説明

バイエル・クロツプサイエンス・アクチエンゲゼルシヤフトにより出願された特許

51 - 60 / 524


本発明は、新規の、水中に分散した農薬調製物、例えば、浸透促進剤及び繰り返し基本単位として主鎖中に4の糖分子(グルコース、グルコロン酸、グルコース、ラムノース)を含むアニオン性多糖の類からの増粘剤を含有する、農薬作用物質の水を基礎とする濃縮懸濁物、この調製物の製造方法及びこの含有される作用物質の適用方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、芝地または芝生の選択的な雑草防除のための、場合によりさらなる農薬有効成分の存在下での1種またはそれ以上の式(I)
【化1】


(R1〜R8基は請求項1に定義されるとおりである)またはそれらの塩の使用に関する。
(もっと読む)


【課題】動物害虫を駆除するために、相乗作用により優れた効果を示す組成物を提供する。
【解決手段】式(I)の化合物と、メチオカルブ、β−シフルトリン、λ−シハロトリン、およびインドキサカルブを含むファミリーに由来する少なくとも1つの知られているさらなる有効成分とを含有する殺昆虫剤混合物。また、害虫駆除のための前記混合物の使用にも関する。
(もっと読む)


本発明は、節足動物を包含する害虫を防除するための、特に、昆虫類を防除するための、ヘテロ環式化合物(その一部は既知である)の使用に関し、さらに、新規ヘテロ環式化合物及びそれらを調製する方法にも関する。 (もっと読む)


本発明は、有用植物の植物発育を改変するための、アシルスルホンアミド薬害軽減剤からなる群より選択される1つ又はそれ以上の化合物(「化合物(A)」)の使用に関する。本使用は、植物の根の成長における増加及び/又は芽の成長における調節をもたらす。 (もっと読む)


本発明は、式Iのヒドロキシモイル−テトラゾール誘導体、これらの調製の方法、特に殺真菌剤組成物の形態の殺真菌活性剤としてのこれらの使用、およびこれらの化合物または組成物を使用する、特に植物の植物病原性真菌の防除のための方法に関する。Aがテトラゾイル基を表し、Hetがピリジル基またはチアゾリル基を表し、Xが種々の置換基を表す式I。

(もっと読む)


本発明は、式I


のヒドロキシモイル−テトラゾール誘導体、これらの調製の方法、特に殺菌剤組成物の形
態の殺菌活性剤としてのこれらの使用、およびこれらの化合物または組成物を使用する、
特に植物の植物病原性真菌の防除のための方法に関し、式中、Aがテトラゾイル基を表し、Hetがピリジル基またはチアゾリル基を表し、Xが種々の置換基を表す。
(もっと読む)


本発明は、一般式(I)で表されるチアジアゾリルオキシフェニルアミジン、それらを調製する方法、望ましくない微生物を防除するための特許請求されているアミジン類の使用及び特許請求されているチアジアゾリルオキシフェニルアミジンを含んでいる前記目的のための作用剤に関する。本発明は、さらに、特許請求されている化合物を望ましくない微生物及び/又はそれらの生息環境に施用することによる望ましくない微生物の防除方法にも関する。

(もっと読む)


本発明は、一般式(I)のチアジアゾリルオキシフェニルアミジンに、これらの製造方法に、特許請求されているアミジン類の不所望の微生物の防除のための使用に、および特許請求されているチアジアゾリルオキシフェニルアミジンを含む前記目的のための薬剤に関する。本発明は、特許請求されている化合物を微生物および/またはこれらの生息場所に施用することにより不所望の微生物を防除する方法にも関する。

(もっと読む)


本発明は、一般式(I)
【化1】


(式中、Het、R1、R2、R3、R4、R5、R6及びnは、請求項1に定義された通りである)の1−(3−ジアジニル)ピラゾール−4−イル酢酸誘導体及びその塩に関する。該化合物(I)及びそれらの塩は、除草剤及び植物成長調節剤として、特に有用植物の作物において有害植物の選択的防除のための除草剤として適しており、そして請求項8に記載された方法によって製造することができる。
(もっと読む)


51 - 60 / 524