Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
サーチュイン調節化合物としてのイミダゾ[2,1−B]チアゾール誘導体
説明

サーチュイン調節化合物としてのイミダゾ[2,1−B]チアゾール誘導体

【課題】新規なサーチュイン調節化合物およびその使用方法の提供。
【解決手段】次式(XVIII)


[式中、R19は、特定の複素環基を示し、R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され、R21は、−NR1’−C(O)−、−NR1’−S(O)2−等を示し、R31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールを示す]で表される化合物。この化合物は、細胞の寿命を延ばすために使用され、および多種多様な疾病および障害、たとえば、老化またはストレス、糖尿病、肥満、神経変性疾患、心血管疾患、血液凝固障害、炎症、癌および/または紅潮に関連する疾患または障害、およびミトコンドリア活性の増加から利益を受ける疾患または障害を治療するおよび/または予防するために使用され得る。


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
式:
【化1】

の化合物またはその塩であって、該式において、
19は、
【化2】

から選択され;
10、Z11、Z12およびZ13は、それぞれ独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
14、Z15およびZ16は、それぞれ独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され、ここで
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、OまたはSであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化3】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;そして
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであり、
ただし、R21が−NR’−C(O)−の場合は、R31は、4−シアノフェニルでも
【化4】

でもなく;およびR21が−NR’−S(O)−の場合は、R31は4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもない、
化合物またはその塩。
【請求項2】
式:
【化5】

を有する請求項1に記載の化合物であって、該式において、
20は、水素または可溶化基から選択され;
21は、−NH−C(O)−または−NH−C(O)−CH−から選択され;そして
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールから選択される、
化合物。
【請求項3】
19は、フェニル、ピリジル、チエニルまたはフラニルから選択される請求項1記載の化合物。
【請求項4】
19は、必要に応じて置換されたフェニルである請求項3記載の化合物。
【請求項5】
20は、H、−CH−N(CH
【化6】

から選択される請求項1記載の化合物。
【請求項6】
31は、フェニル、ピラゾリル、フリル、ピリジル、ピリミジニル、チエニル、ナフチル、ベンゾピラゾリル、ベンゾフリル、キノリニル、キノキサリニルまたはベンゾチエニルから選択され、そしてR31は必要に応じて置換されている、請求項1記載の化合物。
【請求項7】
21は、−NH−C(O)−または−NH−C(O)−CH−から選択される請求項1記載の化合物。
【請求項8】
式:
【化7】

の化合物またはその塩であって、該式において、
19は、
【化8】

から選択され;ここで、
10、Z11、Z12およびZ13は、それぞれ独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
14、Z15およびZ16は、それぞれ独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、OまたはSであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は可溶化基であり;そして
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
20aは、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化9】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;そして
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールから選択され、R19
【化10】

であり、かつZ10、Z11、Z12およびZ13がそれぞれCHの場合、R20aは可溶化基である、
化合物またはその塩。
【請求項9】
19は、フェニル、ピリジル、チエニルまたはフリルから選択される請求項8記載の化合物。
【請求項10】
19は、必要に応じて置換されたフェニルである請求項9記載の化合物。
【請求項11】
20aは、H、−CH−N(CH
【化11】

から選択される請求項8記載の化合物。
【請求項12】
31は、フェニル、ピラゾリル、フリル、ピリジル、ピリミジニル、チエニル、ナフチル、ベンゾピラゾリル、ベンゾフラニル、キノリニル、キノキサリニルまたはベンゾチエニルから選択され、そしてR31は、必要に応じて置換されている、請求項8記載の化合物。
【請求項13】
21は、−NH−C(O)−または−NH−C(O)−CH−から選択される請求項8記載の化合物。
【請求項14】
式:
【化12】

