説明

株式会社フジシールインターナショナルにより出願された特許

171 - 180 / 641


【課題】薄厚状の商品を収容する包装容器において、包装容器自体を自立可能にして別途陳列具を用いなくても効果的に商品を商品棚等に陳列させることができること、持ち運び時には収容される商品の厚さに合わせて収容空間を偏平状にして嵩張ることなく持ち運ぶことができること。
【解決手段】第2形態変更線29を非折り曲げ状態にして第1底面形成片15と第2底面形成片16とによって底面を形成して正面壁形成片10の下辺と側部折り曲げ片11,12の下辺11A,12Aとで包装容器1を自立可能にする第1の状態と、第2形態変更線29を折り曲げ状態にして第2底面形成片16を背面壁形成片14と略同一面状にすることで収容空間Mを偏平状にする第2の状態とを切り替え可能にした。 (もっと読む)


【課題】カバー部材の収納凹部の形成位置や形状に拘わらず、自立させることができるブリスター容器を提供する。
【解決手段】ブリスター容器1は、シート材の面内の一部分を凸状に変形させることによって、商品を収納する収納凹部5と前記収納凹部5の開口縁の周囲から延出されたフランジ部6とが形成されているカバー部材2と、前記フランジ部の裏面に添付され且つ前記収納凹部の開口を閉塞する閉塞シート3と、を有し、前記カバー部材のフランジ部の下縁6aを設置面上に置いたときにブリスター容器が自立するように、前記フランジ部の両側部61,62が、収納凹部の開口縁よりも収納凹部の突出面55側に曲げられた部分を有する。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、2つの片を接着することによって下面壁が形成されている包装ケースにおいて、その接着部分が剥がれ難く改良することである。
【解決手段】 本発明の包装ケース1は、シート材を組み立てて形成されており、正面壁2と背面壁3を有する筒状壁4と、前記筒状壁4の下方開口を塞ぐ下面壁6と、を有し、前記下面壁6が、前記正面壁2の下辺に連設された第1下面片7と、前記背面壁3の下辺に連設された第2下面片8と、から形成され、前記第2下面片8の面内には、その中途部8cから連設部8d側に膨らむ有端状の切り目92が形成され、前記筒状壁4を扁平状に折り畳んだ状態において、前記切り目92で囲われた領域81の外面と前記第2下面片8の中途部8cから先端部8eまでの領域82の外面とが前記第1下面片7の外面に接着されている。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、円筒状物品の回転を防止しつつ円筒状物品を所定位置に収納することができる包装ケースを提供することである。
【解決手段】 本発明の包装ケース1は、シート材を組み立てて形成されており、円筒状物品10を収納する筒状壁4と、筒状壁4の上方開口を塞ぐ上面壁5と、筒状壁4の下方開口を塞ぎ且つ円筒状物品10が載せられる下面壁6と、を有し、筒状壁4が、平坦面の正面壁2と、正面壁2の両側辺に折り罫線を介して連設された円弧面又は多角形面の背面壁3と、を有し、上面壁5が、略台形状に形成されており、上面壁5の面内には、収納される円筒状物品10の上方外周面に近接する縁を有する穴部7が形成されており、円筒状物品10を下面壁側へ付勢する付勢片部8が、穴部7の縁の一部分から中心方向に延出されている。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、2枚のラベルを引き剥がした後、被貼付体に貼り付けなかったラベルを、貼付可能な状態で簡易に保管できる積層ラベルを提供する。
【解決手段】 本発明の積層ラベルは、基材内面に粘着面12aと剥離面13aが交互に設けられた第1ラベル1と、基材内面に粘着面22aと剥離面23aが交互に設けられた第2ラベル2と、を有し、前記第1ラベル1及び第2ラベル2の少なくとも何れか一方の基材に、折曲げ用のミシン目線19,29が形成されており、前記第1ラベル1と第2ラベル2を引き剥がした後、前記基材をその内面が重なるように前記ミシン目線19,29に沿って折り畳むことにより、前記基材の内面に設けられた粘着面12a,22aが剥離面13a,23aに対面して重なり合う。 (もっと読む)


