説明

日本郵船株式会社により出願された特許

41 - 50 / 61


【課題】コンテナ用床板を、木製と同様の摩擦係数とクッション性があり、吸湿せず、かつ臭いが付着しない上に、成型時もしくは使用中にクラックが生じない、釘打ちが可能な程度に軟質にする。
【解決手段】ガラス繊維220を含む熱可塑性樹脂シート200を金型に配置し、上面に設けられた載荷面101が平坦で、かつ下面に直線状のリブ110が平行に複数本形成され、下面が全体として波形形状になるように加熱圧縮成型する。 (もっと読む)


【課題】 コンテナの荷役作業効率および格納効率に優れる立体格納庫を提供する。
【解決手段】 立体格納庫は各階毎に設けられ、コンテナ200を段積みすることなく横一列に格納するコンテナ格納域110と、各階毎に設けられ、コンテナ格納域110のコンテナ列に沿って移動する天井クレーン300と、1階のコンテナ格納域110の端部に設けられ、コンテナ搬入出用のトラック400が出入りするコンテナ入出庫域120と、コンテナ入出庫域120の上方に形成され、各階の天井クレーン300のスプレッダ302をコンテナ入出庫域120まで昇降させるためのスプレッダ昇降域140とを備える。
【効果】 従来における上積シフトの課題が解決され、重量物の搬送に実績のある信頼性の高い天井クレーンを効果的に用いてコンテナの荷役作業の効率を向上させることができる。 (もっと読む)


【課題】被曳航体の曳航中の振れ回りを低減し、被曳航体接続部の破損を防止する。
【解決手段】曳船により曳航索を介して被曳航体を曳航する際、被曳航体の曳航進路に対する左右の振れ回りを防止する防止装置において、曳船と被曳航体との間に曳航時の張力下に接続される曳航索と、前記曳航索に沿って垂直方向に取付けられ、左右両側面に水圧受容面を形成された水圧差発生部材とを有し、前記水圧差発生部材を前記曳航索の被曳航体側の接続端部又はその近傍の位置に設けたことを特徴とする被曳航体の振れ回り防止装置。
【効果】曳航索に板状の水圧差発生部材を介在させる簡単な構成により、被曳航体の振れ回りを効果的に防止することができる。 (もっと読む)


【課題】フレキシブルバッグが損傷する可能性を低減する。
【解決手段】積荷収納部11が、前方端部がほぼ最大周囲長となるように開放された袋状に構成される。接続部12が、積荷収納部11の開放端部と接合され、曳船20と接続するための曳航索30と接続される。 (もっと読む)


【課題】内燃機関にて消費される燃料量を従来よりも低減することが可能な舶用内燃機関の制御装置を提供する。
【解決手段】内燃機関1の回転数が目標回転数に調整されるように内燃機関の燃焼制御パラメータを変更するガバナ装置10を備えた舶用内燃機関の制御装置において、所定の回転数範囲内に目標回転数が設定されている場合、ガバナ装置10のコントローラ11は、内燃機関1の負荷変動時における燃焼制御パラメータの変更を制限する。 (もっと読む)


【課題】収納袋貼着用ラベルを使用して、コーヒー豆等の収納袋を効率的に入庫し、出庫する収納袋の入出庫管理方法を提供する。
【解決手段】繊維製収納袋の入庫作業工程および出庫作業工程を管理する方法であって、入庫作業工程が、管理に必要な情報をコンピュータに入力し、収納袋をコンベアで搬送する工程、麻袋の重量を計測し、コンピュータに入力する工程、入力された情報をコード化してラベルに印字し、貼着する工程、ラベルが貼着された収納袋をロット別にパレットに積み上げて保管場所に搬送し、保管する工程よりなり、出庫作業工程が、出庫依頼情報をコンピュータに登録する工程、出庫依頼情報に基き収納袋をピッキングする工程、ピッキングした収納袋のラベルの印字情報を読み取ることによって、出庫依頼情報と照合・確認し、出庫する工程よりなる。ラベルは長尺方向の両端部に非粘着部分が形成されている。 (もっと読む)


【課題】航海時間が最短となる最適航路を、精度よく演算できるようにする。
【解決手段】地上局2のデータ圧縮手段4で圧縮した海流予測データを、本船に搭載された受信局3に送信する。受信局3では、過去航路記憶手段9から読出された1つの過去航路を初期航路とし、この初期航路の通過点を、海流予測データに基づき改訂して、最適航路を求める。その演算は最適航路演算手段10で行なうが、通過点の改訂は、航海時間が最短となることを条件に行なう。 (もっと読む)


【課題】船体側から岸壁に降ろされるランプウェイの長さを短くすることができるとともに、岸壁の長さや幅に制限のある港でも容易に車両の揚げ積み作業を行うことができる船舶を提供すること。
【解決手段】上甲板2よりも下側に設けられた液体貯蔵部と、前記上甲板2よりも上側に設けられた車両搭載部4と、船尾部右舷側および/または船尾部左舷側に設けられたランプウェイ5とを具備してなる船舶であって、前記ランプウェイ5の一部を構成するスロープ22が、前記船尾部右舷側および/または前記船尾部左舷側の船体に形成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】二輪車を、他の部材を用いることなく、簡単にパレット本体上に積付けたり、パレット本体上から積降ろすことができるようにする。
【解決手段】パレット本体3の対向する二端縁に、ヒンジ10を介して揺動フラップ9をそれぞれ取付ける。これら各揺動フラップ9の背面側に係止用フック12をそれぞれ取付ける。パレット1を回収したり保管しておく際には、両揺動フラップ9をパレット本体3上に二枚重ねに重ねられた状態にする。また、パレット1に二輪車を積付けたり、二輪車を積降ろしたりする際には、各揺動フラップ9をパレット本体3の外側に倒した状態にする。さらに、パレット本体3上の複数台の二輪車を固縛する際には、両揺動フラップ9を、パレット本体3に対し直立状態で固定し、係止用フック12に係止される固縛用ロープを用いて、複数台の二輪車を連続して固縛する。 (もっと読む)


【課題】船舶などに搭載可能で、高温の排ガス中のPMなどの有害物を効率よく除去可能かつ安価な排ガス処理装置と排ガス処理方法を提供する。
【解決手段】少なくとも1つ又は複数の排ガス発生源から発生する排ガスを選択的に取り入れる排ガス取入口2aと、取り入れた排ガス中の有害物を除去する集塵装置2と、有害物を除去された排ガスを排出する排出手段2bとを有する。集塵装置2が、孔径の異なる複数種の金属製フィルター10A,10Bの組み合わせから構成されている排ガス処理装置。 (もっと読む)


41 - 50 / 61