説明

ハリソン東芝ライティング株式会社により出願された特許

911 - 920 / 995


【課題】 発光面の輝度の均一性を向上させるとともに、光のロスを少なくし、かつ有効発光面が大きいバックライトを提供する。
【解決手段】 透光性の導光板1は、その端面に光を入射させる入光面11、入射された光を反射させる反射面12〜15、入光面16に対して略直角に交わる稜線を有する複数のプリズム部161が表面に形成され、入射された光をプリズム部161から出射させる出光面16とを有する。そして、入光面11に対向して複数のLED3を長手方向に沿って配置し、導光板1に光を入射させる。 (もっと読む)


【課題】 メタルハライドランプにおいて、ナトリウムの抜けを抑止する。さらに、発光管と外管との接合を容易にし、かつ密着性を良くする。
【解決手段】 本発明のメタルハライドランプは、放電空間111を形成する発光管部11、発光管部11の両端に形成された封止部121、122とを有する透光性の気密容器1の放電空間111に、少なくともナトリウムを含む金属ハロゲン化物および希ガスからなる放電媒体が封入されている。封止部121、122の内部には金属箔21、22が封着され、その一端には、他端が放電空間111内で対向配置された一対の電極31、32が接続されている。気密容器1には透光性の外管7が包囲して取り付けられ、外管7の内周面又は外周面には、少なくとも前記発光管部を覆うように、絶縁被膜8が塗布され、その塗布量Wは、W>0.5μg/mm2である。 (もっと読む)


【課題】薄型化を犠牲にすることなく、放熱効果を向上させる。
【解決手段】実装基板13の表面及び裏面のうち、灯部側の反対側の面に半導体部品14及び大型部品15を実装する。ケースボディ11は、半導体部品14を配置する中空部分を薄くして、半導体部品14とケースボディ11との距離を短くすると共に、その外側に放熱フィン12を設ける。大型部品15を配置する厚い中空部分との差の厚さだけ、放熱フィン12のサイズを大きくすることができ、半導体部品14からの熱を効果的に放熱させることができる。 (もっと読む)


【課題】 簡単な装置構成により、均一な照度が得られ、かつ、種々の形状の照射対象範囲に対しても効率の良い紫外線を含む各種波長領域の光の照射が可能な誘電体バリア放電ランプを用いた光照射装置を提供すること。
【解決手段】 放電ガスを封入した細長い管状の気密容器1内に、その中心軸方向に沿って延長配置された内部電極2と、前記管状の気密容器1の外周に設けられた外部電極3とからなり、前記内部電極が直列に接続された複数本の誘電体バリア放電ランプ11、12、…、17と、これらの誘電体バリア放電ランプの前記直列に接続された内部電極と前記外部電極間に高周波駆動信号を供給する高周波電源19、20と、を備えた光照射装置。 (もっと読む)


【課題】 冷陰極蛍光ランプ等の蛍光ランプから発生した熱を、良好に放熱して発光効率の低下を防止したバックライト装置を提供すること。
【解決手段】 蛍光ランプ7を保持し、導光板9とリフレクタ8またはケース4とに外表面が弾性的に接しているランプホルダ14の外表面に、複数の凹凸部(放熱フィン)16、16a、16bを形成する。 (もっと読む)


【課題】 光軸方向に大型化させることなく、少ないエネルギーロスで、被照射部に高照度な光を照射することのできる光照射装置を提供する。
【解決手段】 LED20の出射平面20aに片凸レンズ7の入射平面7aを密着して固着させることにより、LED20から広角に出射する光を、片凸レンズ7に漏れなく入射させる。そして、LED20から入射した光を片凸レンズ7によって所定の狭角に絞り込むことにより、光照射装置1を光軸方向に大型化させることなく、少ないエネルギーロスで、被照射部に高照度の光を照射する。 (もっと読む)


【課題】環境負荷の大きい水銀を用いないで水銀を封入したのとほぼ同等の電気特性および発光特性を有するとともに直流点灯により色むらが少ないメタルハライド放電ランプ、これを用いたメタルハライド放電ランプ直流点灯装置および照明装置を提供する。
【解決手段】メタルハライド放電ランプは、第1のハロゲン化物がNa、Scおよび希土類金属の1種または複数種のハロゲン化物であり、第2のハロゲン化物がMg、Fe、Co、Cr、Zn、Ni、Mn、Al、Sb、Be、Re、Ga、Ti、ZrおよびHfの1種または複数種の金属のハロゲン化物であり、希ガスを含む放電媒体を具備し、直流で点灯するように構成されている。 (もっと読む)


【課題】無負荷開放電圧を検出して、回路を短時間に保護する。
【解決手段】放電灯にランプ電圧を印加する出力共振回路のコイルL3,L4の接続点の電圧は、検出電圧として共振電圧検出部11に与えられる。無負荷時等においては、検出電圧は異常に高い電圧となる。共振電圧検出部11は異常な電圧を検出すると、スイッチSWをオンにして、駆動回路の共振回路にコンデンサC8を挿入する。これにより、共振回路の共振条件が満足しなくなり、共振が停止する。こうして、トランジスタQ1,Q2のオン,オフを停止させ、異常な出力の発生を防止する。 (もっと読む)


【課題】 小型電球が照射する照射面に対し、垂直方向にプリント基板を配置した場合でも、照射面の全領域で受光する光量を減少させることなく照射することができ、かつ、省スペースでプリント基板への取付けができる基板装着用小型電球を提供すること。
【解決手段】 基板装着用小型電球で、小型電球1を弾性的に嵌合して固定するランプ嵌合孔9が小型電球1の電球軸1aの方向に形成され、かつ、プリント基板6の端部6aにこのプリント基板6の表裏面6b、6cと平行に着脱自在に係合可能なホルダ7とを具備する。 (もっと読む)


【課題】 屈曲部が形成された放電ランプの輝度分布を向上させ、均一な輝度分布の発光面を持つバックライトとして用いるバックライトユニットを提供すること。
【解決手段】 バックライトユニットの用いる放電ランプ1の屈曲部2の周辺に、放電ランプ1を支持している支持板10と反射形ケーシング4によって保温空間8を形成する。 (もっと読む)


911 - 920 / 995