株式会社沖データにより出願された特許

1 - 10 / 2,444



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】従来の画像形成装置では、認証印刷が開始された後、操作者が画像形成装置を離れてしまった場合、認証印刷データが印刷された記録媒体を、第三者に盗み見されたり、第三者に盗まれたりする危険性があった。
【解決手段】画像形成装置10は、再認証タイミング条件設定部23cと、認証情報取得部24aと、乱数生成部24bと、再認証要求タイミング生成部24cと、認証印刷データ制御部24dと、印刷制御部27aと、を備えている。これにより、認証印刷が開始された後、認証印刷を継続し続けるには、操作者が所定の頻度で再認証する必要があり、操作者は、画像形成装置10から離れられない。又、操作者が、画像形成装置10の側を離れてしまった場合、認証印刷データが短時間しか印刷されない。そのため、認証印刷データが印刷された記憶媒体を、第三者に盗み見されたり、第三者に盗まれたりする危険性を軽減できる。 (もっと読む)


【課題】媒体の弛み量を精度良く制御することができるようにする。
【解決手段】画像形成部と、画像形成部において媒体を搬送するための第1の駆動部と、定着器28と、定着器28において媒体を搬送するための第2の駆動部と、媒体の弛みを検出する弛み検出要素を備えた弛み検出装置と、弛み検出要素の検出位置を調整する調整部と、弛み検出要素によって検出された媒体の弛みに基づいて、第1、第2の駆動部のうちの一方の回転速度を変更する弛み量制御部とを有する。画像形成部と定着器との間において形成された媒体の弛みを検出する弛み検出要素の検出位置が調整されるので、媒体の厚さに応じて弛み検出要素を適正な位置に置くことができる。弛み量制御部によって弛み量を精度良く制御することができる。 (もっと読む)


【課題】コンタクトにおけるシャフトとの接触部が摩耗しても、ローラ部材に適正な電圧を印加することができ、画像品位が低下するのを防止することができるようにする。
【解決手段】導電性を有するシャフト12aを備えたローラ部材と、導電性を有し、前記シャフト12aに対して摺動自在に配設された弾性部材とを有する。該弾性部材は、前記ローラ部材の軸方向に延在させて形成された延在部52bを備え、該延在部52bの先端の端面S3において所定の付勢力で前記シャフト12aを押圧する。弾性部材が、延在部52bの先端の端面S3において所定の押圧力で前記シャフト12aを押圧するので、画像形成装置を長期間にわたり使用することによって延在部52bの先端が摩耗しても、シャフト12aと延在部52bの先端の端面S3とを確実に接触させることができる。 (もっと読む)


【課題】印刷条件を変更する操作を容易に行なえるようにする。
【解決手段】過去に印刷を行った文書の識別情報としての第1の文書名と、該文書の印刷に適用された印刷条件とを関連付けて履歴情報として記憶する履歴保存部と、前記履歴保存部に記憶された履歴情報から前記第1の文書名を表示するとともに、前記第1の文書名に関連付けて記憶された印刷条件を抽出して表示する履歴表示制御部と、前記印刷条件を選択する操作を受付けて前記印刷条件を適用する印刷条件選択部とを備え、前記印刷条件選択部は、文書の識別情報としての第2の文書名の入力を受付けると、前記履歴表示制御部により、前記第2の文書名と、前記履歴情報の前記第1の文書名との少なくとも一部の比較結果に基づき、一致度が高い前記第1の文書名と、前記第1の文書名に関連付けられた前記印刷条件とを優先して前記履歴情報から抽出し、前記第1の文書名および前記印刷条件を選択可能に表示する。 (もっと読む)


【課題】本発明は使用制限により印刷できない場合でも、重要性、必要性のある文書はフォームオーバーレイ印刷することによって印刷可能とすることを目的とする。
【解決手段】本発明の画像形成装置は、データ抽出部2と、使用者情報に対する印刷制限の有無を記録する印刷制限記録部6と、印刷制限の有無に基づいて画像形成データを印刷するか判定する印刷制限判定部4と、フォームオーバーレイ記録部8と、画像形成処理部5と、印刷消耗品使用量を記録する印刷使用量記録部7と、印刷処理情報からフォームオーバーレイ印刷を行うか否かを判定するフォームオーバーレイ判定部3とを備え、画像形成処理部5は、使用者に対して印刷制限が設定されている場合でも、フォームオーバーレイ判定部3によるフォームオーバーレイ印刷であるとの判定に基づいて、画像形成データの印刷を行うことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】より安定なトナー層を形成することで画像の画質悪化を防止する。
【解決手段】回転する現像剤担持体201と、現像剤208を所定極性に帯電させて、現像剤を現像剤担持体の表面に吸着させる現像剤帯電部材204と、現像剤担持体の表面に吸着した現像剤の厚さを規制する層厚規制部材203とを備え、現像剤担持体及び現像剤帯電部材の一方が導電性であり、他方が導電性の芯205及び芯を被覆する絶縁膜206を有し、現像剤帯電部材は、層厚規制部材よりも現像剤担持体の回転方向の上流に設けられている。 (もっと読む)


【課題】媒体を回収しにきたユーザが到着したタイミングで、最後の媒体を排出する。
【解決手段】画像形成装置3は、外部装置2から印刷ジョブが入力された時からの経過した時間を計測する時間計測部23と、印刷ジョブを解析して、当該印刷ジョブを実行したときに実行開始から最後の媒体の排出完了までにかかる印刷時間を推定する印刷時間推定部24と、印刷ジョブに対して与えられた印刷猶予時間から、推定された推定印刷時間を減算して待機時間を算出する待機時間算出部25と、印刷ジョブを実行させる印刷ジョブ発行部26とを備え、印刷ジョブが入力された時から待機時間が経過したときに、その印刷ジョブを実行する。 (もっと読む)


1 - 10 / 2,444