説明

Fターム[3J106EF05]の内容

迅速・多重管継手 (11,587) | ロック部の細部の特徴 (243) | ロック部材を除く管継手本体 (16)

Fターム[3J106EF05]に分類される特許

1 - 16 / 16


【課題】目視による結合確認が不可能又は困難な状況でも結合確認を確実に行うことが可能なパイプ継手を提供する。
【解決手段】パイプ継手10は、パイプ結合スリーブ21の外周面に装着された環状シール部材31A,31Bと、その環状シール部材31A,31Bの外側に嵌合した状態に係止されて環状シール部材31A,31Bの拡張変形を規制し、パイプ挿入領域に挿入されるパイプP1に押されてパイプ挿入領域P1の奥側に移動する矯正筒体40とを備えている。そして、外筒壁27の基端部には、パイプ挿入領域を外筒壁27の外側に開放した検知窓29が形成され、矯正筒体40には、矯正筒体40がパイプ挿入領域の奥側に移動したときに検知窓29から外側に突出する検知片43,43が設けられている。 (もっと読む)


【課題】弾性部材の脱落を簡単な構造で防止する。
【解決手段】レバー3とロック部材4の両方に、弾性部材5に沿って形成され且つその形成方向と交差する方向に弾性部材5と係合する位置決め部6を設けることにより、弾性部材5が位置決め部6の突出方向と交差する方向へ位置ズレ不能に支持される。 (もっと読む)


【課題】 接続される管を挿入する荷重が過剰になることなくスムーズな施工を行うことのできる継手を提供する。
【解決手段】 管継手1は、継手本体10内に設けた内筒部12の外周面に装着溝15a、15bを形成し、この装着溝15a、15bにシール部材20a、20bを装着し、内筒部12には、ガイドリング70を外嵌し、このガイドリング70の内周面でシール部材20a、20bを押圧接触させるとともに、内筒部12に嵌合した接合パイプPの先端面でガイドリング70の後端面を押圧ガイドしながら接合パイプを挿入接続する。ガイドリング70には、半径方向に薄肉部73が形成されている。 (もっと読む)


【課題】ワンタッチ操作で接続と解除を行えると共に、ロック状態を保持できる機構を付設した配管用クランプ継手を提供する。
【解決手段】一対のクランプバンド6a,6bの下端部同士を連結金具7を介して回動可能に連結する。一対のクランプバンドの自由端部側に一対の緊締部9a,9bを形成する。緊締部9aの両側にピン10を介してリンク板11,11を回動自在に取付け、当該リンク板の先端部にピン12を介して基端部に圧接カム部14を形成した操作レバー13を回動自在に付設する。当該圧接カム部14が圧接するカム受け凹部16を、緊締部9bに凹設する。前記一対のリンク板の先端部に一対のガイド板17,17を突成し、当該一対のガイド板に長孔19,19を穿設して、当該長孔内をスライドし得るロックピン18を配設すると共に、このロックピンに係合し得る係合部20を、前記操作レバーの基端部に形成してある圧接カム部14の近傍に形成した。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、構成要素に伝わる軸方向負荷を確実に適応させることを確保するクイックコネクター継手を提供することである。
【解決手段】流体ライン用のクイックコネクター継手は、貫通孔、凸状の環状アップセット部を有する管状雄型部材、及びコネクター本体へ取外し可能に結合されたリテーナを画成する雌型コネクター本体を含む。シールアセンブリーにより、管と本体孔部の間に流体の密封シールが与えられる。別体の外側スペーサーが本体へ固定されて、シールアセンブリーの軸方向負荷を受ける。本体は、軸方向内方に向いている半径方向係止面を有する離間されたアーチ状の係止レッジを画成している。外側スペーサーは、本体のレッジの係止面に対して半径方向に当接する関係の軸方向外方に向いている環状の半径方向当接面を画成している一体的な半径方向リングを含む連続する環状要素である。 (もっと読む)


【課題】接続管の引き抜きを可能にした差込式管継手において、継手本体内のシールリングが不正に再使用されているか否かを識別でき、延いてはシールリングの不正な再使用の防止に寄与し、シール性能の確保を図る。
【解決手段】管抜き用治具25を用意し、この管抜き用治具22で受口部12の外方に臨むカラー15の後端部側を押圧し抜止部材3ごと継手本体2の内奥方向へ押し込むことにより抜止部材3の接続管11外周面との係合を解除して接続管11の抜き出しを可能にした差込式管継手において、管抜き用治具25でカラー15の後端部側を押圧するとともに該カラー15の後端部側の内面もしくは後端面に擦り傷や着色等の識別マーク27を付ける。その識別マーク27の有無を確認することでシールリング5が不正に再使用されているかどうかを識別できる。 (もっと読む)


