説明

ハリソン東芝ライティング株式会社により出願された特許

971 - 980 / 995


【課題】 有機EL素子を用いる表示装置用の発光装置の開発が進められているが、有機発光層を挟持している第1及び第2の電極層の端部を容器の外部に導出して外部接続用の端子として利用しているため、この電極層と封止体の接合部分からガスや水分等が侵入し易く有機発光層等の劣化が発生しているが、これを抑制すべく気密性を向上させた発光装置及び発光装置の製造方法を提供する。
【解決手段】 ガラス基板11に一対の貫通孔12,13を穿設し、この貫通孔12,13に外部接続端子14,15を植設し、この外部接続端子14,15に有機発光層20を挟持した第1及び第2の電極層19,21を接続し、これら電極層19,21及び有機発光層20を保護すべく、保護板23と封止材22とにより気密状態にガラス基板11上に封止する。 (もっと読む)


【課題】断面形状を少なくとも長径と短径とを用いて規定される場合に輝度ムラを防止するとともに十分な輝度が得られるようにする。
【解決手段】ガラス管2の断面形状の長径を1.2〜14.0mm、短径を0.7〜10.0mmの範囲にそれぞれ設定することで、放電空間の断面形状を細い扁平形や楕円形に規定して、収縮陽光柱の発生を防いで拡散陽光柱が得られるようにする。また、60〜99.9%のネオンと残部をアルゴンとする混合ガスを封入圧力6.5〜16.0kPaの範囲でガラス管内に封入することで、冷陰極蛍光ランプの発光効率を最適にする。この構成により、輝度ムラを防止するとともに、導光板や拡散板への入射効率を向上させ、十分な輝度が得られるようにする。 (もっと読む)


【課題】 コイルの径を大きくすること可能でありしたがって加熱効率が高くしかも単位コイルを並べたとき近接するコイルが接触する恐れがない、誘導加熱装置を提供すること。
【解決手段】 所定長の筒状の複数のコイルユニット11と、このコイルユニット11を通すコイルユニット支持体12とを備え、前記コイルユニット11は、前記コイルユニットを介して高周波電源が接続されるコイル15と、このコイル15が外周に捲回され、両端部に環状突起部21a,21bを有しこの環状突起部21a,21bの一部に切欠部25a,25bを有し、この切欠部25a,25bに前記コイル15を通す孔26a,26bを有するコイルボビン14とから成る。 (もっと読む)


【課題】 平面型放電ランプの始動電圧を効果的に低下させると共に、耐圧強度を上げる。
【解決手段】 透光性の前面基板1と背面基板2とを対向させて配置した平面状放電容器11と、平面状放電容器11内に封入された放電媒体12と、前面基板1と背面基板2との間隙に設けられた細長のスペーサー8と、背面基板の内壁又は外壁に放電媒体に接触しないように設けられた任意形状で細長の外部電極6,7とを具備する平面型放電ランプ20にあって、背面基板2の細長の外部電極6又は7が形成される位置に相当するランプ内壁に、放電媒体12に露出するようにしてMgO等の2次電子放出効果物質の層9を形成した。 (もっと読む)


【課題】
発光のちらつきの発生を抑制して、始動直後の光束立ち上がりを改善した水銀フリーのメタルハライドランプおよびこれを用いた前照灯を提供する。
【解決手段】
メタルハライドランプMHLは、内容積が0.1cc以下の透光性気密容器1、その内部に5mm以下の電極間距離をもって対向して封装された一対の電極1b、スカンジウム(Sc)、ナトリウム(Na)、インジウム(In)、亜鉛(Zn)および希土類金属のグループから選択された複数の金属のハロゲン化物ならびに希ガスを含み水銀(Hg)を本質的に含まないで透光性気密容器1内に封入された放電媒体を具備し、管壁負荷が60W/cm以上であり、始動後0.3〜1.2秒間の平均ランプ電圧をVoとし、かつ、安定時の平均ランプ電圧をVlとしたとき、0.45≦Vo/Vl≦0.72のVo/Vlが下式を満足する。 (もっと読む)


