説明

ジーイー・ヘルスケア・リミテッドにより出願された特許

31 - 40 / 99


【課題】 放射性成分を含有する流体を生成する装置を提供する。
【解決手段】 本装置は、放射性同位体(7)を収容する同位体容器(6)が内部に配置された遮蔽室(5)を備えていて、遮蔽室が同位体容器の両端との第1及び第2の流体接続部(12,13)と、第1及び第2の流体接続部の各々からそれぞれ流体入口(16)及び流体出口(17)まで延在する流体導管(14,15)とを含んでおり、流体入口は、略円形断面を有する単一のスパイク(22)を備えており、スパイクはバイアルのゴムシールを貫通するように適合しており、スパイクが2つの内孔を有していて、第1の内孔がスパイクの先端に隣接する第1の開口部から流体導管との流体接続部まで延材しており、第2の内孔がスパイクの第2の別個の開口部から濾過吸気口まで延材していることを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、ヨードニウム塩のフッ素化のための改良方法であって、フリーラジカル捕捉剤を含むヨードニウム塩の溶液を反応の実施前に貯蔵することを含んでなる方法を提供する。本発明の方法は自動化することができ、これは本発明の方法が放射性フッ素化である場合に特に好都合である。したがって本発明は、自動化合成装置で本発明の方法を実施するために適した、ヨードニウム塩溶液を含むカセットも提供する。 (もっと読む)


本発明は、治療の有効性をモニターする方法であって、前記治療がRas/Raf/MEK/ERK経路の異常活性を含む疾患を治療するように設計された阻害剤を含む方法を提供する。 (もっと読む)


晩発性うつ病を罹患した被験体の脳では、核酸が差別的に発現されることが実証された。本発明は、晩発性うつ病の判定において有用な方法を提供する。本発明はまた、晩発性うつ病の治療、予防又は診断用の化合物を同定するためのスクリーニング方法も提供する。 (もっと読む)


晩発性うつ病を罹患した被験体の脳では、核酸が差別的に発現されることが実証された。本発明は、晩発性うつ病の判定において有用な方法を提供する。本発明はまた、晩発性うつ病の治療、予防又は診断用の化合物を同定するためのスクリーニング方法も提供する。 (もっと読む)


晩発性うつ病を罹患した被験体の脳では、核酸が差別的に発現されることが実証された。本発明は、晩発性うつ病の判定において有用な方法を提供する。本発明はまた、晩発性うつ病の治療、予防又は診断用の化合物を同定するためのスクリーニング方法も提供する。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、68Ge/68Gaジェネレータで生成した68GaをFe(III)から精製する方法を提供する。
【解決手段】
本発明はさらに、既存のGallea Synthiaプロトタイプにおいて各種陽イオンから68Gaを精製し、68Gaを予備濃縮する自動システムに関する。一般に、本発明はさらに、比放射能の高い68Ga放射性標識PETトレーサーを製造する自動システムの使用、及び68Ge/68Gaジェネレータで生成した68GaをFe(III)から精製するキットについても開示する。 (もっと読む)


本発明は、過分極13C−アラニン、造影剤としてのその使用、過分極13C−アラニンを含む画像媒体、及びそのような画像媒体を使用した13C−MR検出法に関する。更に、本発明は、過分極13C−アラニンを製造する方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、充填すべき1以上の製品分注バイアル(122)を供給するディスペンサカセット(110)を提供する。カセットは、分注バイアルとフィルタユニット(116)との間に延在する濾液導管(128)を提供し、濾液導管の流路(120)と分注バイアルとが、環境制御された、又はGMP準拠の容積として提供され維持される。したがって、結果として生じる、分注バイアルに分注される製品は、GMP準拠環境で分注される。 (もっと読む)


本発明は、過分極13C−α−ケトイソカプロン酸塩、その造影剤としての使用、過分極13C−α−ケトイソカプロン酸塩を含む造影製剤及びかかる造影製剤を用いた13C−MR検出法に関する。さらに、本発明は、過分極13C−α−ケトイソカプロン酸塩を製造する方法に関する。 (もっと読む)


31 - 40 / 99