【課題】分解することなく流体流路を円滑に清掃できる緊急遮断弁付き管継手を提供すること。
【解決手段】チューブ接続部1と、第1流路20が形成された柱状のバルブ2と、前記バルブ2をチューブ接続部1側に付勢するバネ3とが一直線L1上で順に配列されていると共に、前記一直線L1と直交する直線L2上に第2流路4が配置してあり、前記第1流路20はチューブ接続部1側である端部側から周面側に至るものであると共に外周角部はR形状としてあり、バルブ2の第1流路20を介して、チューブ1と第2流路20とが連通状態となる。 (もっと読む)


【課題】リテーナーの押し込み具合が一目で簡単かつ確実に確認できる接続確認チェッカー付きクイックコネクタを提供する。
【解決手段】外周部に拡大径部を有する雄型コネクタと、前記雄型コネクタを挿入するための挿入口およびリテーナーを挿入するための窓部を有する雌型コネクタと、前記窓部から軸方向に対し直角に挿入されるリテーナーとからなり、窓部から挿入されて雌型コネクタと抜け止め状態で係合したリテーナーが、挿入口から挿入された雄型コネクタの拡大径部を拘束することにより、雄型コネクタと雌型コネクタとが接続されるようにしたクイックコネクタにおいて、前記リテーナーがチェッカーを有しており、リテーナーを窓部から挿入する際、チェッカーの一端が雄型コネクタに当接し、リテーナーのみが窓部に押し込まれ、少なくともチェッカーの一部が窓部から突き出た状態となることを特徴とする接続確認チェッカー付きクイックコネクタである。 (もっと読む)


【課題】ガス流入口が開口する筒状先端部とガス供給先に連通接続する基部とを備えたソケットと、ガス流出口4が開口する筒状先端部5とガス供給元に連通接続する基部6とを備えたプラグBとを、ソケット先端部をプラグ先端部に外嵌して連通接続可能に構成し、プラグ内側に、ガス流出口開閉用弁体8を筒軸芯方向に往復移動自在に装着し、弁体をガス流出口側閉じ位置に移動させる弾性付勢手段10を装着し、ソケット先端部をプラグ先端部に外嵌するに伴って、閉じ位置の弁体を付勢力に抗して開き位置に押圧移動操作可能な押圧部材をソケットに設けてあるガス供給用接続具であって、ガス使用時以外は、いたずらによるガス流出口からのガス噴出を効果的に防止できるようにする。
【解決手段】閉じ位置の弁体の付勢力に抗する開き位置側への押圧移動を牽制可能な牽制手段14を、特定操作で牽制解除可能に、弁体とプラグとに亘って設けてある。 (もっと読む)


【課題】 部品点数を増加させることなく第1配管部材と第2配管部材との回り止めが図れる配管継手装置を実現する。
【解決手段】 軸心に向けて突出する複数の拡径・縮径可能な第1係止部14を有する第1係止部材10を備え、第1係止部材10が装着されていない第1配管部材2側を接続する際に、第1係止部材10の拡径・縮径により第1配管部材2と第2配管部材3とをワンタッチで接続する配管継手装置において、雌側の継手部32内に雄側の継手部22を嵌入することで形成されるシール円筒部22、32と、第1配管部材2の膨拡部24に第1係止部14を係止することで形成される締結円周部14、24とを有し、シール円筒部22、33の軸中心と、締結円周部14、24との軸中心とが偏心されている。これにより、回り止めが図れる。 (もっと読む)


