国際特許分類[A01G9/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業 (84,932) | 園芸;野菜,花,稲,果樹,ぶどう,ホップ,海草の栽培;林業;灌水 (12,548) | 容器,温床または温室での花,野菜または稲の栽培 (3,672)

国際特許分類[A01G9/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A01G9/00]に分類される特許

1 - 10 / 531



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273

【課題】 本発明は、段積設備において、育苗箱の積付姿勢ひいては移載精度を良好に維持しながら、作業能率向上を図ることを課題とする。
【解決手段】 育苗箱搬送コンベヤで搬送される育苗箱(C)に接触しながら該育苗箱(C)の搬送速度を徐々に減速して該育苗箱(C)を所定の位置で停止させる衝撃吸収ストッパ(356)と、前記所定の位置にある育苗箱(C)を下方から持ち上げて所定の段積枚数に段積する段積装置を設け、衝撃吸収ストッパ(356)が育苗箱(C)を所定の位置で停止させた後、前記所定の位置にある育苗箱(C)を段積装置が持ち上げ動作する間は、衝撃吸収ストッパ(356)を当該育苗箱(C)から退避させる強制退避装置(231)を設けた。 (もっと読む)


【課題】初期設備投資費用、ランニングコストを低廉に抑えつつ、栽培ベッド毎に異なる生育段階にある植物や異なる種類の植物に適宜の養液を供給することが可能であって、仮に植物に病気が発生した場合であっても、できるだけ病気が拡大しない水耕栽培装置の提供。
【解決手段】後方より前方に溶液3を流すと共に溶液3上にフロート板2を敷設した栽培ベッド1において、前部に溶液3を排出して落下させる排水部4を形成し、さらに落下した溶液3を受ける落下水受け部5を設け、落下水受け部5の底部の水を汲み上げて後方に送水する循環ポンプ6及び循環ポンプ6に連結したパイプ7を設けると共に栽培ベッド1後部内側において溶液3を排出するパイプ先端の吐出口8を設け、前記排水部4、落下水受け部5、循環ポンプ6、パイプ7、吐出口8からなる溶液循環装置を、栽培ベッド1毎に別個に設けた水耕栽培装置。 (もっと読む)


【課題】土壌のない屋外環境下で、軽量、かつ、簡便な機構で風雨等にも耐えることのできる樹木用の植物栽培装置及びそれを用いた植物栽培法を提供する。
【解決手段】幹を残して越冬する、もしくは、複数年に渡って同一の幹が維持される木本植物を定植したプランタを床面より上方の位置に設置し、拘束がなければ上方に成長する幹を剪定及び固定具によりプランタ上面より下方に誘引して育成させることにより、植物の地上部の大半を、前記プランタ上面と床面の間で育成させる。すなわち、幹や枝がプランタ上面から上方向に伸びることを許容せず、全て横方向及び下方向に誘引することで、縦に太い主幹を成長させることなく枝を高い位置で繁茂させる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、より確実に育苗ポットの抜け出しを防止できるとともに、取り扱いが容易でコストの低い抜出防止器具及び移動用トレーを提供することを目的とする。
【解決手段】本発明の抜出防止器具10及び移動用トレー12を、長手方向に延びる棒状部材22と、棒状部材22を仕切部材18上に取り付けた時に、棒状部材22から収納容器20内の複数の育苗ポット14の上方まで突出する突出部材24と、を備え、抜出防止器具10が仕切部材18上に仕切部材18と平行に着脱可能に取り付けられるように構成した。 (もっと読む)


【課題】搬送経路に沿って搬送される各プランターにより栽培される植物に係る情報の管理が容易となり、トレーサビリティーが向上する移動栽培装置を提供すること。
【解決手段】移動栽培装置1に、横方向に長い形状のプランター2・2・・・、プランター2・2・・・をそれぞれ支持し、対応するプランター2において栽培される植物に係る情報を記憶するためのICタグが設けられた栽培ベンチ10・10・・・、栽培ベンチ10・10・・・を搬送する搬送装置20A・20B・40A・40B、搬送経路の中途部に設定された読み取り・書き込み位置に配置され、ICタグから植物に係る情報を読み取り、ICタグに前記植物に係る情報を書き込む読み取り・書き込み装置51、搬送装置および読み取り・書き込み装置51の動作を制御する制御部61、を具備した。 (もっと読む)


【課題】簡素な構造でありながら、プランターに散布された水とプランターに散布された薬剤が混ざらず、排水処理および廃液処理が容易となる移動栽培装置を提供する。
【解決手段】プランター2を搬送する搬送装置20と、搬送される前記プランター2に向けて水を散布する潅水装置30と、搬送される前記プランター2に向けて薬剤を散布する防除装置40と、を備えた移動栽培装置1において、散布された水および散布された薬剤を前記プランター2の下方で受け止める受け樋21と、前記受け樋21が受け止めた水又は薬剤の案内方向を切り換える切換弁22と、を設け、前記切換弁22は、前記受け樋21が水を受け止めた場合に該水を排水樋23に案内し、前記受け樋21が薬剤を受け止めた場合に該薬剤を廃液樋24に案内する、とした。 (もっと読む)


【課題】植物が栽培ベンチ間に挟まれて損傷することを防止することが可能な栽培ベンチを提供する。
【解決手段】栽培ベンチ10に、プランター2が載置されるベンチフレーム(11・12)、ベンチフレームに設けられる車輪13・13・・・、ベンチフレームに固定され、プランター2の上面開口部の横方向における両端部に配置され、縦方向に配置された別の栽培ベンチとの干渉を規制する一対の規制アーム15・15、ベンチフレームにおいて一対の規制アーム15・15に挟まれる位置に固定され、保護部材を支持する支持アーム16・16・・・を備えた。 (もっと読む)


【課題】横方向に長い形状のプランターを移動させる機構を簡素化することが可能な移動栽培装置を提供すること。
【解決手段】移動栽培装置1に、横方向に長い形状のプランター2・2・・・、プランター2・2・・・を縦方向に搬送する縦搬送装置20A・20B、プランター2・2・・・を横方向に搬送して縦搬送装置20A・20Bとの間でプランター2・2・・・を受け渡し可能な横搬送装置40A・40Bを具備し、縦搬送装置20A・20Bに、縦方向に移動可能に支持されるロッド本体22およびロッド本体22に縦方向に並んで固定される係止突起23・23・・・を有するロッド21、ロッド21を縦方向に多段階に移動させる移動用エアシリンダ25、ロッド21を軸回転させることにより係止突起23・23・・・をプランター2・2・・・に係止可能な係止位置と係止不能な退避位置との間で移動させる回転用エアシリンダ29を備えた。 (もっと読む)


【課題】簡易な構成により外枠を形成する縦桟の変形を防止して平面視形状を確実に維持でき、棚部内への苗箱の出し入作業をスムーズに行い得たり、縦桟と横桟及び翼板がユニット化される場合であっても、組み立て後の縦桟の平面視形状を簡単かつ確実に維持し得る苗箱収納棚を提供する。
【解決手段】少なくとも平面視で方形状の四隅に垂直状態でそれぞれ立設された縦桟と、該縦桟の苗箱の出し入れ方向である前後方向の対向面にその端部が固定された横桟と、縦桟のうち前後方向と直交する左右幅方向の縦桟の上下端部をそれぞれ連結する連結部材と、縦桟及びまたは横桟の左右幅方向の対向面側にそれぞれ固定されて苗箱の底面両端部が載置可能な棚部を形成する長尺状の翼板と、縦桟のうち略対角線上に位置する少なくとも一対の縦桟の上端部分を連結する補強部材と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 531