説明

Fターム[2C088BB41]の内容

弾球遊技機(パチンコ等) (187,966) | カードシステム (4,100) | カード管理 (185)

Fターム[2C088BB41]の下位に属するFターム

Fターム[2C088BB41]に分類される特許

1 - 20 / 85


【課題】封入式遊技機に封入された内部循環遊技媒体の洗浄を含むメンテナンスを効率良く行うことを課題とする。
【解決手段】封入式遊技機20に封入したパチンコ玉の数を内部玉数計数部23eが計数して内部玉数データ22cを計数し、内部玉数データ22cが示す内部玉数と内部玉数初期値10e5と比較して、その差が所定値を超える場合には玉詰まりが発生したと判定する。封入式遊技機20が発射したパチンコ玉の数を発射玉数計数部23dが計数して累積発射玉数を算定し、累積発射玉数が所定の閾値を超える場合にはパチンコ玉のクリーニングが必要であると判定する。封入式遊技機20が発射したパチンコ玉の数の平均滞留時間を滞留時間測定部23fが測定し、平均滞留時間と滞留時間初期値10e6との差が所定のしきい値を超える場合にはパチンコ玉の滞留時間に異常が発生したと判定する。 (もっと読む)


【課題】遊技客と遊技店とのトラブルを低減させることを課題とする。
【解決手段】持ち玉管理装置10では、閉店処理の実行要求を操作部11を介して受け付けた場合に、閉店処理部15cに閉店処理を実行させるのに先立って会員用持ち玉管理テーブル14bに記憶される持ち玉の有無をカードID順に照査し、持ち玉が存在する場合には持ち玉残高及びカードIDを含む持ち玉通知を貯玉管理装置20に行う。そして、貯玉管理装置20では、この持ち玉通知に含まれる持ち玉残高を共に受け付けたカードIDに対応する貯玉残高に加算更新し、加算完了通知を持ち玉管理装置10に返信する。その後に、持ち玉管理装置10では、会員用持ち玉管理テーブル14b内における貯玉残高に加算済みの持ち玉残高をゼロクリアし、全てのカードIDについて持ち玉有無の照査及び残高移行が完了すれば閉店処理を実行する。 (もっと読む)


【課題】遊技媒体の貸与に使用可能な有価価値をすべて使い切ることなく途中で遊技をやめた場合であっても、残存する有価価値に最小単位価値未満の端数価値が生じることが無いような遊技用装置(玉貸ユニット及び払出ユニット)を提供する。
【解決手段】玉貸ユニットは、予め定められた単位貸与価値(税込み500円)に相当するパチンコ玉(120個)を貸与するための単位貸与処理を行うときに、パチンコ機が貸与において払い出す一単位のパチンコ玉数(25個)に対応する部分(100個)を、該パチンコ機から払い出して貸与するための第1貸与処理と、前記一単位のパチンコ玉数に満たない端数玉数(20個)を、併設された払出ユニットの玉払出装置から払い出す第2貸与処理とを行い、パチンコ機又は払出ユニットの少なくとも一方がパチンコ玉を払い出せる状態でないと判定されたことを条件として、第1貸与処理及び第2貸与処理のいずれも行わない。 (もっと読む)


【課題】遊技媒体の貸与に使用可能な有価価値をすべて使い切ることなく途中で遊技をやめた場合であっても、残存する有価価値に最小単位価値未満の端数価値が生じることが無いようなカードユニット(玉貸ユニット及び払出ユニット)を提供する。
【解決手段】玉貸ユニットは、予め定められた単位貸与価値(税込み500円)に相当するパチンコ玉(120個)を貸与するための単位貸与処理を行うときに、パチンコ機が貸与において払い出す一単位のパチンコ玉数(25個)に対応する部分(100個)を、該パチンコ機から払い出して貸与するための第1貸与処理と、前記一単位のパチンコ玉数に満たない端数玉数(20個)を、併設された払出ユニットの玉払出装置から払い出す第2貸与処理とを行い、パチンコ機又は払出ユニットの少なくとも一方がパチンコ玉を払い出せる状態でないと判定されたことを条件として、第1貸与処理及び第2貸与処理のいずれも行わない。 (もっと読む)


