説明

ダイキン工業株式会社により出願された特許

991 - 1,000 / 7,604


【課題】回転式圧縮機において、油供給機構による潤滑油の供給が停止した場合であっても、駆動軸と軸受との摺動部分を潤滑できるようにする。
【解決手段】ケーシング(11)と、ケーシング(11)内に収容される電動機(50)と、電動機(50)から略鉛直方向に延びる駆動軸(40)と、駆動軸(40)に駆動されて流体を圧縮する圧縮機構(20)と、駆動軸(40)を支持する少なくとも1つの軸受部(22d,32)と、ケーシング(11)の底部(11a)に溜まった潤滑油を軸受部(22d,32)と駆動軸(40)との間の軸受隙間(27,47)に汲み上げる油供給機構(30)と、軸受隙間(27,47)の上方に軸受隙間(27,47)と連通する油貯留空間(S1,S2,S2')を形成する油溜め部(26,46,46')と、を備える回転式圧縮機を構成する。 (もっと読む)


【課題】膨張機構で高圧冷媒のエネルギーを動力として最大限、回収しつつ、該膨張機構の冷媒の吸入量を可変とする構成の冷凍装置を得る。
【解決手段】膨張機構(50)は、押しのけ容積が互いに相違する2つのロータリ機構部(70,80)を備える。これらのロータリ機構部は直列に接続されていて、押しのけ容積の小さいロータリ機構部のシリンダ(71)には、2つの吸入ポート(55,56)が形成されている。該吸入ポート(55,56)に接続される導入管(24,27)には、前絞り弁(60)及び開閉弁(61)が設けられている。上記膨張機構(50)をバイパスするバイパス管(65)にはバイパス弁(66)が設けられている。これらの弁(60,61,66)を制御することで、上記膨張機構(50)の冷媒循環量と圧縮機構(40)の冷媒循環量とのバランスをとる。 (もっと読む)


【課題】R32の冷媒を圧縮する圧縮機において、起動時の潤滑不良を未然に防止すること。
【解決手段】R32単体の冷媒またはR32を主成分とする混合冷媒が充満し、且つ、底部に冷凍機油が貯留される油溜まり部(71)が設けられるケーシング(70)と、ケーシング(70)内に収容される冷媒の圧縮機構(82)と、油溜まり部(71)の冷凍機油に浸漬し、運転中に該冷凍機油を吸入して摺動部へ供給する油吸入部(66)と、油溜まり部(71)に溜まった液冷媒の密度よりも冷凍機油の密度が大きくなるように、運転開始前に、油溜まり部(71)を加熱するヒータ(111)とを備えている。 (もっと読む)


【課題】駆動軸(40)を回転可能に支持する軸受部(32)を周方向において均一に冷却する。
【解決手段】回転式圧縮機において、ケーシング(11)と、ケーシングに収容される駆動機構(50)と、駆動機構(50)に連結する駆動軸(40)と、駆動軸(40)に回転駆動されて流体を圧縮する圧縮機構(20)と、駆動軸(40)を回転可能に支持する軸受部(32)を有し、軸受部(32)が挿通固定される軸受穴(23c)が形成されたハウジング部(23)と、駆動軸(40)と軸受部(32)との間の軸受隙間(27)に潤滑油を供給する油供給機構(30)と、を設け、ハウジング部(23)の軸受穴(23c)の内周面に、軸受部(32)の周囲を冷却するように、油供給機構(30)からの潤滑油が流れる冷却溝(28,58,68)を形成する。 (もっと読む)


【課題】停止中の圧縮機の駆動基板において消費される待機電力を削減する。
【解決手段】熱源ユニットは、冷媒を圧縮する複数の能力可変型の圧縮機A,Bと、電源30から電力が供給され、各圧縮機A,Bをそれぞれ駆動するための複数の駆動基板41,42と、駆動基板41,42に対する電力の供給・遮断を切り換える複数のスイッチ411,421と、各スイッチ411,421に電力の供給・遮断を切り換えるための制御信号を与える給電制御手段40とを備える。給電制御手段40は、少なくとも一つの圧縮機Aが作動し他の圧縮機Bが停止しているときに、所定の電力遮断条件に基づき、停止中の圧縮機Bを駆動するための駆動基板42への電力を遮断する遮断制御信号をスイッチ421に与え、さらに、所定の電力供給条件を満たしたとき、電力が遮断された駆動基板42へ再度電力を供給するための供給制御信号を前記スイッチ421に与える。 (もっと読む)