の化合物またはその塩であって、該式において、
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化13】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;そして
32は、必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリール、または必要に応じて置換された二環式アリールであり、
21が−NH−C(O)−CH−の場合、R32は、非置換チエン−2−イルではなく;
21が−NH−C(O)−の場合、R32は、フラン−2−イルでも、5−ブロモフラン−2−イルでも、2−フェニル−4−メチルチアゾール−5−イルでもなく;
21が−NH−S(O)−の場合、R32は、非置換ナフチルでも5−クロロチエン−2−イルでもない、
化合物またはその塩。
【請求項15】
32は、ピロリル、ピラゾリル、ピラジニル、フリル、ピリジル、ピリミジニルまたはチエニルから選択され、R32は、必要に応じて置換され、そして必要に応じてベンゾ縮合される、請求項14記載の化合物。
【請求項16】
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化14】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;そして
32は、ベンゾフリル、メチルフリル、ベンゾチエニル、ピリジル、ピラジニル、ピリミジニル、ピラゾリルから選択され、該メチルフリル、ピリジル、ピラジニル、ピリミジニルまたはピラゾリルは、必要に応じて、ベンゾ縮合され、R32は、必要に応じて置換されるか、またはさらに置換されている、請求項14記載の化合物。
【請求項17】
式:
【化15】

の化合物またはその塩であって、該式において、
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化16】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;そして
33は、必要に応じて置換されたフェニルであり、ここで、
21が−NR’−C(O)−の場合、R’はHでなく;
21が−NH−C(O)−CHまたは−NH−C(O)−CH−O−の場合、R33は、非置換フェニルでも4−ハロフェニルでもなく;そして
21が−NH−S(O)−の場合、R33は、非置換フェニルでも、2,4−または3,4−ジメチルフェニルでも、2,4−ジメチル−5−メトキシフェニルでも、2−メトキシ−3,4−ジクロロフェニルでも、2−メトキシでも、5−ブロモフェニル−3,4−ジオキシエチレンフェニルでも、3,4−ジメトキシフェニルでも、3,4−ジクロロフェニルでも、3,4−ジメチルフェニルでも、3−または4−メチルフェニルでも、4−アルコキシフェニルでも、4−フェノキシフェニルでも、4−ハロフェニルでも、4−ビフェニルでも、4−アセチルアミノフェニルでもない、化合物またはその塩。
【請求項18】
21は、−NH−C(O)−または−NH−C(O)−CH−から選択される請求項17記載の化合物。
【請求項19】
式:
【化17】

の化合物またはその塩であって、該式において、
21は、−NH−C(O)−または−NH−C(O)−CH−から選択され;そして
33は、
a)1個の−N(CH基;
b)3位で1個のCN基;
c)1個の−S(CH)基;または
d)3位および4位を
【化18】

の架橋
で置換されたフェニルである、
化合物またはその塩。
【請求項20】
式:
【化19】

の化合物またはその塩を含む組成物であって、該式において、
19は、
【化20】

から選択され;
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;ここで、
0〜2個のZ10、Z11、Z12またはZ13はNであり;
少なくとも1個のZ14、Z15およびZ16は、N、NR’、SまたはOであり;
0〜1個のZ14、Z15およびZ16は、SまたはOであり;
0〜2個のZ14、Z15およびZ16は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は可溶化基であり;および
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化21】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;そして
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールから選択され、ただし、
19が、
【化22】

かつ、R21が−NR’−C(O)−の場合、R31は、4−シアノフェニルでも
【化23】

でもなく;
19
【化24】

であり、R21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;そして
19
【化25】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13がそれぞれCHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−である場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではなく、
該組成物は、発熱物質を含まない、
組成物。
【請求項21】
請求項1〜19のいずれかの化合物を含む組成物であって、発熱物質を含まない組成物。
【請求項22】
a)式:
【化26】

の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグと、
b)薬学的に受容可能なキャリアまたは希釈剤とを含む薬学的組成物であって、該式において、
19は、
【化27】

