説明

国際特許分類[A21D13/08]の内容

国際特許分類[A21D13/08]に分類される特許

1 - 10 / 591


【課題】 既存の標準株などの菌株と比較して、芽胞形成能、増殖至適温度、増殖能および芽胞の耐熱性が高く、L−アラビノース、リボース、D−キシロース、ラムノース、α−メチル−D−グルコシド、アミグダリン、アルブチン、エスクリン、サリシン、セロビオース、ラクトース、メリビオース、スクロース、D−ラフィノースおよびβゲンチオビオースを資化する一方で、マンニトールおよびD−アラビトールを資化しないといった特異な性質を有する、バチルスコアグランスの新規菌株Bacillus coagulans lilac−01およびそれを添加する工程を有する食品および飼料の製造方法を提供する。
【解決手段】 芽胞形成能を有する菌株Bacillus coagulans lilac−01(受託番号:NITE P−1102)。 (もっと読む)


【目的】本発明は、従来の課題を解消するために創案されたものであり、冷凍前にタルト生地を焼成する必要がなく、また、それに伴う煩雑な工程もなく、タルト生地とフィリングを一度に合わせて冷凍することが可能であり、製造作業の手間が省け、且つ、歯切れの良い食感を有する冷凍タルト製品を提供することを目的とする。
【構成】少なくとも小麦粉、固形脂を配合するタルト生地配合に液状油を配合してタルト生地を形成し、該タルト生地にフィリングを載せて冷凍する、ことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】上面の厚さの偏りが少なく見栄えのよいハート形ケーキを、電子レンジで製造できる、ハート形ケーキの製造方法及び電子レンジ加熱調理用ケーキ型を提供する。
【解決手段】このハート形ケーキの製造方法は、ケーキ用生地を上面が開口された有底のケーキ型10に入れて、電子レンジで加熱調理することにより、ハート形ケーキを製造するもので、ケーキ型10として、上面から見て、複数のハート形状の斜面どうしを接合した形状のものを用い、電子レンジで加熱調理した後、ケーキ型10から取り出して、斜面どうしの接合部をカットすることで、複数のハート形ケーキを製造することができる。 (もっと読む)


【課題】ふっくらと分厚く仕上がり、食感に優れて増量効果の高い加熱食品を提供する。
【解決手段】小麦粉、米粉、大麦粉、ライ麦粉、トウモロシ粉、テフ粉、ヒエ粉、黄粉、ヒヨマメ粉、エンドウマメ粉、蕎麦粉、アマランサス粉、片栗粉、葛粉、タピオカ粉、馬鈴薯粉、アビオス粉、栗粉、ドングリ粉等の穀物を加水し加熱して発泡させた後乾燥し粉砕して得られる発泡穀粉を添加してなる発泡穀粉添加加熱食品である。ふっくらと分厚く仕上がるので食感に優れるとともに、増量効果が高いので歩留まりの向上や製造コストの低減を図ることができ、しかも安全に食することができる。 (もっと読む)


【課題】焼成後も腰持ちが良好で、ソフトで口どけがよいパン類を提供することを課題とする。またフィリング材からの水分移行により、ふやけやしわが表面に発生することを防止したフィリング材を含有するパン類を提供することを課題とする。
【解決手段】澱粉類100質量部に対し、アルギン酸プロピレングリコールエステルを0.05〜1質量部、親油性乳化剤の水和物を0.05〜2質量部含有するパン生地 (もっと読む)


【課題】呈味素材層の厚さが均一でケーキ層との混和がない、均質な積層状焼菓子を得るための複合焼菓子生地、及び該特徴を有する複合焼菓子を簡単に得ることができる複合焼菓子の製造方法を提供すること。
【解決手段】ケーキ生地及び薄板状の呈味素材からなる複合焼菓子生地を使用し、特にケーキ生地の上面に薄板状の呈味素材を積載した積層状構造を有し、ケーキ生地の比重よりも上記呈味素材の比重が大である複合焼菓子生地を使用する。 (もっと読む)


【課題】
作業性の良いペストリー食品用穀粉生地及び該ペストリー食品用穀粉生地を用いて製造したペストリー生地を提供することである。また、生地浮き及び食感の良いペストリー食品を提供することである。
【解決手段】
本発明のペストリー食品用穀粉生地は、穀粉に下記アミラーゼ含有油脂組成物を練り込んだペストリー食品用穀粉生地であって、下記(a)及び(b)を満たすことを特徴とする。
アミラーゼ含有油脂組成物:αアミラーゼ及びグルコアミラーゼを含む油脂組成物
(a)穀粉100g対してαアミラーゼの酵素活性が0.7〜20.0単位となるように、アミラーゼ含有油脂組成物を練り込んだペストリー食品用穀粉生地
(b)穀粉100gに対してグルコアミラーゼの酵素活性が0.4〜10.0単位となるように、アミラーゼ含有油脂組成物を練り込んだペストリー食品用穀粉生地 (もっと読む)


【課題】 虚弱体質者、高齢少食者の中で、栄養不足等により疲労回復が遅れ疲れ易く元気が出ない悩みを持つ人の食生活の改善を図る課題解決にある。
【解決手段】 パンの製造工程において、天然アミノ酸をパンの仕込み工程で混入し混捏後の製造工程を経て製品化する高アミノ酸を含むパン、または、パンの味付け工程でパン生地表面に天然アミノ酸を塗布し乾燥する、高アミノ酸を含むパン生地及びパン類の製造。さらに、菓子の製造工程において、天然アミノ酸を菓子の仕込み工程で混入し混捏後の製造工程を経て製品化する高アミノ酸を含む菓子、または、菓子の味付け工程で菓子生地表面に天然アミノ酸を塗布し乾燥する、高アミノ酸を含む菓子生地及び菓子類の製造。また麺の製造工程において、天然アミノ酸を麺の仕込み工程で混入し混捏後の製造工程を経て製品化する高アミノ酸を含む麺類の製造。 (もっと読む)


【課題】 経時的に泣き現象が起こらず、風味に悪影響を与えず、コーティング表面がべたつかないコーティングを施すことができるコーティング用組成物及び該コーティング用組成物によりコーティングされた食品を提供するものである。
【解決手段】 澱粉分解物を含み、DE値が35以上65以下のコーティング用組成物を水や油に溶解させることなく、コーティングを施したいビスケットやスナック類等の食品表面に分布せしめ、加熱溶融後、冷却して固化させる。 (もっと読む)


【課題】COPD患者等、食欲が低下し、腹部膨満感を伴う患者の栄養状態を改善するための、高脂質でかつ分岐鎖アミノ酸を含む総合栄養食品を提供する。
【解決手段】分岐鎖アミノ酸として、イソロイシン、ロイシンおよびバリンを合計1.0〜4.0g/100kcal、脂質を35〜50エネルギー%含有し、さらに、デンプンを分岐鎖アミノ酸1重量部に対して0.1〜1.2重量部含有してなる焼菓子により、上記課題が解決される。 (もっと読む)


1 - 10 / 591