説明

Fターム[5J104AA11]の内容

暗号化、復号化装置及び秘密通信 (108,990) | 目的、効果 (22,786) | 証明 (7,443) | タイムスタンプ (290)

Fターム[5J104AA11]に分類される特許

1 - 20 / 290


【課題】時刻認証された電子データの長期の保存により適した認証管理技術を提供する。
【解決手段】電子ファイル104が存在していた時刻の認証を時刻認証と呼ぶ。認証管理装置100は、ユーザから電子ファイル104を取得するデータ取得部と、電子ファイル104のファイル名を含む台紙ファイルに、電子ファイル104を関連付けることによってクリッピングPDFファイルを生成する合成部と、クリッピングPDFファイルが時刻認証された場合、認証時刻の情報とクリッピングPDFファイルのハッシュ値とを含む新規認証トークンを、時刻認証されたクリッピングPDFファイルに付加する時刻認証情報付加部と、新規認証トークンが付加されたクリッピングPDFファイルを保持するデータ保持部と、クリッピングPDFファイルに新規認証トークンが付加されると、時刻認証の完了をユーザに通知する通知部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】アーカイビング方式の時刻認証において、ハッシュ値の衝突による不都合を解消するためのIDをより有効に活用できる認証管理技術を提供する。
【解決手段】認証管理装置100は、ユーザから電子ファイル104を取得するデータ取得部と、電子データ104が対応付けられるべきクリッピングPDFファイル110を一意に特定するユニークキーを生成するユニークキー生成部と、ユニークキーと電子ファイル104とを含むクリッピングPDFファイル110を生成する合成部と、クリッピングPDFファイル110をハッシュ化するハッシュ化部と、ハッシュ値とユニークキーとを対応付けてアーカイビング時刻認証局304に送信する認証送信部と、クリッピングPDFファイル110をユーザに返却する返却管理部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】文書の存在証明に関し、確定日付文書を実質的に改竄不能とする。
【解決手段】確定日付文書1の内容の少なくとも一部が暗号値と共に電子化され、記録媒体に記録され、確定日付文書1の本文として取り入れる。暗号値は読み出し可能としても良い。確定日付文書1の内容が、暗号値を含む電子文書となるので、暗号値により、内容を電子文書と比較することができ、改竄の有無を検証する事が出来る。また、確定日付文書1に記載された暗号値と同じ値を持つ電子文書は、間接的に改竄の有無を検証する事が出来る。 (もっと読む)


【課題】オフライン状態に、第三者証明が行える情報の発行を図ること。
【解決手段】オンライン状態(A)にて、発行装置106は、ネットワーク110を介して厳密時刻発行装置102から、第1の時刻として“12:01:00”を受信する。同時に、発行装置106は、ローカルタイマ201から第2の時刻として“12:00:00”を取得する。次に、発行装置106は、第1の時刻と第2の時刻との誤差“00:01:00”を算出する。次に、オフライン状態(B)にて、発行装置106は、発行対象データ202を受け付けると、ローカルタイマ201から発行対象データ202の取得時点となる第3の時刻“12:07:34”を取得する。続けて、発行装置106は、誤差“00:01:00”を用いて補正した第4の時刻“12:08:34”を署名対象として電子署名を生成し、生成した電子署名をタイムスタンプとして発行する。 (もっと読む)


【課題】印影実データを使用して、任意のタイミングで図面データの承認を電子的に行うとともに、承認された図面データに対して高い証拠性を持たせることを目的とする。
【解決手段】端末3は、図面管理サーバ2に図面データを要求し、設計図データ4と設計図属性情報6に含まれている押印済みの印影実データを重ねて画面表示する。押印者は、画面上で押印位置を指定することで、電子押印による図面データの承認を行う。
図面管理サーバ2では、承認がされると印影実データを取得して追加属性情報61に追加する。そして、追加後の設計図属性情報6と設計図データ4をセットにして署名し、更にタイムスタンプサーバ8に要求してタイムスタンプを付与する。電子署名及びタイムスタンプは署名情報として追加属性情報61を更新する。 (もっと読む)


【課題】タイムスタンプトークンの発行保証数に制限がある場合であっても、タイムスタンプ局から個々の電子ファイルに対するタイムスタンプトークンを確実に取得し、付与する。
【解決手段】本発明の一実施形態に係る文書管理装置は、通信部、記憶部および制御部を備える。通信部は、電子ファイルに付与するタイムスタンプトークンを発行するタイムスタンプ局にネットワークを介して接続される。記憶部は、タイムスタンプトークンが未付与の電子ファイルを一時保管する。制御部は、タイムスタンプ局に対するタイムスタンプトークンの発行要求の総数が単位時間当たりの所定の発行保証数を超えない範囲で記憶部から電子ファイルを順次選択し、選択した電子ファイルに付与するタイムスタンプトークンの発行要求をタイムスタンプ局に行い、発行されたタイムスタンプトークンを電子ファイルに付与する。 (もっと読む)