から選択され、
10、Z11、Z12およびZ13は、それぞれ独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
14、Z15およびZ16は、それぞれ独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;ここで、
0〜2個のZ10、Z11、Z12またはZ13は、Nであり;
少なくとも1個のZ14、Z15およびZ16は、N、NR’、SまたはOであり;
0〜1個のZ14、Z15およびZ16は、SまたはOであり;
0〜2個のZ14、Z15およびZ16は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化28】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;そして
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールから選択され、ただし、
19
【化29】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は、4−シアノフェニルでも
【化30】

でもなく;
19
【化31】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;そして
19
【化32】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、およびR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、薬学的組成物。
【請求項23】
薬学的に受容可能なキャリアまたは希釈剤と、請求項1〜19のいずれかに記載の化合物とを含む薬学的組成物。
【請求項24】
式:
【化33】

の化合物またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを含む包装された医薬品であって、該式において、
19は、
【化34】

ら選択され;ここで、
10、Z11、Z12およびZ13は、それぞれ独立して、N、CR20またはCR’から選択され;および
14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’ら選択され;
0〜2個のZ10、Z11、Z12またはZ13は、Nであり;
少なくとも1個のZ14、Z15およびZ16は、N、NR’、SまたはOであり;
0〜1個のZ14、Z15およびZ16は、SまたはOであり;
0〜2個のZ14、Z15およびZ16は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は可溶化基であり;そして
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化35】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択される)および
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールから選択され、ただし、
19が、
【化36】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化37】

でもなく;
19
【化38】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;そして
19
【化39】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13がそれぞれCHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
医薬品。
【請求項25】
請求項1〜19のいずれかに記載の化合物と、サーチュインを調節する該化合物を使用するための指示書とを含む、包装された医薬品。
【請求項26】
真核細胞の生存を促進するための方法であって、該細胞に式:
【化40】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを接触させる工程を包含し、該式において、
19は、
【化41】

から選択され;ここで
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;そして
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化42】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;そして
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化43】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化44】

でもなく;
19
【化45】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;および
19
【化46】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項27】
前記化合物が前記細胞の寿命を延ばす、請求項26記載の方法。
【請求項28】
前記化合物が、前記細胞がストレスに抵抗する能力を増強する、請求項26記載の方法。
【請求項29】
前記ストレスが、熱ショック、浸透圧性ストレス、DNA損傷、適切ではない塩濃度、適切ではない窒素濃度または適切ではない栄養レベルの1以上である請求項28記載の方法。
【請求項30】
前記化合物が、前記細胞上で栄養制限の影響を模倣する請求項28記載の方法。
【請求項31】
前記真核細胞が、哺乳動物細胞である請求項28記載の方法。
【請求項32】
被験体における細胞死または老化に関連する疾患または障害を治療または予防する方法であって、治療または予防を必要とする被験体に、治療有効量の式:
【化47】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与する工程を含み、該式において、
19は、
【化48】

から選択され;ここで、
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;そして
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化49】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;そして
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化50】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化51】

でもなく;
19
【化52】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;そして
19
【化53】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項33】
前記老化が関連する疾患が、発作、心血管疾患、関節炎、高血圧またはアルツハイマー病である請求項32記載の方法。
【請求項34】
被験体におけるインシュリン抵抗性、メタボリック症候群、糖尿病またはこれらの合併症を治療または予防するため、あるいは被験体におけるインシュリン感受性を増加させるための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の式:
【化54】

の化合物、あるいはまたはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与する工程を包含し、該式において、
19は、
【化55】

から選択され;
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;ここで、
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;そして
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化56】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化57】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化58】

でもなく;
19
【化59】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;そして
19
【化60】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項35】
被験体の体重を減らすためか、あるいは被験体における体重増加を防止するための方法であって、それを必要とする被験体に治療有効量の式:
【化61】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与する工程を包含し、該式において、
19は、
【化62】

から選択され;
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;そして
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化63】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化64】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化65】