【課題】シングルスクリュー圧縮機の圧縮効率の向上。
【解決手段】シングルスクリュー圧縮機(1)は、流体室(23)を形成する複数の螺旋溝(41)が外周面に形成されたスクリューロータ(40)と、ゲートロータ(50)と、スクリューロータ(40)及びゲートロータ(50)を収容するケーシング(10)とを備え、ケーシング(10)の内部には、ケーシング(10)へ吸い込まれた圧縮前の低圧ガス冷媒が流入し且つスクリューロータ(40)の端面に開口する螺旋溝(41)の始端に連通する低圧空間(S1)が設けられている。ケーシング(10)は、その内部に、吸入工程中の流体室(23a)を形成する螺旋溝(41a)の低圧ガス冷媒が逆流するのを阻止するための逆流阻止片(72)を備えている。 (もっと読む)


【課題】滅菌対象となる処理室を滅菌する滅菌システムにおいて、処理室の滅菌効果を維持しつつ、過酸化水素の使用量を低減し且つ滅菌システムの構成部品等の経時劣化を抑制する。
【解決手段】処理室(2)の排気口(2a)と給気口(2b)とを繋ぐ循環流路(11)を含み処理室(2)内の空気を循環させる空気循環機構(10)と、循環流路(11)に配置されプラズマ放電を行うことにより空気中の菌を分解する活性種を生成するプラズマ放電部(21)と、循環流路(11)へ過酸化水素を供給する過酸化水素供給部(30)と、を備える滅菌システムを構成する。 (もっと読む)


【課題】絞り弁の劣化レベルに応じた警告をユーザに行え、また、絞り弁の劣化レベルに応じたメンテナンスをユーザに促すことができる油圧ユニットを提供する。
【解決手段】油圧ユニット1は、メインライン10からタンク4へ分岐したラインに接続された可変絞り弁7を備え、可変絞り弁7が、メンテナンスを実施するのが望ましい劣化レベル1になっているか否を判定し、可変絞り弁7が劣化レベル1になっていると判定されたときに、可変絞り弁7が劣化レベル1になっているとユーザに警告し、可変絞り弁7が、劣化レベル1より劣化が進んだ劣化レベル2になっているか否かを判定し、可変絞り弁7が劣化レベル2になっていると判定されたときに、可変絞り弁7が劣化レベル2になっているとユーザに警告する。 (もっと読む)


【課題】滑り軸受が固定された軸受ハウジングを備えたスクロール圧縮機において、軸受ハウジングに弾性溝部を形成した場合でも、滑り軸受の信頼性を確保できるようにする。
【解決手段】軸受ハウジング1は、中空部を有する筒状に形成し且つ軸受ハウジング1の内周面1bに固定した滑り軸受部2の熱を放出することが可能である。そして、軸受ハウジング1に、軸受ハウジング1の外面7aと弾性溝部の内面との間を貫通して弾性溝部内の潤滑油を軸受ハウジング1の外部へ排出する排油通路4を設ける。 (もっと読む)


【課題】モータを起動させる際、風等の影響を受けてモータが正方向または逆方向のどちらかに回転している状態にあっても、モータを確実に起動させることができるモータ駆動制御装置の提供。
【解決手段】回転方向検知部2は、モータ51起動直前の回転方向を検知する。駆動電圧調整部5は、回転方向検知部2により検知されたモータ51起動直前における回転方向に応じて、モータ51起動時の駆動電圧SU1,SV1,SW1が、モータ51が無回転の状態で起動する場合にモータ51に出力される所定駆動電圧と異なるように調整する。特に、駆動電圧調整部5は、モータの起動直前の回転方向に応じて、モータ51の回転数を制御するための制御パラメータを、モータ51が無回転の状態で起動する時に用いられる所定制御パラメータと異なるように調節し、調節された制御パラメータに基づいてモータ起動時の駆動電圧を更に調整することで、モータ起動時の駆動電圧が所定駆動電圧と異なるように調整する。 (もっと読む)


991 - 1,000 / 7,604