説明

国際特許分類[G06F9/44]の内容

国際特許分類[G06F9/44]の下位に属する分類

国際特許分類[G06F9/44]に分類される特許

1 - 10 / 2,480



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】生成する実行プログラムを動的に変えることのできる情報処理装置、情報処理方法、及び情報処理プログラムを提供する。
【解決手段】
ベースコード21と、当該ベースコード21に変更を加えるための1以上の動的イメージ23とを記憶する記憶部111と、1以上の変更情報のうちの少なくとも1つをベースソース21に適用することにより仮想ソースコード25を生成する変換部103と、変換部103が生成した仮想ソースコード25からアプリケーション27(実行プログラム)へとコンパイルするコンパイル部105とを備える。 (もっと読む)


【課題】コンペア結果内から確認する必要のない不一致箇所の抽出を防止すること。
【解決手段】本番環境資材データベース133及びテスト環境資材データベース140から取得した本番用資材情報とテスト用資材情報との比較によるコンペア結果を作成するコンペア処理部120と、テスト用資材情報が本番用資材情報とのリリース確認作業を行うためのチェックリストを作成するチェックリスト作成処理部115と、前記コンペア処理部120によるコンペア結果を読み込み、該コンペア結果の不一致箇所からリリース日時及び資材格納先のパスの確認不要な箇所を除いた他項目の不一致箇所を記載した不一致箇所通知書を出力する結果確認処理部125とを設けた資材リリース確認支援システム。 (もっと読む)


【課題】フロー情報をより適切に管理することを目的とする。
【解決手段】削除されたか否かを示す情報が対応付けられ、処理工程の組み合わせを示すフロー情報に設けられる設定を示す設定情報を記憶する記憶部を有する情報処理装置が、フロー情報を実行する操作ユーザからの指示を受け付け、操作ユーザの権限を特定し、操作ユーザの権限が管理者の権限であると特定すると、削除されたことを示す情報が対応付けられた設定情報がフロー情報に設けられているか否かを判断し、設けられていると判断した場合、削除されたことを示す情報が対応付けられていない設定情報への変更を促す旨を出力することによって課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】配列の初期サイズを実行環境において動的に調整する技術を提供する。
【解決手段】
調整理置は、記憶装置と、記憶装置に格納された実行対象プログラムと、実行対象プログラムを解釈し、APIの記述の検出に応答して対応するAPIの機能を呼び出し実行する実行手段と、実行手段により呼び出され得る、所定のサイズの配列を割り付ける第1のAPIと、引数で指定された配列を拡張する第2のAPIとであって、実行時にそれぞれ、割り付けた配列のプロファイル情報格納領域に、拡張前の配列の割付呼び出しコンテキストを格納するコードに変換される、上記第1及び第2のAPIと、配列へのアクセスをプロファイルするプロファイラと、動的コンパイル対象のコード部分に含まれる配列の割付呼び出しコンテキストをインライン展開し、該コンテキストに関連づけられた全アクセス情報に基づき決定される配列のサイズを配列の初期サイズとして埋め込む動的コンパイラと、を含む。 (もっと読む)


【課題】
企業情報システムの開発のプロジェクトにおいて開発機やテスト機等の環境を構築する際、計算機やソフトウェアの員数、組合せ、配置の設計、計算機間の連携方式等のシステム構成設計作業は人手で行っており時間がかかっている。
本発明では、過去に実施したプロジェクトの中で現プロジェクトと類似しているシステム構成を抽出し、そのシステム構成を流用する事で、システム構成設計の作業を軽減する。
【解決手段】
現プロジェクトと過去プロジェクトのシステム要件の類似度と過去プロジェクトの計算機環境を流用した場合の手作業工数とを算出するプロジェクト評価部103と、現プロジェクトと類似している過去プロジェクトの候補を抽出し、計算機環境構築手順書を表示する入出力部101とを備えるシステム構築支援方法である。 (もっと読む)


【課題】操作対象のオブジェクトを命名された名前で記述すべきオブジェクトと値で記述すべきオブジェクトとに区別したプログラムコードを生成する。
【解決手段】プログラム生成装置10において、操作インターフェイス部13は、対象オブジェクトへの操作命令を伝え、対象オブジェクト管理部12は、操作命令を表す命令情報を登録し、対象オブジェクトに名前を付ける命名命令があると、対象オブジェクトへの命名を管理する操作対象モデルと名前との対応情報を登録し、コード生成部15は、登録された命令情報を順次取り出し、これが命名命令を表す場合に、対象オブジェクトを宣言するコードを生成し、これが他の操作命令を表す場合に、対応情報があれば、操作対象モデルに対応する名前を用いてコードを生成し、対応情報がなければ、対象オブジェクトの値を用いてコードを生成し、コード表示部16は、コードを表示する。 (もっと読む)


【課題】大規模ソフトウェア開発において、複数要求仕様書間の要求仕様記述の統一性を確保する。
【解決手段】記述間相違抽出部であって、要求仕様記述を要求仕様ごとに加工して同一要求仕様についての記述を抽出する同一要求仕様記述抽出部と、前述した同一要求仕様についての記述に対して相違するキーワードを抽出する相違キーワード抽出部と、前述した相違キーワード抽出部で抽出した相違するキーワードによって既存の辞書定義を更新する辞書定義更新部を有する。 (もっと読む)


【課題】サンプリング型プロファイラのためにプロファイル対象を決定する技術を提供する。
【解決手段】本発明の情報処理システムは、プログラムの実行中に、クラス又はオブジェクトの割り付け場所毎のサンプリング頻度に基づきプロファイル対象に設定されたオブジェクトへのアクセスを検出することに応答して、該アクセスに関するプロファイル情報を格納するプロファイル情報収集部と、
プロファイル情報に基づいて、クラス又はオブジェクトの割り付け場所ごとに、プログラムの最適化に利用する性質を有するオブジェクトを割り付けられた割合を算出し、算出した割合が所定の閾値以下であるクラス又はオブジェクトの割り付け場所についてのサンプリング頻度を下げるサンプリング頻度更新部とを含む。 (もっと読む)


1 - 10 / 2,480