でもなく;
19
【化66】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;そして
19
【化67】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項36】
前記被験体が、サーチュイン活性化化合物の非存在下で体重減少を起こすのに十分な程度まで、カロリー消費を減らさず、活動を増加させず、これらの組み合わせも行わない、請求項35記載の方法。
【請求項37】
脂肪前駆細胞の分化を防止するための方法であって、該脂肪前駆細胞を、式:
【化68】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグと接触させる工程を包含し、該式において、
19は、
【化69】

から選択され;ここで、
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’か
ら選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20または
CR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;および
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化70】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化71】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化72】

でもなく;
19
【化73】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;および
19
【化74】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHで
あり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項38】
被験体の寿命を延ばすための方法であって、被験体に、治療有効量の式:
【化75】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与する工程を包含し、該式において、
19は、
【化76】

から選択され;ここで、
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化77】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化78】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化79】

でもなく;
19
【化80】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;そして
19
【化81】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項39】
被験体における神経変性障害を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の式:
【化82】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与する工程を包含し、該式において、
19は、
【化83】

から選択され;ここで、
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;および
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化84】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化85】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化86】

でもなく;
19
【化87】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;そして
19
【化88】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項40】
前記神経変性障害が、アルツハイマー病(AD)、パーキンソン病(PD)、ハンティングトン病(HD)、筋萎縮性側索硬化症(ALS;ルー・ゲーリグ病)、びまん性レヴィー小体病、舞踏病有棘赤血球増加症、原発性側索硬化症、多発性硬化症(MS)およびフリートライヒ運動失調から選択される、請求項39記載の方法。
【請求項41】
被験体における血液凝固障害を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に治療有効量の式:
【化89】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与する工程を包含し、該式において、
19は、
【化90】

から選択され;ここで、
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;および
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化91】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化92】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化93】

でもなく;
19
【化94】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;そして
19
【化95】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項42】
前記血液凝固障害が、血栓塞栓症、深部静脈血栓症、肺塞栓症、発作、心筋梗塞、流産、抗トロンビンIII欠乏症に関連する血栓形成傾向、プロテインC欠乏症、プロテインS欠乏症、活性化プロテインC抵抗性、異常フィブリノゲン血症、線維素溶解性障害、ホモシスチン尿症、妊娠、炎症障害、骨髄増殖性障害、動脈硬化、狭心症、播種性血管内凝固症候群、血栓性血小板減少性紫斑病、癌転移、鎌状赤血球症、糸球体腎炎、薬物性血小板減少症および治療的血餅融解または血管形成術または外科手術などの手段の間のまたはその後の再閉塞から選択される、請求項41記載の方法。
【請求項43】
眼疾患または眼障害を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の式:
【化96】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含み、該式において、
19は、
【化97】

から選択され;
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化98】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化99】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化100】

でもなく;
19
【化101】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;
19
【化102】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項44】
前記眼疾患または眼障害が、視覚障害、緑内障、視神経炎、黄斑変性または前部虚血性視神経障害である請求項43記載の方法。
【請求項45】
前記視覚障害が、視神経または中枢神経系への損傷によって起こる、請求項44記載の方法。
【請求項46】
前記損傷が、高い眼内圧、視神経の腫脹、または虚血によって起こる請求項45記載の方法。
【請求項47】
前記視覚障害が、網膜の損傷により起こる請求項44記載の方法。
【請求項48】
前記損傷が、網膜への血流の妨害または黄斑の破壊により起こる請求項46記載の方法。
【請求項49】
化学療法薬により誘導されるニューロパシーを治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の式:
【化103】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含み、該式において、
19は、
【化104】

から選択され;
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化105】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化106】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化107】

でもなく;
19
【化108】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;そして
19
【化109】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項50】
前記化学療法薬が、ビンカアルカロイドまたはシスプラチンを含む請求項49記載の方法。
【請求項51】
虚血の事象または疾患に関連するニューロパシーを治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の式:
【化110】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含み、該式において、
19は、
【化111】