【課題】非改ざんを証明する情報である証拠情報を発行した装置を用いることなく、出力したデータの非改ざんを検証することができる。
【解決手段】証拠情報生成部12は、原データの非改ざんを証明する証明情報を生成し、証明情報と証明情報を生成した時刻を示す時刻情報とを含む証拠情報を生成する。サーバ送信部13は、証拠情報をクライアント装置20に対して送信する。クライアント受信部23は、サーバ装置10から送信される証拠情報を受信する。時刻情報取得部24は証拠情報から証明情報が生成された時刻を示す時刻情報を取得する。報告書生成部26は、原データに時刻情報と公開先を示す公開先情報とを含めた報告書データを生成する。転送部27は、報告書データを公開する公開サーバ30に対して、原データと、証拠情報と、報告書データとを転送する。出力部28は、報告書データを出力する。 (もっと読む)


【課題】一つのタイムスタンプが付与されたファイル間の関係を、改竄検知可能に保持することができるタイムスタンプ付与装置を提供する。
【解決手段】スケジューラ部42aは、タイムスタンプ付与対象となる複数の任意ファイルを指定する。ERS管理ファイル作成部42cは、複数の任意ファイル間の関係を含むERS管理ファイルを作成する。タイムスタンプ及びデータファイル受取部42bは、複数の任意ファイル及びERS管理ファイルに対して一つのタイムスタンプの発行要求をタイムスタンプ局5に行い、タイムスタンプ局5が発行したタイムスタンプを通信I/F部41を通じて取得する。ERSファイル作成部42dは、複数の任意ファイル及びERS管理ファイルに対して、タイムスタンプの有効性を検証可能な検証用ファイルをそれぞれ作成する。 (もっと読む)


【課題】秘密鍵や原本データをサーバ側に渡さずにサーバ側で長期署名データ/署名データを検証する。
【解決手段】端末は、原本データの所定関数による関数値と、当該原本データの署名データ(原本データの関数値を秘密鍵で暗号化した署名値、当該秘密鍵に対応する公開鍵の公開鍵証明書)を送信し、サーバは、署名値を公開鍵で復号化して関数値を取り出し、当該取り出した関数値と端末が送信してきた関数値を比べることにより原本データの正当性を判断する。長期署名である場合、サーバは、署名データを構成する情報を用いて長期署名を確認するための関数値を作成するための情報から原本データを除いた情報を作成して端末に送信する。端末は、当該情報に原本データを加えて所定関数による関数値を計算してサーバに送信し、サーバは当該関数値を用いて長期署名の正当性を検証する。 (もっと読む)


【課題】時刻情報を取得するための構成を簡素にできること。
【解決手段】時刻情報を含む認証要求に基づいて認証を行うサーバと通信可能に接続される画像処理装置であって、外部装置から時刻情報が付加されている画像処理ジョブを取得する取得部と、取得部によって取得された画像処理ジョブを実行する画像処理部と、時刻情報を含む認証要求をサーバに送信する認証要求部と、サーバから認証要求についての認証結果を受信する受信部とを備え、外部装置から取得された印刷ジョブに付加されている時刻情報を含む認証要求をサーバに送信し(S102)、サーバから認証成功を示す認証結果を受信すると(S103でYes)、サーバとの間で印刷ジョブに関する通信を行う(S105)。 (もっと読む)


【課題】ユーザ側に機密情報を保持したまま、複数の原本データに対して長期署名を行う。
【解決手段】長期署名システム1は、複数の原本データに対して、原本データと署名用の秘密鍵を外部に出さずにクライアント端末3に保持したまま、長期署名サーバ2と協働して、これら複数の原本データの個々について長期署名データを生成することができる。長期署名システム1では、長期署名方式にPAdESとXAdESがあり、原本データごとに方式を指定し、これら複数の方式が混在したまま、同時並行して長期署名データを生成することができる。また、長期署名システム1では、署名用の秘密鍵と対となる公開鍵証明書を発行した認証局秘密鍵が同じで、かつ、タイムスタンプ用の秘密鍵と対となる公開鍵証明書を発行したTSA認証局秘密鍵が同じとすることで検証情報が原本データで共通となり、単一の検証情報を処理すればよい。 (もっと読む)


【課題】2つ以上の携帯電話が同じ時刻に同じ場所に存在したことを安全に第三者に証明する。
【解決手段】複数のユーザ端末と仲介者端末とからなる存在証明システムであって、複数のユーザ端末をグループ化して、仲介者端末が複数のユーザ端末の存在証明を行う。すなわち、2つ以上の携帯電話が同じ時刻に同じ場所に存在したことを安全に第三者に証明する。 (もっと読む)


【課題】長期署名の有効性を効率的に確認する。
【解決手段】長期署名グループは、長期署名一式データと情報ファイルから構成されている。長期署名一式データは、原本データと、当該原本データの長期署名データであるXAdESを圧縮して1つのファイルとしたものである。情報ファイルには、長期署名一式データのハッシュ値、XAdESに用いられているATSの有効期限、失効情報の配布ポイントとATSのシリアル番号などが記録されている。ハッシュ値により長期署名一式データの非破壊性を確認し、有効期限によりATSの有効期限を確認し、失効情報の配布ポイントから失効情報を取り寄せてATSの有効性を確認することができる。 (もっと読む)


