説明

国際特許分類[D04H3/10]の内容

国際特許分類[D04H3/10]に分類される特許

11 - 20 / 91


【課題】
主として自動車の内燃機関用フィルターとして空気中の砂塵や塵芥の除去と共に清浄効率を維持しつつ焼却処分時に排出されるCO2を削減し地球温暖化防止に寄与する。
【解決手段】
粗層,中層,密層の順に繊維層を積層した密度勾配型不織布において、各繊維層に植物由来成分のPLA(ポリ乳酸)繊維を50%以上含有させると共に、少なくとも密層部に1.0〜1.5デシテックスのポリエステル繊維を含有せしめた。なお、PLA繊維にはその一部又は全部に芯鞘構造のPLA繊維を用いる。 (もっと読む)


【課題】液中からのイオンを除去するフィルターにおいて、微量な陽イオンを分離するとともに低圧力損失でかつ繊維の脱落などによるコンタミネーションを起こさないフィルターを得る。
【解決手段】平均繊維径が0.3〜5μmのポリオレフィン系極細不織布と、平均繊維径5〜25μmの合繊長繊維不織布が積層された布帛を含み、かつ該布帛が無水硫酸ガス中でスルホン化加工されていることを特徴とする液中イオン分離フィルター。 (もっと読む)


【課題】表面に付着した水分を急速に吸収し、吸収した水分を迅速に拡散し、これにより吸収した水分を急速に蒸発させ、着用時の蒸れ感を軽減することができる速乾性のライニング皮革を提供する。
【解決手段】繊維銀面を有する銀付調人工皮革からなるライニング皮革であって、該銀付調人工皮革が極細長繊維を複数本含む繊維束が3次元的に交絡した絡合不織布とその内部に含有された高分子弾性体からなり、下記条件(1)〜(3):
(1)前記極細長繊維の平均繊度が0.001〜2dtexである、
(2)前記極細長繊維の繊維束の平均繊度が0.5〜10dtexである、および
(3)前記ライニング皮革を厚さ方向に、表面層、基体層1、基体層2、基体層3および裏面層の5層にこの順に等分割したときに、表面層を形成する極細長繊維同士は少なくとも一部融着して繊維銀面を形成しているが、基体層2、基体層3および裏面層を形成する極細長繊維同士は融着していない
を同時に満足するライニング皮革。 (もっと読む)


【課題】ソフト性に優れたスパンボンド不織布及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】本発明はソフト性に優れたスパンボンド不織布及びその製造方法に係り、さらに詳しくは、従来の衛生製品のシートとして用いられる不織布において、ソフト性を改善するためにポリプロピレンにエチレンが共重合されたコポリマーを用いてスパンボンド不織布を製造することから不織布のソフト性を容易に改善することができ、しかも、一定以上の空気透過性と物性を保有するソフト性に優れたスパンボンド不織布及びその製造方法に関する。本発明のソフト性に優れたスパンボンド不織布は、ポリプロピレン鎖にエチレンが6重量%以上10重量%以下に共重合されたエラストーマ系ランダムコポリマーをホモポリプロピレンに10〜40重量%ブレンドし、且つ、アミド化合物が5〜20重量%含有されたマスターバッチ0.5〜5重量%をブレンドして溶融した後に紡糸・延伸して1〜5デニールの繊維径のフィラメント繊維を製造し、その後、前記繊維を連続移動するコンベヤ上に集積してフィラメントウェブを得、このようにして得られたフィラメントウェブを熱接着またはニードルパンチ加工して目付けが10〜100g/m2になるように製造されたものであることを特徴とする。 (もっと読む)


ストリップ形状の延伸破断ケーブルから製作されたウェブの多軸積層体の製造方法は、コンベア・テーブル上に、該コンベア・テーブルのフィードで、前記コンベア・テーブルの縦軸に沿った事前に延伸破断され、且つ事前に巻回された延伸破断ストリップの第1層を配置する段階であって前記ストリップは部分的に重畳される段階と、少なくとも2つのストリップを移動させて堆積させる手段であって各々は事前に延伸破断されたストリップを受けて、異なる平面における事前に切断されたストリップの前記第1層上に連続して重ねて該ストリップを配置し、延伸破断ストリップの多軸ウェブを形成する手段を、傾斜した位置及び/又は拡散的位置において、予め定められた角度で、前記コンベア・テーブルに沿って配置する段階と、その後、前記ウェブが固定装置(3)により処理される段階と、前記コンベア・テーブルの支持ベルトの運動が段階的に行われて前記転送手段により堆積された事前に延伸破断されたストリップの各種層の重なりを確実にする段階と、を備え、前記方法の実施は前記ストリップの各々の従来の結合処理のいかなる作業なしで行われる。
(もっと読む)