から選択され;
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;および
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化112】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化113】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化114】

でもなく;および
19
【化115】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;および
19
【化116】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項52】
前記虚血の事象が、発作、冠動脈性心疾患(うっ血性心不全または心筋梗塞を含む)、発作、気腫、出血性ショック、不整脈(たとえば、心房性細動)、末梢血管疾患、または移植関連損傷である請求項51記載の方法。
【請求項53】
ポリグルタミン疾患を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の式:
【化117】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含み、該式において、
19は、
【化118】

から選択され;
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化119】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化120】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化121】

でもなく;および
19
【化122】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;および
19
【化123】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHで
あり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項54】
前記ポリグルタミン疾患が、脊髄延髄筋萎縮(ケネディー病)、ハンティングトン病、歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症(Haw River症候群)、1型脊髄小脳失調、2型脊髄小脳失調、3型脊髄小脳失調(マチャド−ジョセフ病)、6型脊髄小脳失調、7型脊髄小脳失調、または17型脊髄小脳失調である請求項53記載の方法。
【請求項55】
さらに、治療有効量のHDAC I/II インヒビターを投与することを含む請求項53記載の方法。
【請求項56】
増加したミトコンドリア活性から利益を受ける被験体において、疾患または障害を治療するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の式:
【化124】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含み、該式において、
19は、
【化125】

から選択され;
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化126】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化127】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化128】

でもなく;および
19
【化129】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;および
19
【化130】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項57】
さらに、前記被験体に、ビタミン、補因子、または酸化防止剤の1種以上を投与することを含む請求項56記載の方法。
【請求項58】
さらに、前記被験体に、補酵素Q10、L−カルニチン、チアミン、リボフラビン、ニコチンアミド、フォレート、ビタミンE、セレン、リポ酸またはプレドニゾンの1種以上を投与することを含む請求項56記載の方法。
【請求項59】
さらに、前記被験体に、前記疾患または障害の症状を緩和する薬剤の1種以上を投与することを含む.請求項56記載の方法。
【請求項60】
前記薬剤が、発作、ニューロパシー性疼痛または心臓機能不全を緩和する請求項59記載の方法。
【請求項61】
前記障害が、ミトコンドリア活性を減少させる医薬製剤の投与と関連する請求項59記載の方法。
【請求項62】
前記医薬製剤が、逆トランスクリプターゼインヒビター、プロテアーゼインヒビター、またはジヒドロオロテートデヒドロゲナーゼ(DHOD)のインヒビターである請求項61記載の方法。
【請求項63】
運動能力または筋肉持久力を強化する、あるいは疲労を減らす、あるいは疲労からの回復を増強するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の式:
【化131】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含み、該式において、
19は、
【化132】

から選択され;
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化133】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化134】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化135】

でもなく;および
19
【化136】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;および
19
【化137】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニ
ルではない、
方法。
【請求項64】
前記被験体が運動選手である請求項63記載の方法。
【請求項65】
前記疲労が、化学療法薬の投与に関連する請求項63記載の方法。
【請求項66】
運動能力または筋肉持久力が低下している状態を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の式:
【化138】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含み、該式において、
19は、
【化139】

から選択され;
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化140】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化141】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化142】

でもなく;および
19
【化143】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;および
19
【化144】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項67】
前記状態が、筋ジストロフィ、神経筋障害、マッカードル病、重症筋無力症、筋肉の損傷、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症または加齢性筋肉減少症である請求項66記載の方法。
【請求項68】
低酸素症または虚血に関連する筋肉組織の損傷を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の式:
【化145】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含み、該式において、
19は、
【化146】

から選択され;
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化147】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化148】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化149】

でもなく;および
19
【化150】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;および
19
【化151】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項69】
被験体における筋肉ATPレベルを増加させるための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の式:
【化152】

の化合物、あるいはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグの少なくとも1種の化合物を投与することを含み、該式において、
19は、
【化153】

