説明

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモにより出願された特許

1,001 - 1,010 / 5,876


【課題】キャリアアグリゲーションによりプライマリ及びセカンダリコンポーネントキャリア(PCC、SCC)を用いて通信することが可能なユーザ装置に対して、あるコンポーネントキャリア(CC)が、セカンダリコンポーネントキャリア(SCC)として割り当て可能か否かを基地局が適切に判断できるようにすること。
【解決手段】基地局は、1つ以上のCCに対する受信レベルを示すフィードバック情報をユーザ装置から受信し、あるCCがSCCの候補である1つ以上のユーザ装置のグループを決定し、あるCCに対する受信レベルに基づいてグループから選択された1つ以上のユーザ装置に対して、あるCCをSCCとして割り当て、あるCCがSCCとして割り当てられたことを、グループから選択されたユーザ装置に通知する。 (もっと読む)


【課題】セミパーシステントスケジューリングにより音声通信を行う携帯端末に対して、適切に送信電力制御を行うこと。
【解決手段】基地局は、パスロスと、所定のサブフレームにおいて上りリンク共有チャネルによりユーザデータを送信する携帯端末が送信電力を制御する際に使用される第1のパラメータとに基づいて、送信電力を制御する際の第1の目標受信電力を算出する第1の目標受信電力算出部と、パスロスに基づいて、第1の目標受信電力と、一定周期毎に上りリンク共有チャネルによりユーザデータを送信する携帯端末が送信電力を制御する際に使用すべき第2の目標受信電力との間の差分を算出する差分算出部と、第1のパラメータから、差分を減算することにより、第2のパラメータを算出する第2のパラメータ算出部と、第2のパラメータを通知する通知部とを有する。第1の目標受信電力算出部は、パスロスが小さくなるに従って、第1の目標受信電力が高くなるように算出する。 (もっと読む)


【課題】ユーザの行動履歴だけでなくユーザの属性情報をも利用することによって、購買頻度が低く行動履歴情報が少ない場合における推薦精度を向上させる。
【解決手段】ユーザ×コンテンツ行列を生成する行列生成部と、前記ユーザ×コンテンツ行列に基づき、ユーザ圧縮行列とコンテンツ圧縮行列とを初期設定する初期値設定部と、前記ユーザ圧縮行列に前記ユーザの属性情報を加算し、ユーザ圧縮属性情報加算行列を生成する属性情報加算部と、前記ユーザ圧縮属性情報加算行列と前記コンテンツ圧縮行列とを更新する更新処理部と、前記ユーザ圧縮属性情報加算行列とコンテンツ圧縮行列とから復元ユーザ×コンテンツ行列を計算し、前記ユーザ×コンテンツ行列との差分が所定の閾値以下であるか判断する更新判定部とを有し、前記更新判定部は、前記差分が前記所定の閾値以下である場合には前記復元ユーザ×コンテンツ行列を推定された行列とするコンテンツ推薦装置。 (もっと読む)


【課題】MGW#1のリソースの浪費を防ぐ。
【解決手段】本発明に係る移動通信方法は、UE#1が、UE#1の在圏ネットワーク内のP-CSCF/VATFに対して、「INVITE」を送信する工程と、P-CSCF/VATFが、IMSに対して、「INVITE」を送信する工程と、P-CSCF/VATFが、IMSから受信した割り当て要求信号に基づいて、上述の音声通信用の経路に対して、MGW#1を割り当てる工程とを有する。 (もっと読む)


【課題】無線基地局DeNBが、受信した「RA Preamble」の送信元を把握する。
【解決手段】本発明に係る移動通信方法は、移動局UEが、受信したSIBに含まれる移動局UE用RACH_ROOT_SEQUENCEに基づいて、「RA Preamble」を生成し、無線基地局DeNBに対して送信する工程と、リレーノードRNが、受信したSIBに含まれるリレーノードRN用RACH_ROOT_SEQUENCEに基づいて、「RA Preamble」を生成し、無線基地局DeNBに対して送信する工程と、無線基地局DeNBが、受信した「RA Preamble」の送信元が移動局UE或いはリレーノードENのどちらであるかについて判定する工程とを有する。 (もっと読む)


