説明

日本写真印刷株式会社により出願された特許

71 - 80 / 477


【課題】 防錆性に優れた両面透明導電膜シートとその製造方法を提供する。
【解決手段】 本発明の防錆性に優れた両面透明導電膜シートは、基体シートの両面に、中央窓部に透明導電膜の電極パターンが形成され、外枠縁部に当該電極パターンのための細線引き回し回路パターンが形成され、当該両面の電極パターンおよび細線引き回し回路パターンが異なる両面透明導電膜シートであって、片面又は両面において少なくとも細線引き回し回路パターン上に透光性の防錆用塗膜層が端子部は除いて被覆形成されている。 (もっと読む)


【課題】第1シートと第2シートとの位置ずれを検出する検査装置を提供する。
【解決手段】複数の第1透明電極パッドを電気的に接続して構成される第1電極が複数組形成された第1シートと、複数の第2透明電極パッドを電気的に接続して構成される第2電極が複数組形成された第2シートとを貼り合わせて形成された静電容量センサ30において、第1透明電極パッドと第2透明電極パッドとの相対的な位置ずれを検査する検査装置100は、第1シート上を走査するプローブ1と、当該プローブ1が走査される位置に対向する第2シート上の位置を少なくとも含む所定の領域を接地する接地部4と、第1電極の夫々と電気的に接続された端子電極に入力する検査信号を生成する信号発生部5と、プローブ1を介して取得された信号に基づいて第1シートと第2シートとの位置ずれを示す位置ずれ情報を演算する位置ずれ情報演算部6と、を備える。 (もっと読む)


【課題】携帯デバイスなどの電子機器の筐体表面に、金属様外観を付与するための金属層と、アンテナなどとして機能可能な導電層とを設ける。
【解決手段】アンテナなどとして機能可能な導電層26、物体16に金属様外観を付与する金属層22、導電層26と金属層22とを絶縁する絶縁層24、および接着層20を有し、物体16表面に転写される転写箔18において、絶縁層24が透明であって、導電層26が、金属層22より反物体側に位置し、且つ、銀ナノファイバー30を透明なバインダー樹脂32に分散してなる透明導電性材料34から作製されて透明である。 (もっと読む)


【課題】情報入力装置において押圧操作により確実な情報入力が行えるよう、感度の精度を向上させた圧力検出部を得る。
【解決手段】情報入力装置においてパネル部材の周縁部に配置され、パネル部材に対する押圧操作を検出する圧力検出部を、第1基板21と、第1基板21に対向して配置される第2基板22と、第1基板21と第2基板22との間に配置される感圧層と、感圧層を介した抵抗変化を検出するよう、第1基板21に設けられた第1電極21Aと第2基板22に設けられた第2電極22Aとを備え、第1電極21A及び第2電極22Aを、第1基板21及び第2基板22の法線上において対向しない位置に設け、第1電極21A、第2電極22A、及び感圧層によりループ状の直列回路を形成するよう構成した。 (もっと読む)


【課題】大型化することなく、大きな基材に対しても加飾が可能な加飾装置を提供する。
【解決手段】底部1aと周壁部1bとを有し、底部1aに基材3を載置する載置部4を設けた第1チャンバー1と、天井部2aと周壁部2bとを有し、第1チャンバー1との間に加飾シートSを挟みつつ、周壁部1bに当該周壁部2bを当接して第1チャンバー1との間に密閉空間を形成する位置と、第1チャンバー1から離間する位置とに移動可能な第2チャンバー2と、第1チャンバー1内を減圧する減圧機構5と、第1チャンバー1に設けられ、周壁部1bにおいて加飾シートを挟持するシート挟持面1Aの位置よりも第2チャンバー2の側に向けて突出する位置であって、基材3から第2チャンバー2の側に向けて離間した位置に加飾シートSを保持可能に構成されたリフト機構6と、を備えた。 (もっと読む)


【課題】表面側基板のスイッチ部が経時的に大きく凹むことがなく、外観の劣化を防止することができ、接点の耐久性が問題とならない、保護パネル及び電子機器を提供する。
【解決手段】周辺スイッチ用上部電極6Gと周辺スイッチ用下部電極5Gとに接触するとともに基材用接着層17の貫通孔10内に感圧導電部材25を配置し、周辺スイッチ12に作用する力が、上部電極基材と上部電極とを介して感圧導電部材に伝達され、電流が流れることにより上部電極と下部電極との間で導通が行われる。 (もっと読む)


【課題】 金属メッシュ層に耐湿性、耐スクラッチ性、防塵性の問題がないフレキシブルケーブルが装着されたメッシュシート付き樹脂成形品を得ることができ、容易にメッシュシート付き樹脂成形品にフレキシブルケーブルを装着することができる。
【解決手段】
支持シートが成形キャビティ面に面するように耐熱テープ付きのメッシュシートを成形用金型に配置した後に成形キャビティ内に成形樹脂を射出後冷却し、
樹脂成形品の表面に露出した部分の耐熱テープを樹脂成形品から剥離した後に耐熱テープを引き抜くことによって金属メッシュ層と樹脂成形品との間に空隙を形成し、
金属メッシュ層と樹脂成形品との間の空隙にフレキシブルケーブルを挿入するようにする。 (もっと読む)


【課題】 回路規模が大きくなったり、またコストが高くなったりすることなく、センサに触れた際の接触座標の検出に加えて同時に押下の強弱等の他の検出が可能な、すなわち複数の検出機能を有する静電容量検出回路を提供することを目的とする。
【解決手段】 指や掌の接触による容量変化を検出する静電容量検出回路であって、さらに当該回路の放電経路中に放電用抵抗と機能切り替えスイッチにて切り替え可能で、かつ指や掌の押下強度により抵抗値が変化する圧力センサを付加することにより、接触座標の検出と押下圧を同時に検出できる機能を具備する複数の検出機能を有する静電容量検出回路。 (もっと読む)


【課題】マット層形成インキ(以下「エンボスインキ」と表現する)を用いて部分マットハードコート転写シートを作成するとき、版胴に形成された不要なインキをドクター刃で完全に除去しきれず転写シートに地汚れが生じる点である。
【解決手段】転写シートにグラビア印刷により印刷し、マット形状を形成するために用いるフィラーとビヒクルからなるエンボスインキである。フィラーは吸油量が100以上300ml/100g以下であり、ビヒクルはOH価が70mgKOH/g以下の樹脂である。ビヒクル1重量部とフィラーを0.05重量部以上0.10重量部以下混合した。 (もっと読む)


【課題】押圧操作による圧力が感圧センサに対して良好に伝達されて、押圧操作による情報入力が確実に行える情報入力装置を得る。
【解決手段】情報入力装置に、押圧操作による入力指示が可能なパネル部材4と、パネル部材4の周縁部を支持するよう装置本体に設けられた支持部2bと、パネル部4と支持部2bとの間に配置され、入力指示を検出可能な圧力検出部20とを備え、圧力検出部20が、パネル部材4の側に配置される第1基板21と、第1基板21に対向しつつ支持部2bの側に配置される第2基板22と、第1基板21と第2基板22との間に配置され、これら両基板の挟持圧により電位を生じる感圧センサ23と、感圧センサ23に対してパネル部材4の反中央側にのみ位置し、第1基板21および第2基板22を接続する接続部24とを備えた。 (もっと読む)


71 - 80 / 477