説明

サノフイにより出願された特許

21 - 30 / 433


[4−(5−アミノメチル−2−フルオロフェニル)ピペリジン−1−イル][7−フルオロ−1−(2−メトキシエチル)−4−トリフルオロメトキシ−1H−インドール−3−イル]メタノンとしての化合物を使用する、皮膚科学的なアレルギー状態についての治療を開示する。 (もっと読む)


この発明は、価値のある医薬活性化合物である、式Iの化合物[式中、A、D、E、G、R10、R30、R40、R50及びR60は、請求項で指示されている意味を有する]に関する。これらは、プロテアーゼであるカテプシンAの阻害剤であり、そして、例えば、アテローム性動脈硬化症、心不全、腎疾患、肝疾患又は炎症性疾患などの疾患の処置のために有用である。本発明は更に、式Iの化合物の製造方法、その使用、及びそれらを含んでなる医薬組成物に関する。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、少なくとも1つの代謝症候群及び/又はアテローム性硬化症、特に糖尿病、脂質異常症、肥満及び/又は脂肪過多症の処置のための、少なくとも1つのFGF−21(線維芽細胞増殖因子21)化合物、少なくとも1つのGLP−1R(グルカゴン様ペプチド−1受容体)アゴニスト、並びに場合により少なくとも1つの抗糖尿病薬及び/又は少なくとも1つのDPP−4(ジペプチジルペプチダーゼ−4)阻害剤を含む医薬組成物に関する。
(もっと読む)


本発明は、疼痛に影響を及ぼす化合物を同定する方法、疼痛に影響を及ぼす化合物を同定するためのIl2rg核酸又はIl2rgタンパク質の使用、さらにはそれらを含む痛覚過敏を診断する方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、塩基の、または酸との付加塩との形態である、一般式(I):
[式中、Rは水素、フッ素、ヒドロキシル、シアノ、トリフルオロメチル、C1−6−アルキル、C1−6−アルコキシまたは−NRを表し;nおよびmは、相互に独立して1、2または3と同等の整数を表し、総和m+nは最大で5と等しいと理解され;Aは共有結合、酸素、C1−6−アルキレンまたは−O−C1−6−アルキレンを表し;Rは場合により置換されるフェニルまたは複素環を表し;Rは水素、フッ素、C1−6アルキルまたはトリフルオロメチルを表し;Rは場合により置換される5員の複素環を表す。]に対応する化合物であり、5−メチルイソオキサゾール−3−イルメチル 4−ヒドロキシ−4−(4−クロロフェニル)ピペリジン−1−カルボキシレートを除く化合物に関する。また、本発明は、式(I)の化合物の調製方法、これを含む組成物、およびその治療的適用にも関する。

(もっと読む)


本発明は、疼痛に影響を及ぼす化合物を同定する方法、疼痛に影響を及ぼす化合物を同定するためのLrrfip1核酸又はLrrfip1タンパク質の使用、さらにはそれらを含む痛覚過敏を診断する方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、式(I)
【化1】


(式中、A、R1、R2、R3、X及びYは、特許請求の範囲に記載された通り定義される)のオキサゾロピリミジン化合物に関する。式(I)の化合物は、例えば創傷治癒に適している。
(もっと読む)


本発明は、式(I)
【化1】


(式中、A、R1、R2、R3、R4、X及びYは、特許請求の範囲に記載された通り定義される)のオキサゾロピリミジン化合物に関する。式(I)の化合物は、例えば創傷治癒に適している。
(もっと読む)


本発明は、式(I)の一連の置換トロピノンベンジルアミン類を開示し、そして特許請求する。より詳細には、本発明の化合物はβ−トリプターゼの阻害剤であり、従って、薬剤として有用である。さらに、本発明はまた、置換トロピノンベンジルアミン類の製造方法を開示する。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、式(I)
【化1】


(式中、A、R1、R2及びR3は、特許請求の範囲に記載された通り定義される)のオキサゾロピリミジン化合物に関する。式(I)の化合物は、例えば創傷治癒に適している。
(もっと読む)


21 - 30 / 433