から選択され;
各Z10、Z11、Z12およびZ13は、独立して、N、CR20またはCR’から選択され;
各Z14、Z15およびZ16は、独立して、N、NR’、S、O、CR20またはCR’から選択され;
10、Z11、Z12またはZ13の0〜2個は、Nであり;
14、Z15およびZ16の少なくとも1個は、N、NR’、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜1個は、SまたはOであり;
14、Z15およびZ16の0〜2個は、NまたはNR’であり;
0〜1個のR20は、可溶化基であり;および
0〜1個のR’は、必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルであり;
各R20は、独立して、Hまたは可溶化基から選択され;
21は、−NR’−C(O)−、−NR’−S(O)−、−NR’−C(O)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−NR’−、−NR’−C(=NR’)−NR’−、−C(O)−NR’−、−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−、−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−、−NR’−S(O)−NR’−、−NR’−C(O)−NR’−S(O)−、−NR’−CR’R’−C(O)−NR’−、−CR’R’−C(O)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’=CR’−CR’R’−、−NR’−C(=N−CN)−NR’−、−NR’−C(O)−CR’R’−O−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−O−、−NR’−S(O)−CR’R’−、−NR’−S(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−、−NR’−C(O)−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(S)−NR’−CR’R’−CR’R’−、−NR’−C(O)−O−、
【化154】

から選択され;
各R’は、独立して、Hまたは必要に応じて置換されたC−C直鎖または分岐状のアルキルから選択され;
31は、必要に応じて置換された単環式または二環式アリール、または必要に応じて置換された単環式または二環式ヘテロアリールであって、ただし、
19
【化155】

