説明

国際特許分類[B64G7/00]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 航空機;飛行;宇宙工学 (5,482) | 宇宙航行;宇宙航行体またはその装備 (652) | 宇宙状態のシミュレーション,例.乗組員の調子を整えるためのもの (30)

国際特許分類[B64G7/00]に分類される特許

1 - 10 / 30


【課題】位置特定照合システム及び制御モジュールを含む方法と装置を提供する。
【解決手段】位置特定照合システムは、ある環境で任意の数のモバイルプラットフォーム106についての位置特定情報を生成する。制御モジュール108は、位置特定照合システムから、任意の数のモバイルプラットフォームについての位置特定情報を受信する。制御モジュールは、位置特定情報を使用し、任意の数のモバイルプラットフォームのための指令信号をさらに生成する。制御モジュールは、指令信号を任意の数のモバイルプラットフォームに送信し、任意の数のモバイルプラットフォームの操作が非地球上の陸上環境で任意の数の宇宙探査機システム101の操作をエミュレートするように、その環境で任意の数のモバイルプラットフォームを操作する。 (もっと読む)


【課題】軸線を水平方向に向けて配置した真空容器の開口部を開閉する扉を開閉移動させるためスペースを最小限とし、省スペース化が図れる真空装置用扉開閉装置を提供する。
【解決手段】真空容器11の開口部11aの前方床面に設けられて扉12を収容可能な大きさを有するピット15と、ピットの扉幅方向両側部に設けた鉛直方向に伸縮可能な一対の伸縮柱16a,16b及び一対の伸縮柱の上端部に掛け渡した上フレーム16cを有する門形フレーム16と、上フレームに設けた扉吊持手段20と、伸縮柱を伸縮させる伸縮手段とを備え、伸縮柱は、扉が真空容器の開口部を閉塞可能な上昇位置と、扉が真空容器の開口部を全開状態にしてピット内に収納される下降位置との間で伸縮可能に形成されている。 (もっと読む)


【課題】 従来の吊り下げ上下式可変重力装置は、はずみ車を必要とし、大型化に伴い、回転機器固有の配慮のため、製造費の負担が大きくなり、また適正な加速、減速を実現するための、トルク変換機構では正逆両方向の回転を伝達するため、特殊仕様の紐を調達しなければならず、製品の低費用化の障害であった。
【解決手段】 はずみ車に代えて、カプセルとほぼ同一質量の運動体を、交互に往復上下運動させる方式とした。そのため、大質量の回転体への配慮は不要である。また、それぞれを懸垂する紐は同軸の2つの螺旋滑車で巻き取り、巻き戻される仕組みで、基本的に、重力で常に張力がかかっているので、普通に市販されている高抗張力紐が使用できる。 (もっと読む)


【課題】宇宙機の広帯域に亘る軌道運動を高精度に模擬する宇宙機運動シミュレータを得る。
【解決手段】宇宙機運動シミュレータは、宇宙機の構体を模擬した宇宙機模擬構体を固定する定盤と、宇宙機模擬構体の上に設置されるとともに観測機器を3軸並進運動並びに3軸回転運動を可能とする機構を有する駆動観測機器と、駆動観測機器のフィードバック制御を行うために取り付けられた駆動観測機器用加速度センサユニットと、を備え、宇宙機模擬構体の上に設置されるとともに6自由度且つ複数の周波数の微小振動を発生させる加振装置と、駆動観測機器用加速度センサユニットの加速度検出量からセンサノイズを除去し、且つセンサノイズ除去後の加速度検出量から駆動観測機器の駆動モータに起因する外乱を検出するともに加振装置の駆動による擾乱を推定する運動分離部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】1軸で擬似無重力状態を生成する擬似無重力生成装置を提供する。
【解決手段】擬似無重力生成装置1は、XYZ直交静止座標系内に配置される。傾斜クランク10は、シャフト部101とシャフト部102とを備える。シャフト部101は、X軸方向に延びる。シャフト部102は、シャフト部101に対して傾斜してシャフト部101に接続される。回転部材11は、シャフト部102の周りに回転可能に傾斜クランク10に取り付けられる。ガイド部材12は、回転部材11に取り付けられる。駆動源13は、傾斜クランク10をX軸周りに回転する。ガイド部材14は、回転部材11の周りに配置され、ガイド部材12と接触してガイド部材12の移動をガイドする。擬似無重力装置1では、駆動源13が傾斜クランク10を回転するとき、ガイド部材14がガイド部材12の移動をガイドすることにより、回転部材11が三次元的に回転する。 (もっと読む)


【課題】コンタミネーションパネルを供えた真空装置の液体窒素消費量を削減できる真空環境装置を提供することにある。
【解決手段】供試体を収納する真空容器の内部にコンタミネーションパネルを具備した真空環境試験装置において、液体窒素を供給する手段と、供給された窒素を気相と液相に分離する手段と、分離された相中の窒素を各々独立したコンタミネーションパネルに供給する手段と、コンタミネーションパネルにて温度上昇してガス化された高温窒素ガスを大気へ放出する手段を備えたたことを特徴とする。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】シュラウドを配置したフレームを効率よく冷却することができ、フレームからの伝熱、輻射の影響を防止するとともに、液体窒素の消費量も低減することができる宇宙環境装置用シュラウド装置を提供する。
【解決手段】方形に枠組みした下部フレーム21a及び上部フレーム21bを有するフレーム21内にシュラウド12を構成する複数の冷却管12aを配置した宇宙環境装置用シュラウド装置11であって、前記フレーム21を金属パイプで形成するとともに、該金属パイプ内を冷却流体の流路とし、この流路に、シュラウド12から導出した冷却流体を導入する。 (もっと読む)


【課題】衛星の大角度の姿勢運動と広帯域な微小擾乱環境を模擬する。
【解決手段】宇宙機運動模擬装置は、姿勢模擬部と、搭載機器を搭載する擾乱模擬部と、これらを作動させる搭載系模擬装置とを備え、姿勢模擬部は搭載系模擬装置からの姿勢指令値によって駆動され、擾乱模擬部は、搭載系模擬装置からの擾乱生成指令値によって、姿勢模擬部および擾乱模擬部の姿勢に基づいて、姿勢模擬部による擾乱の影響を打ち消すように擾乱指令生成装置によって生成された擾乱指令値によって駆動される。
【効果】可動範囲が広く、広帯域な微小擾乱環境を模擬できる。 (もっと読む)


【課題】装置を大型化することなく真空排気速度を向上でき、イオンエンジン等の高出力化に対応したイオンエンジン試験装置を得る。
【解決手段】イオンエンジン試験装置は、イオン8の放出方向に対して傾斜した入射面が形成されたターゲット20〜29を円筒状の真空容器1内に互いに間隙をおいて配置し、この間隙を介して真空容器1の一側に形成されイオンエンジン2からイオン8が放出される第1の空間3と真空容器1の他側に形成された第2の空間4とを連通し、第1の空間3および第2の空間4にそれぞれ第1のクライオパネル5および第2のクライオパネル6を設置したものである。 (もっと読む)


1 - 10 / 30