【課題】遊技開始時の遊技者を特定する情報と遊技終了時の遊技者を特定する情報との同一性の判定を可能にする。
【解決手段】カード挿入時にカードID(C−ID)をCUが記憶するとともにCUからP台へ送信してP台で記憶しておき、カード返却時にP台で記憶しているC−IDをCUへ送信してCUが記憶しているC−IDと一致判別し、一致することを条件にカードを排出する。 (もっと読む)


【課題】ユーザが自身のユーザ管理情報に適切にアクセスし得るとともに、遊技中のユーザの操作負担を軽減し得るユーザ管理システムを提供する。
【解決手段】このユーザ管理システム2では、ユーザが所持する携帯電話機70に固有のICチップ識別情報を端末装置20によって読み取り、読み取られたICチップ識別情報と一致するICチップ識別情報がメモリ60に記憶されている場合に、管理装置50は、ユーザが当該ICチップ識別情報と対応付けられてメモリ60に記憶されている貯玉情報にアクセスすることを許容する。従って、会員登録済みのユーザは、携帯電話機70を持参すれば、管理装置50で管理されている自身の貯玉情報に適切にアクセスすることができる。発行されるカードは、端末装置20に挿入されて使用されるカードであり、遊技中にカードを挿入したままにしておくことができる。従って、遊技中のユーザの操作負担を軽減し得る。 (もっと読む)


【課題】営業終了時における作業負荷や作業時間を低減すること。
【解決手段】計数した計数遊技媒体数が加算記憶される記憶手段と、該記憶されている計数遊技媒体数の範囲内の遊技媒体を払出す払出処理手段と、払出された遊技媒体数を減算更新する減算更新手段と、管理装置150からの営業終了時処理要求を受信する受信手段334と、営業終了時処理要求を受信したことに基づいて記憶手段に記憶されている計数遊技媒体数が存在することを条件に、該計数遊技媒体数を無効とするための無効化処理を行う無効化処理手段328と、を備える。 (もっと読む)


【課題】営業終了時における作業負荷や作業時間を低減すること。
【解決手段】計数した計数遊技媒体数が加算記憶される記憶手段と、該記憶されている計数遊技媒体数の範囲内の遊技媒体を払出す払出処理手段と、払出された遊技媒体数を減算更新する減算更新手段と、管理装置150からの営業終了時処理要求を受信する受信手段334と、営業終了時処理要求を受信したことに基づいて記憶手段に記憶されている計数遊技媒体数が存在することを条件に、該計数遊技媒体数を無効とするための無効化処理を行う無効化処理手段328と、を備える。 (もっと読む)


【課題】持点の更新と擬似玉の移動との間に齟齬が生じないようにする。
【解決手段】残高から変換された持点を遊技に使用するためのクレジットに変換する場合に、減算用擬似玉ユニット121内で擬似玉の移動を開始させ、持点の減算数相当の擬似玉が検出されたことを条件にして持点表示を更新する。 (もっと読む)


【課題】所有遊技媒体数の振分けを、一般の遊技者であっても、簡便且つ正確に実施できるようにすること。
【解決手段】遊技用記録媒体から所有遊技媒体数特定情報の読み出し、所有遊技媒体数を遊技に使用するための処理を行う遊技用装置3と、振分け操作の受付けに応じ、受付けた振分け元遊技用記録媒体の振分け元所有遊技媒体数特定情報と、受付けた振分け先遊技用記録媒体の振分け先所有遊技媒体数特定情報とを含む振分け要求を、所有遊技媒体数を管理する管理装置150に送信する振分け装置5とを有し、管理装置150は、振分け要求の受信に応じて、振分け元の所有遊技媒体数から振分け遊技媒体数を減算更新して、振分け先所有遊技媒体数特定情報を振分け先遊技用記録媒体として登録し、振分け先遊技用記録媒体の受付けに応じて遊技用装置から送信される振分け先所有遊技媒体数特定情報が登録と一致することを条件に、振分け遊技媒体数が加算された所有遊技媒体数の使用を許諾する。 (もっと読む)


