説明

国際特許分類[A61K8/04]の内容

国際特許分類[A61K8/04]の下位に属する分類

乳化 (1,750)

国際特許分類[A61K8/04]に分類される特許

121 - 130 / 353


【課題】外観色の明度が高く、乳化粒径が細かくクリーミーで使用感が良く、保存安定性に優れた油中水型乳化化粧料の製造方法を提供すること。
【解決手段】本発明の製造方法は、加熱下で油性成分に水性成分を添加し、乳化分散して得られた流動体を冷却する工程を有する油中水型乳化化粧料の製造方法である。本発明の製造方法は、管状のケーシング41内に、駆動軸42と、該駆動軸42に取り付けられた攪拌羽根43とからなる攪拌体44を備え、該駆動軸42が軸方向に振動するようになされている振動式攪拌混合装置40を用い、該振動式攪拌混合装置40内を通過させることで流動体を連続的に冷却する油中水型乳化化粧料の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】熱分解しやすい美容成分を含んでいても、長期間安定した性状を保ちながら繰り返し加温して使用することができる化粧料を提供することを目的としている。
【解決手段】ビタミンC誘導体などの熱により劣化しやすい熱劣化性成分を含む化粧料において、熱劣化性成分を予めマイクロ乳化することによって得たマイクロ乳化物が、他の成分と分散混合状態となっているようにした。 (もっと読む)


【課題】カーボンブラックを使用した水性分散体において界面活性剤を安全かつ最小量にし、かつその水性分散体を化粧料に配合したとき、処方される溶剤や皮膜形成剤との相溶性に優れ、最終使用形態として耐水性に優れたカーボンブラックの水性分散体を提供する。
【解決手段】ファーネス法で製造された高純度カーボンブラックを用い、分散剤として非イオン系界面活性剤を含む。ここで、非イオン系界面活性剤のHLBが10以上であり、かつ界面活性剤濃度が15質量%以下、カーボンブラック濃度が10質量%以上であるカーボンブラックの水性分散体。 (もっと読む)


【課題】大きな温度変化の適用またはコスモトロピック化合物の使用を概ね省くことができ、また植物保護製品および/または農薬および/または化粧品および/または殺菌剤などの生理活性組成物の配合物に適用することができるナノエマルジョンの調製方法を提供する。
【解決手段】水に難溶性または水に不溶性であり、マイクロエマルジョン相境界の少なくとも一方の温度をより低いレベルに低下させる擬似コスモトロピック物質の併用を含む、マイクロエマルジョンの希釈により上記ナノエマルジョンを調製する。 (もっと読む)


ナノ粒子のフラクタルネットワークと半透明の巨視的粒子の組み合わせから形成されるゲルシステムを含む組成物、二酸化チタンおよび他の着色顔料が開示される。前記組成物は、フラクタル粒子、巨視的粒子、二酸化チタンおよび着色顔料の間の相乗作用の結果として、皮膚が自然な外観を保っている間に、小じわやしわをぼかすのに有効な膜を形成できる。また、それらの使用方法についても開示する。 (もっと読む)


【課題】この発明は人体に悪影響を与えず、雑菌の繁殖を抑制する、安価で安定性の高い懸濁性入浴剤を提供するものである。
【解決手段】この懸濁性入浴剤は、少なくともヒドロキシカルボン酸銀を含有することを特徴とする。このような懸濁性入浴剤であると、養分となるコロイド粒子と共に銀イオンを、雑菌が吸収し、雑菌の繁殖を積極的に抑制することができる。したがって、若干冷めた湯を翌日沸かして使用したり、入浴に適した温度を長期間維持したりしたとしても、衛生的に使用することができる。ヒドロキシカルボン酸として、乳酸、クエン酸、リンゴ酸などを用いることができる。 (もっと読む)


本発明は、水性サスペンジョンの形態又は粉末状固体の形態のナノ微粒子状酸化亜鉛の調製プロセスに関する。さらに、本発明は、サンスクリーン化粧製剤における、プラスチック中、ペイント中、コーティング中の安定化剤としての、及び抗微生物活性成分としての、このように調製された酸化亜鉛粒子及び酸化亜鉛サスペンジョンの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、a)負の表面電荷を有する粘土物質、b)前記粘土物質内に組み込まれた及び/又は別々に添加されたマグネシウムイオン及びカルシウムイオンの両方、c)水及び/又は非水溶媒、d)実質的に非カチオン性の担体を含有し、さらにi)前記粘土物質の平均粒子径が少なくとも5nmであり、かつii)マグネシウムイオンの総モル量がカルシウムイオンの総モル量より高い、組成物を提供する。本発明はさらに、表皮/粘膜のバリア機能の形成及び/又は回復が有益な効果を有する、皮膚疾患、皮膚病態又は粘膜疾患の予防及び治療のための薬物の製造における、前記組成物の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、脂肪相内に、医薬活性剤として、可溶化フェノール誘導体及びレチノイドを含む、特に局所適用のための新規な無水脱色素沈着組成物、それを調製する方法、及びその皮膚科学的使用に関する。
(もっと読む)


【課題】セラミド類を含有すると共に、分散安定性に優れ、保湿効果の高い外用剤及びその製造方法を提供する。
【解決手段】セラミド類の良溶媒、例えばエタノールのような水溶性有機溶媒に、セラミド類、好ましくは2種以上のセラミド類の組み合わせを溶解した第1相と、水相である第2相とを混合することによって形成された粒径0.2μm以下のセラミド類含有粒子と、スフィンゴシン類と、を含有する外用組成物であり、好ましくは、更に多価アルコールを含み、多価アルコールの存在下でセラミド類含有粒子を形成して得られた外用組成物である。 (もっと読む)


121 - 130 / 353