であり、かつR21が−NR’−C(O)−の場合、R31は4−シアノフェニルでも
【化156】

でもなく;および
19
【化157】

であり、かつR21が−NR’−S(O)−の場合、R31は、4−メトキシフェニルでも4−t−ブチルフェニルでもなく;および
19
【化158】

であり、Z10、Z11、Z12およびZ13が、それぞれ、CHであり、R20がHであり、かつR21が−NHC(O)−の場合、R31は、必要に応じて置換されたフェニルではない、
方法。
【請求項70】
前記化合物が、サーチュインタンパク質のレベルまたは活性の少なくとも1つを増加させる請求項26〜69のいずれか1つに記載の方法。
【請求項71】
前記化合物が、前記サーチュインタンパク質のデアセチラーゼ活性を増加させる請求項70記載の方法。
【請求項72】
前記サーチュインタンパク質が、哺乳動物のタンパク質である請求項70記載の方法。
【請求項73】
前記サーチュインタンパク質が、ヒトSIRT1である請求項70記載の方法。
【請求項74】
前記サーチュインタンパク質が、ヒトSIRT3である請求項70記載の方法。
【請求項75】
前記化合物が、SIRT1および/またはSIRT3タンパク質の脱アセチル化活性を増加させるのに有効な該化合物の濃度で、PI3−キナーゼの阻害活性、アルドレダクターゼの阻害活性、チロシンキナーゼの阻害活性、EGFRチロシンキナーゼのトランス活性化活性、冠状脈拡張活性または鎮痙活性の1以上を、実質的に有さない請求項70記載の方法。
【請求項76】
真核細胞の生存を促進するための方法であって、該細胞を、請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグと接触させる工程を包含する、方法。
【請求項77】
前記化合物が、前記細胞の寿命を延ばす請求項76記載の方法。
【請求項78】
前記化合物が、前記細胞がストレスに抵抗する能力を増加させる、請求項76記載の方法。
【請求項79】
前記ストレスが、熱ショック、浸透圧性ストレス、DNA損傷、適切ではない塩濃度、適切ではない窒素濃度または適切ではない栄養レベルの1以上である請求項78記載の方法。
【請求項80】
前記化合物が、前記細胞に対する栄養制限の影響を模倣する請求項78記載の方法。
【請求項81】
前記真核細胞が、哺乳動物細胞である請求項78記載の方法。
【請求項82】
被験体における細胞死または老化に関連する疾患または障害を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む、方法。
【請求項83】
前記老化関連疾患が、発作、心血管疾患、関節炎、高血圧またはアルツハイマー病である請求項82記載の方法。
【請求項84】
被験体において、インシュリン抵抗性、メタボリック症候群、糖尿病またはこれらの合併症を治療または予防する、あるいはインシュリン感受性を増加させるための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む、方法。
【請求項85】
被験体において、被験体の体重を減らす、または体重増加を予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項86】
前記被験体は、サーチュイン活性化化合物の非存在下で体重減少を起こすのに十分な程度まで、カロリー消費を減らさず、活動を増加させず、これらの組み合わせも行わない請求項85記載の方法。
【請求項87】
脂肪前駆細胞の分化を防止するための方法であって、該脂肪前駆細胞を、請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグと接触させることを含む方法。
【請求項88】
被験体の寿命を延ばすための方法であって、被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項89】
被験体における神経変性障害を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項90】
前記神経変性障害が、アルツハイマー病(AD)、パーキンソン病(PD)、ハンティングトン病(HD)、筋萎縮性側索硬化症(ALS;ルー・ゲーリグ病)、びまん性レヴィー小体病、舞踏病有棘赤血球増加症、原発性側索硬化症、多発性硬化症(MS)およびフリートライヒ運動失調から選択される請求項89記載の方法。
【請求項91】
被験体における血液凝固障害を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項92】
前記血液凝固障害が、血栓塞栓症、深部静脈血栓症、肺塞栓症、発作、心筋梗塞、流産、抗トロンビンIII欠乏症に関連する血栓形成傾向、プロテインC欠乏症、プロテインS欠乏症、活性化プロテインC抵抗性、異常フィブリノゲン血症、線維素溶解性障害、ホモシスチン尿症、妊娠、炎症障害、骨髄増殖性障害、動脈硬化、狭心症、播種性血管内凝固症候群、血栓性血小板減少性紫斑病、癌転移、鎌状赤血球症、糸球体腎炎、薬物性血小板減少症および治療的血餅融解または血管形成術または外科手術などの手段の間のまたはその後の再閉塞から選択される請求項91記載の方法。
【請求項93】
眼疾患または眼障害を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項94】
前記眼疾患または眼障害が、視覚障害、緑内障、視神経炎、黄斑変性または前部虚血性視神経障害から選択される請求項93記載の方法。
【請求項95】
前記視覚障害が、視神経または中枢神経系への損傷によって起こる請求項94記載の方法。
【請求項96】
前記損傷が、高い眼内圧、視神経の腫脹または虚血により起こる請求項95記載の方法。
【請求項97】
前記視覚障害が、網膜の損傷により起こる請求項94記載の方法。
【請求項98】
前記損傷が、網膜への血流の妨害または黄斑の破壊によって起こる請求項97記載の方法。