【課題】高い利便性で、遊技に使う遊技媒体を複数名で共有できる遊技媒体管理システムを提供する。
【解決手段】カードIDが設定されている情報記録媒体Cをチェックイン端末装置700に投入し、操作パネル701を介してチェックイン操作を行うと、グループ管理サーバ600が、そのカードIDとグループIDとを紐付けしたグループ単位での管理を行うようにグループ登録し、各グループに対応させてデータ上の持玉を振り込んだり引き落としたりできるグループ共有持玉口座を生成・管理し、グループに登録されている情報記録媒体Cを媒介として、遊技者が所持している持玉を当該グループ専用のグループ共有持玉口座へ振り込んだり、グループ共有持玉口座から引き落としたりできるようにすることで、グループの構成メンバの中のみで持玉を共有する環境を遊技場内で提供できる。 (もっと読む)


【課題】遊技者が複数の記録媒体を所持する場合であっても、遊技者の利便性を損なわないようにする。
【解決手段】遊技者が認証媒体として会員カードと携帯電話とを選択的に利用する場合に会員カードを優先して受付状態とする。各台再プレイ機4にて会員カードの受付状態の解除を忘れて別の各台再プレイ機4にて携帯電話を受付けた場合には、その携帯電話の受付が拒絶され、新たに携帯電話の受付状態を解除することなく会員カードの受付状態の解除に赴くことができ、各台再プレイ機4にて携帯電話を受付状態としたまま、別の各台再プレイ機4にて会員カードを受付けた場合には、携帯電話の受付状態が解除され、そのまま会員カードを受付状態としてサービスを利用できる。 (もっと読む)


【課題】ポイント付与対象の利用意欲を向上させること。
【解決手段】遊技場内に設置されたカードユニット3において会員カード37を受付けて、該会員カード37に記録されている会員IDや電子マネーの利用履歴等のデータを読み出し、該電子マネーの利用履歴に提携店舗における利用履歴が存在するか否かを判定し、存在しない場合には付与するポイントとして通常ポイントを決定し、存在する場合には付与するポイントとして通常ポイントと履歴加算ポイントとを決定する。 (もっと読む)


【課題】分割された分割有価価値を円滑かつ効率的に返却することができる遊技システム及び分割有価価値返却処理方法を提供することを課題とする。
【解決手段】分割先カードが所在する台間カード処理機10で分割玉数の全部又は一部を返却する持玉返却操作がなされた場合に、カード管理装置40で管理するカード情報40e内の分割先カードのカードIDに対応する持玉数から返却玉数を減算処理するとともに、分割元カードのカードIDを特定して該分割元カードのカードIDに対応する持玉数に返却玉数を加算処理し、更新後の持玉数を分割元カードが所在する台間カード処理機10に通知して持玉数を更新する。 (もっと読む)


【課題】貯遊技媒体上限数の存在により貯遊技媒体数に自動移行できない持ち遊技媒体数が存在する場合であっても、かかる会員の持ち遊技媒体数を適正に処理することを課題とする。
【解決手段】閉店処理操作がなされた際に、貯玉上限数との関係で持玉数(当日持玉数)を貯玉数に移行できない場合に、景品に交換可能であり、貯玉上限数の範囲内で貯玉に移行する事が可能であるが、持玉数として遊技への利用ができない貯玉候補玉数に該持玉数を移行処理する。 (もっと読む)


