備える。 (もっと読む)


【課題】 タッチパネルを備えた装置の操作性を向上させる。
【解決手段】 表示された画像の3点をタッチした状態から、そのうちの1点を固定しながら残りの多点を移動させたことを検知すると、前記2点の移動に基づいて拡大又は縮小された前記画像と、拡大及び縮小されていない前記画像とを並べて表示させる。 (もっと読む)


【課題】タッチセンサの精度を向上させる。
【解決手段】複数の表示画素電極、表示画素電極と対向して設けられた共通電極、画像表示機能を有する表示機能層、画像信号に基づいて、表示画素電極と共通電極との間に表示用電圧を印加して表示機能層の表示機能を発揮させるように画像表示制御を行う表示制御回路、共通電極と対向して設けられ、共通電極との間に静電容量を形成するタッチ検出電極、および表示制御回路により共通電極に印加される表示用駆動電圧をタッチセンサ用駆動信号として利用し、タッチ検出電極から得られる検出信号に基づき、物体の接触位置を検出するタッチ検出回路を備え、タッチセンサ用駆動信号が印加されている間、表示画素電極を構成するTFT回路のゲート電位を高い状態にする。本技術は、タッチセンサと表示装置が一体化されたタッチセンサ付き表示装置に適用できる。 (もっと読む)


【課題】
タッチ操作についての表示設定を容易に変更することができる表示システムおよび表示プログラムを提供する。
【解決手段】
表示システム10に、タッチ操作が他設定画像表示条件を満たすかを判断する表示条件判断部1351と、他設定画像を表示させる他設定画像表示制御部1352と、他設定画像に対してタッチ操作が行われたときに、設定中の表示設定情報を、その他設定画像によって表される他の表示設定情報へ変更する第2表示設定変更部1355と、他設定画像変更作業領域を設定する他設定画像変更作業領域設定部1356と、タッチ操作が他設定画像変更条件を満たすかを判断する第1変更条件判断部1357と、タッチ操作が他設定画像変更条件を満たすときに、他設定画像を、異なる他設定画像に変更する他設定画像変更部1358とを設ける。 (もっと読む)


【課題】接触感知式入力装置により与えられるパラメータに基づき、ユーザの意思を適応的に解釈するためのシステム及び方法を提供すること。
【解決手段】ある方法では、プロセッサが、タッチパッドのような入力装置から圧力を示す圧力信号を受け取り、擬似圧力と圧力閾値とを比較し、擬似圧力が圧力閾値よりも大きい場合に信号を出力する。別の実施形態では、プロセッサが、入力装置上を移動するコンダクタ、例えば、ユーザの指の移動速度を計算し、該速度を閾値と比較する。その結果、速度が閾値よりも大きい場合には、プロセッサは、押下の信号を発するのに充分に大きな圧力であっても、押下の意思はないものと判断する。入力装置により提供される種々のパラメータについては、ユーザの意思を正確に判定するために、デジタルフィルタ処理が行われる。 (もっと読む)


【課題】指がタッチパッドの操作領域の限界に到達した後にポインタの移動を制御する。
【解決手段】タッチパッド21の周囲に複数の圧力センサ101が配置されている。ディスプレイ15にはポインタ203が表示される。時刻t0で、タッチパッドをスワイプしてポインタを移動させる。時刻t1で指がタッチパッドの操作領域の限界に到達したことを圧力センサ101a、101bが検出する。その後は、スワイプが終了した指で圧力センサに対する押下圧力および押下位置を変更してポインタの移動速度および移動方向を制御する。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成でパームリジェクションを実現し、手書き操作の誤認識を防止する。
【解決手段】入力面が1つ目の接触位置1を検知したとき、当該1つ目の接触位置を含むように入力面にお手付き領域2を設定する格納部15と、入力面が1つ目の接触位置1を検知中に2つ目以降の接触位置1を検知したとき、格納部15によって設定されたお手付き領域2に2つ目以降の接触位置1が含まれているか否かを判定し、含まれている場合は2つ目以降の接触位置1を入力された情報として受け付けない処理部16とを備えた。 (もっと読む)


【課題】ユーザの入力操作をより簡単にする入力器具及びつけ爪を提供することを課題とする。
【解決手段】実施形態の入力器具は、基部と、固定部と、接触部とを具備する。基部は、ユーザの指に固定される。固定部は、前記基部とユーザの指とを固定する。接触部は、前記基部に固定され、ユーザの指と電気的に接続される。上記の入力器具を装着することで、ユーザはより簡単にタッチパネルやタッチパッド等の接触検出装置への入力操作を行うことができるようになる。 (もっと読む)


1 - 20 / 1,531