説明

長瀬産業株式会社により出願された特許

111 - 120 / 137


【課題】 反応において低温かつ安全性が懸念される物質を使用することなく、7−ヒドロキシインドールおよびその誘導体を効率良く製造し得る方法を提供すること。
【解決手段】 医薬中間体として有用な7−ヒドロキシインドールおよびその誘導体の製造方法が開示されている。本発明の7−ヒドロキシインドールまたはその誘導体の製造方法は、以下の式(IV):
【化1】


(ここで、R、RおよびRは、それぞれ独立して、水素原子;ハロゲン原子;直鎖または分岐鎖状のC〜Cアルキル基;あるいは直鎖または分岐鎖状のC〜Cアルコキシ基である)で表される化合物を脱水素する工程;を包含する。 (もっと読む)


【課題】 微生物において工業化可能なレベルのエポキシドハイドロラーゼ(EH)を発現させる方法、およびEHを安定化させる方法を提供すること。
【解決手段】 本発明は、微生物を4%から20%の濃度のデンプンを含む培地中で培養する工程を含む、エポキシドハイドロラーゼの活性が高められた微生物の製造方法を提供する。1つの実施態様では、このエポキシドハイドロラーゼは、バチルス・サチルス由来である。本発明はまた、固定化エポキシドハイドロラーゼの製造方法を提供し、該方法は、エポキシド加水分解活性を有する微生物を4%から20%の濃度のデンプンを含む培地中で培養する工程、および得られた培養物を固定化および/または乾燥させる工程を含む。この方法により得られる固定化エポキシドハイドロラーゼは、保存性に優れかつ操作性が高い。 (もっと読む)


【課題】植物材料から広義のペクチンを製造するにあたり、強酸のような比較的厳しい反応条件を使用することなく、かつ比較的高温条件において、高分子量を有するペクチンをより簡易にかつ効率良く製造することができる、耐熱性ペクチンリアーゼおよびそれを用いたペクチンの製造方法を提供すること。
【解決手段】本発明は、耐熱性に優れるペクチンリアーゼおよび当該リアーゼを用いたペクチンの製造方法を提供する。本発明のペクチンリアーゼ[EC4.2.2.10]は、代表的には、バチラス・リケニフォルミス(Bacillus licheniformis)由来であり、かつ至適反応温度が60℃以上である。このペクチンリアーゼを植物材料に作用させることにより、比較的高分子量でなるペクチンを効率良く製造することができる。 (もっと読む)


【課題】 安全でありかつ優れた骨粗鬆症予防および改善作用を有する食品素材を提供すること。
【解決手段】 本発明は、マイタケから得られ得る骨形成促進活性を有する物質を有効成分として含む骨形成促進剤を提供し、該物質は、水存在下で親水性溶媒に可溶性であり、そして水と二層を形成し得る溶媒および水の共存下で水溶性である。本発明の骨形成促進剤は、乾燥または生のマイタケを水存在下で親水性溶媒に浸漬して、抽出液を得る工程;および該抽出液とC4〜C6アルコール水溶液とを混合して、水層を得る工程;を包含する方法によって製造され得る。 (もっと読む)


【課題】 デジタルデータにて表現された著作物を適正に保護しつつ、この種のデータを利用するときの利便性を向上させる。
【解決手段】 記録媒体52から読み出されたデジタルの音声データはインタフェース13に入力される。D/A変換器21は、この音声データをアナログの音声信号に変換して出力する。A/D変換器23は、D/A変換器21から出力された音声信号をデジタルの音声データに変換して出力する。制御装置10は、音声データの複製を制限する複製制限機能が記録媒体52に付加されているか否かを判定し、この機能が付加されていないと判定した場合には、インタフェース13から入力された音声データを記憶装置15に格納する一方、複製制限機能が付加されていると判定した場合には、A/D変換器23から出力された音声データを記憶装置15に格納する。 (もっと読む)


【課題】 新規な基質特異性を有する水酸化酵素を提供すること。特に、化学合成法あるいは既知の水酸化酵素を用いる生化学的方法では製造が困難である水酸化された化合物を製造する方法を提供すること。
【解決手段】 放線菌から水酸化酵素の遺伝子をコードするDNAを単離し、該DNAを含む組換えベクターで形質転換された微生物の形質転換体を得る。この形質転換体は新規な基質特異性を有する水酸化酵素を生産する。さらに、この形質転換体の培養物から水酸化された化合物を採取することにより、水酸化された化合物を製造することができる。 (もっと読む)


四級アンモニウムビフルオリド化合物およびそれを用いた立体選択的なニトロアルコールの製造方法を開示する。本発明の四級アンモニウムビフルオリド化合物は、以下の式(I):


で表される。上記式(I)の化合物の存在下、ニトロアルカン化合物をシリル化したシリルニトロネートとアルデヒドとを反応させることにより、立体的に高度に選択されたニトロアルコールを製造することができる。
(もっと読む)


【課題】光曝露によって部材表面の色彩変化を起こすことなく、長期にわたってその色彩を保持し得る、耐光性に優れたポリフェニレンサルファイド部材を製造するための薬剤組成物、および該薬剤組成物を用いた耐光性に優れるポリフェニレンサルファイド部材の製造方法を提供する。
【解決手段】特定構造を有する少なくとも1種の紫外線吸収剤および必要に応じて分散剤およびカバリング剤のうちの少なくとも一方を含有する薬剤組成物が提供される。この組成物を処理液の形態で、ポリフェニレンサルファイド基材を接触させることにより、耐光性に優れたポリフェニレンサルファイド部材が得られる。カバリング剤は特定構造を有する化合物の乳化物でなり、該カバリング剤を含有する処理液にさらに分散染料を含有させることにより、ポリフェニレンサルファイドに対する染色能が向上する。 (もっと読む)


【課題】見栄えが良く高級感があり、不陸に良好に対応し、床の振動音を良好に吸収し、施工性および耐久性に優れ、かつ、製造効率に優れた巾木を提供する。
【解決手段】巾木10は、室内空間側の下端部に突出部12を有する板状の本体11と、突出部12の壁側の面および本体11の壁側の下端部14に固着され、突出部12よりも床面側に突出して該床面と当接する、可撓性の不陸対応部15とを有する。好ましくは、本体10は、木粉含有樹脂組成物で形成されている。好ましくは、本体10と不陸対応部15とは、共押し出しにより一体成形されている。 (もっと読む)


【課題】複数の半導体部材を混載した半導体装置の封止に適したシート状接着体を提供する。
【解決手段】フィルムのうえに品質特性の異なる複数種のエポキシ樹脂系組成物を並列又は及び積層した3次元構造を有するシート状接着体である。エポキシ樹脂系組成物はエポキシ樹脂及び充填剤等より構成される。複数種のエポキシ樹脂系組成物は充填剤として各々シリカを含み、該シリカの特性(形状、粒径等)や含有量が異なることが好ましい。又、フィルムは剥離性、絶縁性、導電性、放熱性、低熱膨張性、遮光性、光透過性、光反射性、耐熱性、撥水性、ガス透過性、電磁波遮蔽性及び電磁波吸収性から選ばれた少なくとも一つの機能を有していることが好ましい。 (もっと読む)


111 - 120 / 137