【課題】持玉、貯玉又はプリペイド価値のような有価価値の一部を他の遊技客に譲渡して有価価値を共有する場合に、カード等の記録媒体の取り違えに伴う混乱を効率良く防止することを課題とする。
【解決手段】持玉の分割数を含む所定の持玉分割操作を受け付けた場合に、記憶部10cに記憶したカード種別データ10eを参照してリーダライタ部15bに所在し最先に排出されるカードのカード種別を判定し、一般カードであると判定された場合には、分割数を関連付けた一般カード1を分割先カードとして排出するとともに、会員カードであると判定された場合には、持玉数から分割数を減算した値を関連付けた会員カード2を分割元カードとして排出した後、分割数を関連付けた一般カード1を排出する。 (もっと読む)


【課題】遊技客に負荷をかけることなく、カードに関連付けられた持玉数の貸出レートとは異なる貸出レートの遊技台であっても持玉による遊技を実現すること。
【解決手段】会員が保有する遊技媒体数を示す貯玉数を遊技媒体の貸出レートごとに会員識別子に関連付けて管理装置が記憶し、所定の移行指示を受け付けた場合に、遊技客が獲得した遊技媒体数を示す持玉数を当該持玉数の貸出レートに対応する貯玉数へ管理装置が移行し、記録媒体に関連付けられた会員識別子に基づいて貯玉数を各台装置が取得し、記憶された貯玉数から取得された貯玉数に基づいて遊技媒体の払出を各台装置が行うことができるように遊技媒体管理システムを構成する。 (もっと読む)


【課題】遊技機と記録媒体処理装置との間の通信に関する不正行為を防止し、また、遊技機の払出制御手段と記録媒体処理装置との間の通信に関する制御負担を軽減する。
【解決手段】遊技機の払出制御基板に搭載されている払出制御用CPUは、カードユニットから球貸し要求信号が送信されたことを条件として所定数の遊技球を遊技者に貸与するための制御を行い、払出制御基板に搭載されている通信用IC400は、カードユニットからの信号を受信し、その信号にもとづく動作指令を払出制御用CPUに対して出力するとともに、払出制御用CPUの動作状態を示す信号をカードユニットに対して送信する。 (もっと読む)


【課題】遊技者が会員カードや、ICコインを取り忘れた場合に、他人に使用されることを防止する遊技場管理システムおよび遊技玉貸出装置を提供することを目的とする。
【解決手段】複数の遊技機と、当該遊技機に隣接して設置される遊技玉貸出装置100と、管理サーバ200と、が相互に通信回線で接続された遊技場管理システム1であって、遊技者用記憶媒体の置き忘れを検知する検知手段52と、置き忘れられた遊技者用記憶媒体の識別コードを遊技していた遊技機番号に関連付けて記憶する記憶手段800と、記憶手段800に記憶された識別コードの遊技者用記憶媒体が使用されることを防止する遊技者用記憶媒体保護手段と、を備えた遊技場管理システム。 (もっと読む)


【課題】遊技者以外の他者により抜き取られた記録媒体の記録媒体識別情報から特定される計数遊技媒体数が当該他者により使用されてしまうのを防止できるような遊技用システムを提供する。
【解決手段】管理コンピュータ150は、カードユニットの装置IDに対応付けて、排出カードIDと、当該カードユニットでカード又は現金が受け付けられたことを示す価値受付フラグと、当該カードユニットに対応するパチンコ機の稼働情報を受信したことを示す稼働フラグとを記憶する。そしてカードIDを含む照合要求(S562)を景品交換POS端末170から受信すると、該カードIDが排出カードIDとして記憶されており(S563aでYES)、かつ該カードIDに対応付けて価値受付フラグの記憶が無く稼働フラグの記憶が有ること(S563bでYES)を条件に、不正抜取通知を景品交換POS端末に返信し(S565a)、該景品交換POS端末は、不正抜取報知を行う(S565b)。 (もっと読む)


1 - 20 / 85