Fターム[5B072HH00]の内容

記録担体の読取り (12,790) | 障害対策 (224)

Fターム[5B072HH00]の下位に属するFターム

Fターム[5B072HH00]に分類される特許

1 - 10 / 10


【課題】光学情報読取装置を使って作業するときに光学情報読取装置の電力不足を未然に防止する。
【解決手段】常時、電池電圧VA及び消費電流IAを監視する(S11,S12)。負荷の大きなアプリケーションを起動させた等の通常の処理において起こり得る電圧変動が発生したとき(S12)、その時の電池電圧VB、消費電流IBの値を取得して、給電端子28aと受電端子80とで構成される端子部の抵抗値RTを演算により求める(計算式:RT=(VA−VB)/(IA−IB))。しきい値との対比で上記演算結果のRT値がしきい値以上であるか否かを判定し、YESであれば、異常な電圧降下であるとして、S16からS17に進んでダイアログをLCD10に表示する。 (もっと読む)


【課題】情報コードをデコード可能な情報コード読取装置に関して、相対的に誤読が生じる可能性が高い場合に確認回数を増やして誤読を抑えることができ、相対的に誤読が生じる可能性が低い場合に確認回数を減らして読み取り速度を高め得る構成を提供する。
【解決手段】情報コード読取装置1は、デコード処理の確認回数を設定する確認回数設定手段を備えた判断手段を有している。この判断手段は、領域幅測定手段によって測定された明色領域及び暗色領域の少なくともいずれかの測定領域幅に応じて得られる実測データを、予め定められた基準データと比較し、その比較結果に基づいてデコード処理の確認回数を設定している。 (もっと読む)


【課題】商品登録に不慣れなオペレータによる同一商品の不要な多重登録を防止するとともに、商品登録に慣れたオペレータの同一商品の必要な連続登録の作業効率が低下するのを回避する。
【解決手段】商品に付けられたコードを読み取り、該読み取ったコードから商品コードを取得して上位装置に送信するコード読取装置であって、当該コード読取装置を使用するオペレータの商品登録作業の熟練度に応じて、同一商品の不要な多重登録を防止する複数読み防止時間を変更設定する時間設定手段と、前記時間設定手段により設定された前記複数読み防止時間内に、前回前記上位装置に送信した商品コードと同一の商品コードを取得した場合、該取得した商品コードを前記上位装置に送信しない所定のエラー処理を実行する複数読み防止手段と、前記時間設定手段により設定された前記複数読み防止時間を一時的に変更する変更手段と、を有する。 (もっと読む)


【課題】原稿中の符号画像が復号化できない場合に元データを取り出せないというユーザ不満を解消する。
【解決手段】原稿画像データ内に符号画像が含まれているかどうかを判定する符号画像検知手段と、前記原稿画像データ内の前記符号画像の領域を判定する符号画像領域判定手段と、前記符号画像を復号化して電子データを抽出する符号画像復号化手段と、前記符号画像を原稿画像データから削除する符号画像削除手段と、を有し、前記符号画像検知手段によって検知した符号画像を前記符号画像復号化手段で復号できなかった場合に前記符号画像削除手段によって前記符号画像を原稿画像データから削除する。 (もっと読む)


【課題】単色マーキングでマーキングを行う手法であって、データの損傷、変化の起きにくいマーキング手法・手段を実現することを目的とする。
【解決手段】複数のセルが配列されてなる光学式自動認識コードにおいて、前記各セルは、所定の変位方向に3以上のポジションをその内部に有し、いずれか1個のポジションにマークが付されており、前記マークが付されているポジションが表すポジション値が定められており、前記複数のセルが配列される方向であるデータ配列方向の前記各セルの前記ポジション値の遷移によってデータが表される。ポジション値の遷移によって、データを表すため、マーキングにかすれが生じたり、対象物が歪んだりしてもデータを読み取ることができる。 (もっと読む)