【課題】スピードフィット方式とスーパーシール方式の両機能を実現させる。
【解決手段】連通通路を有する継手本体と、上記連通通路内に形成された環状段部と、上記環状段部に対向して配置されたOリングシール部材と、上記連通通路内において上記管を固定するコレットと、上記コレットと上記Oリングシール部材との間に配置されたリング部材とを備え、上記コレットは、上記連通通路内において拡がって配置された弾性アームとを備え、上記リング部材は、上記コレットに隣接する一方の側面において上記リング部材の内周面の周囲に形成された面であって、上記コレットが上記連通通路内に向けて押し込まれる際に、上記管より上記アームが離間するように上記アームの端部と上記管との間において係合されて、上記継手本体よりの上記管の固定を解除可能とする傾斜面を有する管継手を提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明は金属管と継手との接合構造の新たな構造に関するものであり、継手内のO−リングを傷付けることなく接合する技術及びこれに用いる樹脂スリ−ブに係るものである。そして、金属管の先端に切断バリが残っていても、O−リングには全く傷が付くことがなくなったものである。
【解決手段】O−リングを内蔵した継手内に金属管を差し込み、継手と金属管の内周面或いは外周面をO−リングにて止水して接続する接合構造であって、金属管の先端より当該金属管の先端面を覆う傘部を備えた樹脂スリ−ブを挿入したもので、スリ−ブはPPS、PE、PP、PVC樹脂から選択され、金属管内に差し込まれる筒部筒部は金属管の長手方向にスリットが形成され、金属管の内面に弾発力をもって挿入される。20‥樹脂スリ−ブ、21‥傘部、22‥筒部、23‥スリット、24‥突起。 (もっと読む)


【課題】 ケーシングユニットと流出側遮断弁に作用する外力の方向と弁挿入穴から流出側遮断弁を分離する方向とを合わせ、分離動作を円滑かつ確実にする。
【解決手段】 ケーシングユニット12の流入口となる継手部材22のホース接続口22Aと、流出側遮断弁26の流出口となるプラグ30のホース接続口30Fとは、互いの軸線O1−O1と軸線O2−O2とが直交するように配置する。これにより、ホース接続口30Fと軸方向の反対側にアイボルト21を設け、該アイボルト21に計量機3のワイヤ5を繋ぐことができる。従って、ケーシングユニット12と流出側遮断弁26が引張られたときには、この引張り方向と弁挿入穴18から弁筒27、プラグ30を分離する方向とを合わせることができる。これにより、弁筒27、プラグ30を直線的に引き抜くことができる。 (もっと読む)


【課題】 内部の通路を流通する流体の圧力に影響されることなく外力のみでソケットとプラグとを分離し、超高圧な流体に適用できるようにする。
【解決手段】 ソケット12側の外筒17とプラグ19側のプラグ側遮断弁24の弁筒25との間に、外筒17の凹陥溝17C、プラグ本体20のカム筒20C、連結筒28の貫通孔28B、ボール38からなる第3の結合部材37を設ける。従って、ソケット側遮断弁18とプラグ側遮断弁24が完全に閉弁した後に、ソケット12とプラグ19とを分離することができる。これにより、ソケット側遮断弁18とプラグ側遮断弁24から水素ガスが流出するのを防止でき、流出する水素ガスの圧力に影響されることなく、外力の作用でのみソケット12とプラグ19とを分離することができる。 (もっと読む)


【課題】配管の内周面や外周面に面取り加工の際の削りかす等の異物が残っていてもホース挿入時にその異物がシール部材の位置まで侵入してシール部材に噛み込んでしまう問題を確実に防止することのできる配管の接続継手を提供する。
【解決手段】環状のシール部材22を備えてなる配管18の接続継手10において、配管18に対する嵌合面となる内筒20の外周面に且つシール部材22よりも配管18の挿入側の先端側の部分に金属製のエッジ部44を環状に設けるとともに、エッジ部44に続いて更に先端側に段部を形成し、環状の凹所46を設けておく。 (もっと読む)


【課題】カプラーを液密状態で連結するためにOリングやボールベアリングなどの部品の装着を必要としないのでその内部構造が簡単で、また、洗浄の際に連結棒も必要としないので、細菌、エンドトキシンの混入や細菌繁殖の恐れが低減され、さらには簡易かつ確実に液密状態で連結可能な透析用カプラー、特に血液透析装置の配管系に使用するカプラーを提供簡易かつ確実な接続手段により一対のカプラー連結可能な手段を有する連結具付き透析用カプラーの提供。
【解決手段】1対のゴム状弾性を有する管状部材で構成され、かつ前記管状部材はそれぞれその内腔14に医療用被連結部材との密着部位、また、その接合側には下記カプラー連結具により液密に密着接合可能な軸方向垂直な平滑面15、16が形成されたカプラーと、前記1対のカプラー11,12上を摺動可能で、かつ、前記カプラーの軸方向垂直な平滑面15,16を液密に密着接合でき、かつ、はめ合わせ接合部位を互いに接合側に有する1対のカプラー連結具とを備えたことを特徴とする透析用カプラー。 (もっと読む)


1 - 16 / 16