【課題】ユーザ側に機密情報を保持したまま長期署名を行う。
【解決手段】クライアント端末3は、PDF文書と電子署名に用いる秘密鍵を長期署名サーバ2に渡さずに、長期署名サーバ2と通信しながらPAdESを生成することができる。PAdESとは、PDF形式のファイルに対して規定されている長期署名フォーマットである。クライアント端末3は、電子署名済みでタイムスタンプ発行前のCAdESを長期署名サーバ2に送信してCAdESへのタイムスタンプの発行を依頼する。クライアント端末3は、検証情報の収集を長期署名サーバ2に依頼して取得し、更に、署名済みPDF文書と検証情報の非改竄性を確認するための情報をこれらから生成して長期署名サーバ2に送信してDTSの生成を依頼する。 (もっと読む)


【課題】コンテンツデータの生成者以外の第三者に公開されるコンテンツデータを保護することが可能な、新規かつ改良された情報処理装置等を提供する。
【解決手段】コンテンツシェアリングサーバ10は、ユーザ41からアップロードされたコンテンツに対するタイムスタンプをタイムスタンプ付与サーバ20に要求し、コンテンツデータにタイムスタンプが付与された場合に、コンテンツデータを第三者に公開する。 (もっと読む)


【課題】 高精細なハードウェアを搭載せず、微細時間のタイムスタンプを取得する。
【解決手段】 計時回路の計時情報の最小桁が桁上がりを生じたことを把握した際の当該計時情報Tを取得する第1の時刻更新処理部(108、108a)と、ウオッチドッグタイマのカウント値をリセットする際、リセット前のカウント値を取得して計時情報の最小桁が桁上がりを生じたことを把握してからの累積カウント値Cを算出する第2の時刻更新処理部(108、108b)と、所定イベント発生の際、ウオッチドッグタイマのカウント値Cmを取得して計時情報の最小桁が桁上がりを生じたことを把握してからの累積カウント値(C+Cm)を算出し、累積カウント値(C+Cm)、1カウントに要する時間Δt、計時情報Tからタイムスタンプ値Tsを算出するタイムスタンプ生成処理部(109)とを備えたタイムスタンプ取得装置(107)。 (もっと読む)


【課題】簡便な方法で電子的な契約を取り交わして電子契約書を保存する。
【解決手段】端末31から正式認証情報が送信された場合に限り、端末31から契約書ファイルをデジタル契約サーバ4に送信させ、ストレージサーバ6に保存する。端末32から正式認証情報又は仮認証情報が送信された場合に限り、契約書ファイルを端末32に送信して受諾者に閲覧させる。端末32において契約について受諾の旨が入力され、その情報がデジタル契約サーバ4に送信される。契約書ファイルには、送信のログ記録及び契約受諾の旨のログ記録が書き込まれ、更新された契約書ファイルについてタイムスタンプサーバ8がタイムスタンプを行い、タイムスタンプファイルがストレージサーバ6に保存される。端末32から仮認証情報が送信された案件であって所定期間内に本人認証書類を受領していない案件について、削除手段がタイムスタンプファイルをストレージサーバ6から削除する。 (もっと読む)


【課題】ストリームデータに対して時刻認証を行うことで、原本性保証および真正性検証を行い、法的な証拠能力を持たせる。
【解決手段】
電子署名データ管理装置1aは、ストリームデータを所定のデータ構成単位で抽出し、当該抽出した所定の複数データから合成データ200を生成するデータバッファリング処理部14と、合成データ200に対するHash300を生成するHash生成部15と、Hash300をTSA2aへ送信するHash送信処理部16と、TSA2aからHash300に対するトークン400を受信するトークン受信処理部17と、合成データ200、Hash300およびトークン400を合わせて電子署名データ500を生成する電子署名データ生成処理部18と、電子署名データ500を記憶する記憶装置19とを備えた。 (もっと読む)


【課題】データ処理システム上で実行するソフトウェアアプリケーションを用いて、事後検証可能なデータセットの作成を実現する。
【解決手段】1または複数の画像を示すデジタル画像データ1を受信するステップと、画像データ1に関する少なくとも1つの付加的な情報項目2を受信するステップと、画像データ1と少なくとも1つの付加的な情報項目2とを含むデータオブジェクト3を作成するステップと、データオブジェクト3に割り当てられた適格のタイムスタンプ4を受信するステップと、割り当てられたタイムスタンプ4と共にデータオブジェクト3をデータベースに記憶するステップにより実現する。 (もっと読む)


【課題】文書の存在証明、さらに詳しくはタイムスタンプ、電子証明書を用いた、証明書ファイルを作成して前記文書を電子的に証明する方法に関し、証明元文書データに証明書ファイルを添付した場合に、その内容を汎用リーダーにて確認することができる、証明方法を提供する。
【解決手段】証明元文書データ1をPDF文書4に変換し、証明書ファイル51とともに一つのPDF形式ファイル52として一体化させた後に、タイムスタンプ7及び電子証明書6を添付する。
【効果】これにより、証明する文書の内容確認が容易となり、副本を容易に作成することができる。 (もっと読む)


1 - 20 / 290