【課題】バーコード印刷面上のバーコードの読み取りが行えるうえ、バーコード読み取り用光線が目に入るのを防ぐことが可能な携帯型のバーコードリーダを提供する。
【解決手段】郵便物Pのバーコード印刷面Paに紫外線を照射する投光部10と、投光部10を動作させて紫外線を照射させる読み取りスイッチ20と、バーコード印刷面Paで反射して戻る紫外線を受けてバーコードBCを読み取る受光部30を備え、投光部10が発する紫外線の光路UVがバーコード印刷面Paを向く状態では、読み取りスイッチ20の操作によって投光部10が発する紫外線をバーコード印刷面Paに照射可能とすると共に、投光部10が発する紫外線の光路UVがバーコード印刷面Paを向いていない状態では、紫外線の光路UVを遮断する光路制御機構60を設けた。 (もっと読む)


【課題】 複数のバーコードが重ねて印字されているものを検出することができるバーコード処理装置、区分装置およびバーコード処理方法を提供する。
【解決手段】 バーコードリーダ12は、スキャナ13により読取ったバーコードを含む画像に基づいて複数のバーコードが重ねて印字されているか否かを判定する二重印字検出処理を行う。上記バーコードリーダ12は、上記二重印字検出処理により複数のバーコードが重ねて印字されていることが検出された場合、前記バーコードの認識結果が無効な情報であると判定し、上記二重印字検出処理により複数のバーコードが重ねて印字されていることが検出されなかった場合、バーコードの認識結果を制御部10へ出力する。 (もっと読む)


【課題】 大きなメモリ容量を必要とせず、かつ、短時間で高精度の読取りを行うことのできる光学的情報読取装置を実現する。
【解決手段】 明暗パターンの各幅値を配列順および走査線別に累積して累積幅値を算出する。汚れe1の明暗の変化点P4(累積幅値180+1=181の位置)は、走査線L2上では汚れe1、つまり暗パターンに属する。しかし、変化点P4が走査線L1,L3上に存在すると仮定した場合、変化点P4は走査線L1,L3上では明パターンに属する。明パターンに属するとの判定回数が暗パターンに属するとの判定回数よりも多いため、変化点P4は明パターンに属すると決定する。同様に変化点P5は明パターンに属すると決定する。これにより、変化点P4,P5は、明暗パターンの明暗の境界として扱われない。このように累積幅値を用いるため、大きなメモリ容量を必要としない。 (もっと読む)


【課題】ノイズ除去を行っても、図形の検出率を高めることが可能な画像処理装置、画像処理方法およびプログラムを提供すること。
【解決手段】本発明の一実施形態に係る画像処理装置は、検出対象のからノイズを除去するノイズ除去部201を備える。また、検出対象画像を検出する際の検出誤差を決定する検出誤差決定部202を備える。さらに、ノイズが除去された検出対象画像を検出する図形検出部203を備える。該図形検出部203は、決定された検出誤差に基づいて、ノイズ除去された画像が、検出対象画像か否かを判断する。 (もっと読む)


【課題】マージンとして認識されるべき領域が黒色パターンとして認識される誤りを検出すると共に、当該誤りを復元し、情報コードを正確にデコードし得る構成を提供する。
【解決手段】バーコードリーダは、バーコードからの反射光を受光し、バーコードの各パターンごとに反射光の強度に応じた受光信号を出力する受光センサを備えており、この受光センサにより出力される受光信号の信号波形を閾値と比較すると共に、その比較に基づいて信号波形を白色領域と黒色領域とに区分けする二値化処理を行う構成をなしている。さらに、その二値化処理により区分けされた白色領域及び黒色領域を配列したデータ(配列データ)において、マージンとして認識されるべき領域(マージン対応領域)に黒色領域が含まれる誤りが検出された場合、そのマージン対応領域を復元するように配列データを再生成し、その再生成後の配列データをデコードするようにしている。 (もっと読む)


1 - 10 / 10