国際特許分類[C07K5/027]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 有機化学 (230,229) | ペプチド (29,849) | 確定された配列をもつ,4個以下のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体 (1,606) | 擬ペプチド結合を少なくとも1個含有するもの (99) | すくなくとも1個のγ−アミノ酸が含まれているもの,例.スタチン (16)

国際特許分類[C07K5/027]に分類される特許

1 - 10 / 16


式Iの化合物が提供され、式中、k、m、n、p、R、R’、R’’、R’’’、R3、及びR4は、本出願で定義された通りである。他の実施形態も開示される。 (もっと読む)


【課題】皮下投与ではもちろん、経口投与によっても、少量の投与で強力な鎮痛作用又は抗侵害作用を発揮するペプチド誘導体、このようなペプチド誘導体を有効成分とする医薬品組成物を提供する。
【解決手段】RN=C(R)−AA−AA−AA−AA−Yという一般式で表されるペプチド誘導体またはその塩であって、Rは水素分子等、Rはメチル基等、Yはヒドロキシル基、AAはチロシン残基等、AAはD−アルギニン残基等、AAはフェニルアラニン残基等、AAはγ−アミノ酪酸残基等である、ペプチド誘導体又はその塩であり、皮下投与及び経口投与によって、様々な疼痛に対して優れた鎮痛作用を奏する。 (もっと読む)


L−Glu−γ−D−Gluジペプチド基を含有する式(I)のシクロペンタ[g]キナゾリン誘導体であって:式中:Rは、アミノ、C1−4アルキル、C1−4ヒドロキシアルキル、C1−4フルオロアルキル又はメトキシ−C1−4アルキルであり;Rは、水素、C1−4アルキル、C3−4アルケニル、C3−4アルキニル、C2−4ヒドロキシアルキル C2−4ハロゲノアルキル又はC1−4シアノアルキルであり;そしてArは、フェニレン、チオフェンジイル、チアゾールジイル、ピリジンジイル又はピリミジンジイルであり、これらは、ハロゲノ、ヒドロキシ、アミノ、ニトロ、シアノ、トリフルオ−ロメチル、C1−4アルキル及びC1−4アルコキシから選択される一つ又は二つの置換基を所望により保有することができる。化合物(I)は、所望により医薬的に受容可能な塩又はエステルの形態であってもよく;リウマチ様関節炎又は急性骨髄性白血病の治療のために使用することができる。
(もっと読む)


本発明は、同位体標識されたトラッピング作用物(trapping agent)、反応性代謝物を検出する方法および薬物候補物を同定する方法に対向される。より具体的には、同位体標識トラッピング作用物および反応性代謝物の検出方法は、両、「ハード(hard)」および「ソフト(soft)」反応性代謝物を検出し、それによって擬陽性物(false positives)を除去するために使用されてもよい。 (もっと読む)


本発明は、癌の治療に使用される組成物、キット及び方法を提供する。特に、本発明は、ポリ−ADP−リボースポリメラーゼを阻害することにより対象における癌を治療する組成物及び方法、並びにかかる組成物を投与する剤形及び方式を提供する。 (もっと読む)


前立腺特異的膜抗原(PMSA)の強力阻害剤である、式:A−L−Bの化合物であって、式中、Aがグルタメートまたはグルタメート類似体であり;Lがホスホルアミデートまたはホスホルアミデート類似体であり;Bがセリンまたはセリン類似体である、化合物が記載される。このような化合物は、前立腺癌の治療に有用であり、蛍光色素に化学的に結合する場合、蛍光イメージングのために前立腺癌細胞を効率的かつ選択的に標識することができる。 (もっと読む)


γ−Glu−Cys−Gly、γ−Glu−Cys(SNO)−Gly、γ−Glu−Ala、γ−Glu−Gly、γ−Glu−Cys、γ−Glu−Met、γ−Glu−Thr、γ−Glu−Val、γ−Glu−Orn、Asp−Gly、Cys−Gly、Cys−Met、Glu−Cys、Gly−Cys、Leu−Asp、D−Cys、γ−Glu−Met(O)、γ−Glu−Val−Val、γ−Glu−Val−Glu、γ−Glu−Val−Lys、γ−Glu−γ−Glu−Val、γ−Glu−Val−NH2、γ−Glu−Val−ol、γ−Glu−Ser、γ−Glu−Tau、γ−Glu−Cys(S−Me)(O)、γ−Glu−Leu、γ−Glu−Ile、γ−Glu−t−Leu、γ−Glu−Cys(S−allyl)−Gly、γ−Glu−Gly−Gly、γ−Glu−Val−Phe、γ−Glu−Val−Ser、γ−Glu−Val−Pro、γ−Glu−Val−Arg、γ−Glu−Val−Asp、γ−Glu−Val−Met、γ−Glu−Val−Thr、γ−Glu−Val−His、γ−Glu−Val−Asn、γ−Glu−Val−Gln、γ−Glu−Val−Cys、γ−Glu−Val−Orn、γ−Glu−Ser−Gly、γ−Glu−Cys(S−Me)、γ−Glu−Abu−Gly、γ−Glu−Cys(S−Me)−Gly、およびγ−Glu−Val−Glyから選択される1種または2種以上を含有してなるカルシウム受容体活性化剤。
(もっと読む)


式IのS−またはO−カルボキシアルキル化アミノ酸およびペプチド化合物の塩味増強剤およびフレーバーとしての使用およびかかる化合物を含む消費財またはフレーバー組成物。消費財にフレーバーを付与する方法、特に塩含有量を減らして使い、または所定の塩の濃度での塩の塩味を増強する一方、前記化合物を用いることによる前記消費財からのナトリウムを置き換える方法。式Iの新規化合物。 (もっと読む)


【課題】金属イオンキレート剤として有用な、新規ポリカルボン酸アミド誘導体を提供する。
【解決手段】下記一般式(I)で表されるポリカルボン酸アミド誘導体、及びそれからなることを特徴とするキレート剤。


[式中、nは1、2又は3を表す。M、M及びMは、それぞれ水素原子又はカチオンを表す。Rは、水酸基及び−COOM基等からなる群から選ばれる一つ以上の置換基により置換されていてもよい炭素数1〜5アルキル基等を表す。Mは、水素原子又はカチオンを表す。]。 (もっと読む)


本発明は有機ヒ素化合物を提供する。それら多数の化合物は、固形および血液起源の両方のヒト腫瘍株化細胞の多くに対して、ならびに白血病患者由来の悪性血液細胞に対しても、インビトロで強い細胞障害作用を有する。本発明は、抗がん特性を有する有機ヒ素化合物を提供する。ある実施形態では、本発明は式(I)または薬学的に許容されるその塩の構造を有するか、あるいは薬学的に許容されるそれらの塩であり、結晶型での融点が160℃超の化合物を提供する。 (もっと読む)


1 - 10 / 16