【課題】表示面積を拡大できると共に、シワの発生を防止して見栄え良くラベルを装着することが可能な熱収縮性筒状多重ラベルを提供することである。
【解決手段】筒状多重ラベル10は、低温域(70℃)における主収縮方向の熱収縮率が外フィルム12よりも内フィルム11の方が高く、さらに、該熱収縮率の比率が、外フィルム12よりも内フィルム11の方が2.0倍以上大きくなるように設定される。なお、外フィルム12には、2本のミシン目16により形成される剥離帯15が設けられ、この剥離帯15を切断することで外フィルム12を剥離することができる。 (もっと読む)


【課題】互いに内外に重なり合って底面壁を構成する底フラップを備えた包装ケースにおいて、底フラップの底糊代部の接着面積を容易に確保することができる包装ケースを提供する。
【解決手段】正面底フラップ11と背面底フラップ12と両側面底フラップ13が折畳状態では内側に折り込まれ組立状態では互いに内外に重なり合って底面壁を構成する。正面底フラップ12と背面底フラップ12の底糊代部31が側面底フラップ13の外面にそれぞれ接着される。底糊代部31は、糊代用折り曲げ線30の先端30aよりも左右方向他端側の位置まで伸びる延長糊代部32を有し、側面底フラップ13には、底糊代部31の延長糊代部32に対応して、底フラップ用折り曲げ線10から離れる方向に伸びる突設部33が形成されている。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、不正開封したことが外見上で判別でき、一方、正規開封時には開封用横ミシン目に沿って綺麗に切断できるキャップシール包装体を提供する。
【解決手段】 本発明のキャップシール包装体1は、キャップの下端部と胴部の下端部の間に凹み部を有するキャップ付き容器2と、キャップ及び容器本体に熱収縮装着されたキャップシール3であって、一対の開封用縦ミシン目4L,4R、容器2の周方向全体に周設された開封用横ミシン目5、及び、開封用横ミシン目5と略平行に延びる補助ミシン目6Lがそれぞれ形成されたキャップシール3と、を備え、補助ミシン目6Lが開封用横ミシン目5の上方に形成されており、キャップシール3は、開封用横ミシン目5が胴部の上端部又は胴部の上端部よりも下方に位置していると共に、補助ミシン目6Lがキャップの下端部から上方に3mm離れた部分以下に位置して、熱収縮装着されている。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、センターシール部5が目立ち難い筒状ラベルを提供する。
【解決手段】 本発明の筒状ラベル1は、基材フィルム2の裏面を内側にして基材フィルム2を筒状にし、前記基材フィルム2の一側端部3と他側端部4とを重ね合わせて接着することにより、センターシール部5が形成されており、前記基材フィルム2の一側端部3が内側に曲げられ、且つ前記曲げられた基材フィルム2の一側端部3の表面と基材フィルム2の他側端部4の表面とが接着されている。 (もっと読む)


【課題】各物品の搬送状況をより的確に監視でき得る物品搬送装置を提供する。
【解決手段】物品搬送装置10は、物品100を搬送する搬送ユニット12と、搬送ユニット12による搬送状況を監視する監視ユニット18と、を備えている。監視ユニット18は、各物品100が第一検知位置P1に到達したことを検知する上流センサ20と、各物品100が第二検知位置P2に到達したことを検知する下流センサ22と、上流センサ20で検知された物品100が正常に搬送された場合に第二検知位置P2に当該物品100が到達する時間範囲を到達時間範囲として算出し、さらに、到達時間範囲内に下流センサにより物品100の到着が検知されたか否かに基づいて搬送状況の良否を各物品100ごとに判断する制御部30と、到達時間範囲および下流センサ22による検知タイミングをユーザに報知する二つのランプ26,24を備える。 (もっと読む)


171 - 180 / 641