【課題】キャリアアグリゲーション(CA)により複数のコンポーネントキャリア(CC)を用いて通信するユーザ装置を含む移動通信システムにおいて、ユーザ装置に無線リソースを割り当てるスケジューリング処理の効率化を図ること。
【解決手段】基地局は、ユーザ装置からフィードバックされた各コンポーネントキャリア内の周波数ブロック単位の無線品質情報と、ユーザ装置に割り当てているコンポーネントキャリア全体の無線品質情報とを分離して利用することが可能である。基地局は、それらの無線品質情報を元にして、それぞれのスケジューリングメトリックを計算する手段を有し、2つ以上のこれらのスケジューリングメトリックを利用して、コンポーネントキャリア毎に、前記スケジューリングメトリックに応じてユーザ装置に無線リソースを割り当てる割当部とを有する。 (もっと読む)


【課題】不純物を含むバイオメタノール燃料を利用することが可能な、DMFC型燃料電池を提供する。
【解決手段】バイオメタノールを燃料として使用し、負極と、正極と、両極の間に配置された電解質層とを有するDMFC型燃料電池であって、前記燃料は、バイオメタノール源から、該バイオメタノール源および前記負極に接続された流通路を介して、負極にまで供給され、前記流通路の少なくとも一部には、活性炭を有する活性炭層が設けられていることを特徴とするDMFC型燃料電池。 (もっと読む)


【課題】所定のエリアでよく利用されているアプリケーションを勧めること。
【解決手段】配信サーバは、エリア毎に、携帯端末装置により利用されたアプリケーションの履歴情報を格納する利用履歴格納部と、該履歴情報に基づいて、アプリケーションを推薦すべき対象エリアで利用された履歴情報と、該対象エリア及び該対象エリア以外の他のエリアで利用された履歴情報とに基づいて、アプリケーション毎に、対象エリアにおける利用比率を算出する利用比率算出部と、対象エリアと、対象エリア及び他のエリアとにおけるアプリケーションの利用傾向の乖離の度合いを算出する乖離度算出部と、利用比率と、乖離度に基づいて、アプリケーションを算出する際に使用するスコアを算出するスコア算出部と、スコアに基づいて、携帯端末装置に勧めるべきアプリケーションを選択する選択部と、携帯端末装置に、選択されたアプリケーションを示す情報を送信する送信部とを有する。 (もっと読む)


【課題】利用状況の類似性を考慮に入れてコンテンツ間の類似度を算出することを目的とする。
【解決手段】コンテンツ間の類似度を算出するコンテンツ間類似度算出装置は、コンテンツが携帯端末で起動したときの利用履歴を携帯端末から受信する利用履歴受信部と、前記利用履歴受信部で受信した利用履歴を、予め設定された利用状況に集計する利用履歴集計部と、前記利用履歴集計部で集計された利用履歴から、コンテンツ毎に利用状況の特徴ベクトルを生成する利用状況特徴ベクトル化部と、利用状況の特徴ベクトルに基づいて、コンテンツ間の類似度を算出する類似度算出部とを有する。 (もっと読む)


【課題】 精度が高い商品の需要予測を行う。
【解決手段】 需要予測装置10は、複数のユーザについての複数の項目についての、複数の時点での行列データを入力する予測用データ入力部11と、行列データのうち連続する時点の行列データを合算した上で複数の項目の数を圧縮する行列変換を行って分析軸を生成する分析軸生成部12と、当該分析軸を用いて行列変換後の行列データを生成する変換後行列生成部13と、行列変換後の行列データに基づいてユーザを複数のグループに分類するグループ分類部14と、当該分類に基づき時点の経過によるユーザのグループ間の遷移状態を算出する遷移状態算出部15と、当該遷移状態から予測対象時点でのグループのユーザの比率を算出して当該比率に基づき前記需要を予測する予測部16と、予測を示す情報を出力する予測結果出力部17とを備える。 (もっと読む)


1,001 - 1,010 / 5,876