【課題】非捲縮の極細繊維発生型長繊維を用いて得た長繊維ウェブの表面を熱プレスして表面近傍の極細繊維発生型長繊維を仮融着する。これにより非捲縮であっても極細繊維発生型長繊維を充分に絡合させることができる。また、コントロールされた条件でニードルパンチすることにより切断することなく極細繊維発生型長繊維が充分に絡合し、また、仮融着箇所が細分化して高品位の人工皮革を製造することができる長繊維不織布が得られる。
【解決手段】3次元的に絡合した非捲縮の極細繊維発生型長繊維からなり、2〜5本の極細繊維発生型長繊維が融着した部分が表面近傍に20個/mm2以下存在する長繊維不織布。 (もっと読む)


【課題】天然皮革により近い性質を有する銀付調皮革様シート、および、該銀付調皮革用シートを合理的で低コスト、かつ低環境負荷で製造することできる製造方法を提供する。
【解決手段】極細長繊維を複数本含む繊維束が3次元的に交絡した絡合不織布とその内部に含有された高分子弾性体からなる皮革様シート1の表面に該極細長繊維および/または該極細長繊維の繊維束同士が融着してなる融着層を形成していることを特徴とする銀付調皮革様シートであり、かつ前記銀付調皮革様シートの製造方法。 (もっと読む)


【課題】風合い及び折れ皺感に優れた人工皮革、及びこれを効率よく製造する人工皮革の製造方法を提供する。
【解決手段】基体層と該基体層の少なくとも一方の面側に形成されてなる表面層とを有し、前記基体層が高分子弾性体と極細長繊維を複数本含む繊維束とからなり、前記表面層が高分子弾性体と前記基体層から伸びる前記極細長繊維とからなり、前記表面層と前記基体層との間に、前記高分子弾性体が存在しない領域があり、その領域が前記極細長繊維により少なくとも部分的に仕切られた空隙となっており、前記空隙の厚さ方向の平均長さが10〜200μmである人工皮革、及びその製造方法である。 (もっと読む)


【課題】強化繊維基材の製造、カット、樹脂含浸、プリフォーム化等の中間工程において、繊維角度のズレが少ない、コンポジット(FRP)物性に優れた多軸ステッチ基材とそれを用いたプリプレグ等を提供すること。
【解決手段】強化繊維束が平行にシート状に配列された層が2層以上積層され、それらの層がステッチ糸により一体化された多軸ステッチ基材であり、いずれの層も積層角度が0度ではなく、それぞれの層は、50gfの荷重による伸びが10%以下であるステッチ糸を用いてチェーンステッチ(単環縫い)によって拘束されており、且つ、ステッチを形成する1本のステッチ糸が、多軸ステッチ基材1m当たり、特定の長さで使用されている多軸ステッチ基材であり、これとマトリックス樹脂とからなる繊維強化プラスチックは衝撃吸収体として有用である。 (もっと読む)


【課題】賦型性に優れ、かつ、製造時の巻き取りテンションにより長さ方向の伸びが少ない、即ち、繊維目曲の少ない0度層を持たない多軸ステッチ基材を提供すること。
【解決手段】強化繊維束が平行にシート状に配列された層が2層以上、いずれの層も積層角度が0度ではないように積層され、それらの層がステッチ糸により一体化されたバイアスステッチ基材であって、該基材は、基材の幅方向における補強された両端部(補強部)と、該両端部に挟まれた補強されていない中間部(非補強部)とからなり、該非補強部の引張り弾性率が10kPa以下であり、かつ、該補強部の引張り弾性率が5MPa以上であることを特徴とするバイアスステッチ基材、及び、かかる基材を用いたプリフォームとプリプレグ。 (もっと読む)


11 - 20 / 91