【請求項99】
化学療法薬により誘導されるニューロパシーを治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項100】
前記化学療法薬が、ビンカアルカロイドまたはシスプラチンを含む請求項99記載の方法。
【請求項101】
虚血の事象または疾患に関連するニューロパシーを治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項102】
前記虚血の事象が、発作、冠動脈性心疾患(うっ血性心不全または心筋梗塞を含む)、発作、気腫、出血性ショック、不整脈(たとえば、心房性細動)、末梢血管疾患または移植関連損傷である請求項101記載の方法。
【請求項103】
ポリグルタミン疾患を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項104】
前記ポリグルタミン疾患が、脊髄延髄筋萎縮(ケネディ疾患)、ハンティングトン病、歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症(Haw River症候群)、1型脊髄小脳失調、2型脊髄小脳失調、3型脊髄小脳失調(マチャド−ジョセフ病)、6型脊髄小脳失調、7型脊髄小脳失調または17型脊髄小脳失調である請求項103記載の方法。
【請求項105】
さらに、治療有効量のHDAC I/IIインヒビターを投与することを含む請求項103記載の方法。
【請求項106】
増加したミトコンドリア活性から利益を受ける被験体において、疾患または障害を治療するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項107】
さらに、ビタミン、補因子または酸化防止剤の1種以上を前記被験体に投与することを含む請求項106記載の方法。
【請求項108】
さらに、補酵素Q10、L−カルニチン、チアミン、リボフラビン、ニコチンアミド、フォレート、ビタミンE、セレン、リポ酸またはプレドニゾンの1種以上を前記被験体に投与することを含む請求項106記載の方法。
【請求項109】
さらに、前記疾患または障害の症状を緩和する1種以上の薬剤を前記被験体に投与することを含む請求項106記載の方法。
【請求項110】
前記薬剤が、発作、ニューロパシー性疼痛または心臓機能不全を緩和する請求項109記載の方法。
【請求項111】
前記障害が、ミトコンドリア活性を減少させる医薬製剤の投与に伴う請求項106記載の方法。
【請求項112】
前記医薬製剤が、逆トランスクリプターゼインヒビター、プロテアーゼインヒビターまたはジヒドロオロテートデヒドロゲナーゼ(DHOD)のインヒビターである請求項111記載の方法。
【請求項113】
運動能力または筋肉持久力を強化する、あるいは疲労を減らす、あるいは疲労からの回復を増強するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項114】
前記被験体が運動選手である請求項113記載の方法。
【請求項115】
前記疲労が、化学療法薬の投与に関連する請求項113記載の方法。
【請求項116】
運動能力または筋肉持久力が低下している状態を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項117】
前記状態が、筋ジストロフィ、神経筋障害、マッカードル病、重症筋無力症、筋肉の損傷、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症または加齢性筋肉減少症である請求項116記載の方法。
【請求項118】
低酸素症または虚血に関連する筋肉組織の損傷を治療または予防するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項119】
被験体における筋肉ATPレベルを増加するための方法であって、それを必要とする被験体に、治療有効量の請求項1〜19のいずれかに記載の少なくとも1種の化合物、またはその薬学的に受容可能な塩またはプロドラッグを投与することを含む方法。
【請求項120】
前記化合物が、サーチュインタンパク質のレベルまたは活性のいずれか1つを増加させる請求項76〜119のいずれか1つに記載の方法。
【請求項121】
前記化合物が、前記サーチュインタンパク質のデアセチラーゼ活性を増加させる請求項120記載の方法。
【請求項122】
前記サーチュインタンパク質が哺乳動物のタンパク質である請求項120記載の方法。
【請求項123】
前記サーチュインタンパク質が、ヒトSIRT1である請求項120記載の方法。
【請求項124】
前記サーチュインタンパク質が、ヒトSIRT3である請求項120記載の方法。
【請求項125】
前記化合物が、SIRT1および/またはSIRT3タンパク質の脱アセチル化活性を増加させるのに有効な該化合物の濃度において、PI3−キナーゼの阻害活性、アルドレダクターゼの阻害活性、チロシンキナーゼの阻害活性、EGFRチロシンキナーゼのトランス活性化活性、冠状脈拡張活性または鎮痙活性の1以上を、実質的に有さない請求項120記載の方法。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate


【公開番号】特開2012−214480(P2012−214480A)
【公開日】平成24年11月8日(2012.11.8)
【国際特許分類】
【外国語出願】
【出願番号】特願2012−125926(P2012−125926)
【出願日】平成24年6月1日(2012.6.1)
【分割の表示】特願2008−525240(P2008−525240)の分割
【原出願日】平成18年8月4日(2006.8.4)
【出願人】(507239341)サートリス ファーマシューティカルズ, インコーポレイテッド (32)
【Fターム(参考)】