説明

株式会社イシダにより出願された特許

801 - 810 / 859


【課題】 製袋包装機の下流側に配置された搬送部においてスムーズに袋を搬送することが可能な製袋包装システムを提供する。
【解決手段】 製袋包装システム1は、横シール機構17と、シュートコンベア21との間に、回転ブラシ機構20を備えている。回転ブラシ機構20は、横シール機構17から送られてくる袋Bを、2つの回転ブラシ201a,201b間に挟み込んでシュートコンベア21まで搬送する。 (もっと読む)


【課題】 受入位置で比較的偏平な物品を起立姿勢で受け入れ、所定個数に達した物品を集積状態で排出位置に搬送する場合に、少ない駆動手段で物品の受け入れを高速化することができる搬送装置及びそれを備えた箱詰め装置を提供する。
【解決手段】 起立姿勢の物品を集合状態で移送するバケット220の移送経路の上方かつ移送経路を挟んで両側に、後端保持部材駆動機構241,241を備える。各後端保持部材駆動機構241に、所定の経路を循環走行する一対のエンドレスチェーン254,254を配設し、該エンドレスチェーン254,254に、ほぼ等間隔かつ垂直姿勢となるように一対の後端保持部材248,248を連結する。そして、片側一対の後端保持部材248,248を単一のモータ249で移動させる。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、品種の切り替え時に箱詰め前の包装商品や未検査の包装商品などが商品処理システム内に残存することを防止することができる商品処理システムを、従来と同程度のコストで提供することにある。
【解決手段】 商品処理システム1は、計量装置2、包装装置3、包装商品処理装置4,5、停止通知信号発信手段31、1つの停止ボタン617、および制御部62を備える。計量装置2は、商品を所定量はかり取って排出する。包装装置3は、所定量の商品を包装して包装商品Bを生成する。包装商品処理装置4,5は、包装商品Bを処理する。停止通知信号発信手段31は、包装装置3が停止状態になったときに、停止通知信号を発信する。制御部62は、停止ボタン617が押されると、包装装置3を停止させるための信号を発信し、停止通知信号を受信した後に計量装置2を停止させるための信号を発信し、さらにその後に包装商品処理装置4,5を停止させるための信号を発信する。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、このような複数の商品処理装置から構成される商品処理システムにおいて操作者の操作負担を低減することができるようにすることにある。
【解決手段】 商品処理システム1は、計量装置2、包装装置3、検査装置4,5、1つの制御ボタン611A,611H,611I,611J,611K,611L,611M,617,618、および制御部62を備える。計量装置2は、商品を所定量はかり取って排出する。包装装置3は、所定量の商品を包装して包装商品Bを生成する。検査装置4,5は、包装商品Bを検査する。制御部62は、制御ボタン611A,611H,611I,611J,611K,611L,611M,617,618が押されると、計量装置2、包装装置3、および検査装置4,5に対して所定の順序で制御信号を送信する。 (もっと読む)


【課題】ファイル書き込み等の操作中に電源遮断が発生しても、FAT及びディレクトリ情報を保護し、再起動時にファイル操作の実行直前の状態に復元することができるデータ記録装置及びそれを備える商品処理装置を提供する。
【解決手段】FATファイルシステムにおけるファイルデータ、FAT及びディレクトリ情報を記録媒体に記録するデータ記録装置において、FAT及びディレクトリ情報の更新前に、不揮発性メモリに設けられるバックアップ領域に、更新されるFAT及びディレクトリ情報のバックアップを行うことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、複数の商品処理装置から構成させる商品処理システムにおいて更に入力の手間を省くことができるようにすることにある。
【解決手段】 商品処理システム1は、複数の商品処理装置2,3,4,5、基本パラメータ入力手段61、および制御パラメータ導出手段62を備える。基本パラメータ入力手段61では、基本パラメータが入力される。制御パラメータ導出手段62は、基本パラメータから必須制御パラメータを導出する。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、商品処理システムにおいて、操作者の操作負担を低減することができるようにすることにある。
【解決手段】 商品処理システム1は、計量装置2、包装装置3、包装商品搬送ライン36、切換装置351、および制御部62を備える。計量装置2は、商品を所定量はかり取って排出する。包装装置3は、所定量の商品を包装して包装商品Bを生成する。包装商品搬送ライン36は、包装商品Bを搬送するためのラインである。切換装置351は、第1状態と第2状態とを切り換え可能である。第1状態では、包装装置3から供給される包装商品Bが包装商品搬送ライン36に移される。第2状態では、包装装置3から供給される包装商品Bが系外に排出される。制御部62は、切換装置を第2状態にするための信号を送信し、また、包装装置に対して袋生成信号を送信し、その後に計量装置に対して全排出信号を送信する。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、複数の商品処理装置から構成される商品処理システムにおいて未熟な操作者であっても複雑な異常解除処理を迅速に行うことができるようにすることにある。
【解決手段】 商品処理システム1は、複数の商品処理装置2,3,4,5、異常特定情報発信手段21,31,41,51、および異常解除情報導出手段6を備える。異常特定情報発信手段21,31,41,51は、複数の商品処理装置2,3,4,5の少なくともいずれかの商品処理装置に2,3,4,5おいて異常が発生した場合に、異常特定情報を発信する。異常解除情報導出手段6は、異常特定情報に基づいて異常解消情報を導出する。 (もっと読む)


【課題】 可動ローラーへのフィルム通しを行い易い包装装置を提供する。
【解決手段】 製袋包装装置は、フィルムを用いて物品の包装を行う包装装置であって、固定ローラー部21−24と、可動ローラー部と、第1外カバー部材37と、レバー部材40とを備える。固定ローラー部21−24は、フィルムを案内する。可動ローラー部は、固定ローラー21−24に対して近接および離反するように可動的に設けられ、フィルムを案内する。第1外カバー部材37は、外部からの可動ローラー部への接触を防ぐ部材である。そして、レバー部材40は、第1外カバー部材37の外側に設けられ、可動ローラー部を持ち上げるための部材である。 (もっと読む)


【課題】 商品が封入された袋を取り付ける工程の自動化が容易であり、一旦取り外した商品が封入された袋を容易に再度取り付けることができるディスプレイストリップを提供する。
【解決手段】 商品が封入された袋を複数並べて取り付けて展示するためのディスプレイストリップであって、少なくとも、基材層とシーラント層とからなるものであり、前記シーラント層は、最表層が常温で粘着性を示さず、かつ、ヒートシール性を与える熱溶融性樹脂を含有するヒートシール層、前記ヒートシール層の内側の層が常温で粘着性を示す粘着剤を含有する粘着剤層の2層以上からなる層構造を有するものであり、更に、前記ヒートシール層には、ヒートシールにより結合された前記商品が封入された袋を取り外すときに、前記ヒートシール層が確実に破壊して前記粘着剤層が露出するように、前記商品が封入された袋が結合される部位の近傍に切れ目を有するディスプレイストリップ。 (もっと読む)


801 - 810 / 859