【課題】
発光のちらつきの発生を抑制する水銀フリーのメタルハライドランプおよびこれを用いた照明装置を提供する。
【解決手段】
メタルハライドランプMHLは、内容積0.5cc以下の透光性気密容器1と;透光性気密容器1内に5mm以下の電極間距離をもって対向して封装された一対の電極1b、1bと;スカンジウム(Sc)、ナトリウム(Na)、インジウム(In)、亜鉛(Zn)および希土類金属のグループから選択された複数の金属のハロゲン化物ならびに希ガスを含み水銀(Hg)を本質的に含まないで透光性気密容器内に封入された放電媒体と;を具備し、管壁負荷が60W/cm以上であるとともに、透光性気密容器内の水分をA(ng)とし、矩形波交流電圧が印加されて点灯する際の点灯周波数をf(Hz)としたとき、下式を満足する。
A/√f≦4.5 (もっと読む)


【課題】 休止時間を適当に設定したことで、発光効率の向上と点灯を確実とした放電灯点灯装置を提供すること。
【解決手段】 トランスT1を介して希ガス放電灯に加える、互いに180度位相の異なる2つの駆動信号を発生する点灯装置であって、前記駆動信号の周波数を定める第1の制御回路11と、この第1の制御回路11が出力する、互いに位相の異なる2つの制御信号の同時にオフとなる休止時間を設定する第2の制御回路12と、この第2の制御回路の出力を供給され、前記トランスに前記駆動信号を供給する第1、第2のスイッチング素子とを備えて成る。 (もっと読む)


【課題】PTC抵抗発熱体を用いながら長手方向により均一な温度分布を有するヒータを実現する。
【解決手段】セラミック製の長尺状基板11上に形成された電極12,13からそれぞれ基板11の長手方向に配線パタン14,15を形成する。配線パタン14,15にはそれぞれ基板11の長手方向に沿ってPTC抵抗発熱体16,17の一端を接続する。発熱抵抗体16の他端は配線パタン14,15同材料で同時に形成された基板11の長手方向に延びる配線パタン18に接続する。発熱抵抗体17の他端は配線パタン14,15同材料で同時に形成された基板11の長手方向に延びる配線パタン19に接続する。配線パタン18,19は電極12,13から離れた位置の結合部20で電気的に接続する。これにより、抵抗発熱体16,17の特定箇所に異常があっても幅が大きいことから発熱への影響を極力抑え、均一な温度分布を得ることが可能となる。 (もっと読む)


【課題】 高効率でしかも長寿命で、かつ、強度も十分な電極ヘッドを具備した冷陰極蛍光ランプ等の放電ランプを提供すること。
【解決手段】 放電ランプ1の電極ヘッド5、5a〜5iを、外層部位8、8a、8b、8c、8iに覆われている内層部位7、7a、7b、7c、7iとが同心の複層構造にし、空孔にエミッタ物質が含浸されている多孔質焼結金属に形成する。また、内層部位7、7a、7b、7c、7iは外層部位8、8a、8b、8c、8iよりも空孔率を高く形成する。 (もっと読む)


【課題】低温状態における放電灯を常温と同様な始動時間で点灯する。
【解決手段】トランスTRの一次コイルTR1の一端に直流電源Vbを他端と接地間にトランジスタQ2を接続する。トランジスタQ2をスイッチングさせて二次コイルTR2から交流電圧、三次コイルTR3から二次コイルTR2の出力より高い交流電圧を生成する。始動時三次コイルTR3の交流電圧を整流して得られたイグナイタ電圧IVをイグナイタ15に供給し放電灯16をグロー放電させる。次に二次コイルTR2の交流電圧を整流して得られた電圧をフルブリッジ回路14で高低の電圧を生成しイグナイタ16に供給し、放電灯16のアーク放電を行う。トランジスタQ2を定電圧電源11の定電圧出力に基づきスイッチング制御するとき低温度時の立ち上がり時間を短くするため定電圧を出力する定電圧電源11のトランジスタのベースに接続されるバイアス抵抗値が温度により変更するものとした。 (もっと読む)


971 - 980 / 995