説明

株式会社フジシールインターナショナルにより出願された特許

61 - 70 / 641


【課題】容器本体に充填された液体商品を注ぎやすく、こぼしにくい注出口部材を提供する。
【解決手段】LLDPEによって形成された中空体であり、スパウトの口部に装着される装着部11と、装着部11に連設された略円錐状の口部本体12とから構成されている。装着部11の外周面には、軸方向に延びる多数の凹条11aからなるローレットが形成されており、内周面にはスパウト付きパウチ容器のスパウトの口部外周面に形成された雄ねじと螺合する雌ねじ11bが形成されている。口部本体12は基端部側から大径ストレート部12a、テーパ部12b及び小径ストレート部12cを備えている。小径ストレート部12cには軸芯から放射状に延びる3本の切れ目13が形成されており、口部本体12の小径ストレート部12cにおける切れ目13によって分割された部分が、口部本体12の径方向外側にそれぞれ弾性変形することによって開口するようになっている。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、隙間を空けて巻き付けられた緩衝性厚肉ラベルがその側縁から捲れることを防止できるラベル付き包装体を提供する。
【解決手段】 本発明のラベル付き包装体は、被着体2と、第1側縁3A及び第2側縁3Bを有し且つ前記第1側縁3Aと第2側縁3Bを向かい合わせるようにして前記被着体2に巻付けて接着された緩衝性厚肉ラベル3と、を備え、前記緩衝性厚肉ラベル3が、前記第1側縁3Aと第2側縁3Bの間に隙間9を空けて巻き付けられており、前記緩衝性厚肉ラベル3の外面に、そのラベルよりも薄い薄肉フィルム5が設けられており、前記薄肉フィルム5が、前記緩衝性厚肉ラベル3の第1側縁3Aよりも外側へ延出された第1延出片51を有し、前記第1延出片51が、前記隙間9を覆っていると共に、その端部が前記緩衝性厚肉ラベル3の第2側縁3Bを越えて前記緩衝性厚肉ラベル3の第2側部の外面に接着されている。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、突起部が脱落しにくい突起付きパウチを提供する。
【解決手段】 本発明の突起付きパウチ1は、内面層としてシーラントフィルムを有する可撓性の基材フィルム3を熱融着することにより袋状に形成されたパウチ本体2と、前記パウチ本体2の基材フィルム3の外面3aから突設された突起部5と、を有し、前記突起部5が、前記基材フィルム3の外面3aに付着され且つ固化されたホットメルト接着剤から形成されており、少なくとも前記ホットメルト接着剤が付着された前記基材フィルム3の外面3aに、前記ホットメルト接着剤の付着強度を高めるための付着性向上処理が施されている。 (もっと読む)


【課題】高収縮させた後にも、高い透明性を有する透明印刷層を有するシュリンクラベルを提供する。
【解決手段】本発明のシュリンクラベルは、シュリンクフィルムの少なくとも片面側に、n−ブチルアクリレートに由来する構成単位の含有量が3〜20重量%、メチルメタクリレートに由来する構成単位の含有量が25重量%以上であり、かつ、(メタ)アクリル酸エステルに由来する構成単位の含有量が95重量%以上であるアクリル系樹脂を含有し、該アクリル系樹脂の含有量が80重量%以上である透明印刷層を有することを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、巻き取った際に巻き崩れを生じ難く、さらに、突起部の潰れなどを抑制できる突起付きラベルの連続体を提供する。
【解決手段】 本発明の突起付きラベルの連続体10は、基材2と前記基材2の裏面に積層された粘着剤層3と前記基材2の表面から突設された突起部4とを有する突起付きラベル1と、前記粘着剤層3を介して前記突起付きラベル1が貼付された長尺状の離型紙5と、を有し、前記突起付きラベル1の複数が前記長尺状の離型紙5の長手方向に並んで貼付されており、前記突起付きラベル1の基材2が、部分的に切り欠かれた欠損部21を有し、前記突起部4が、前記欠損部21を基準にして前記離型紙5の長手方向に存する基材2の帯状領域22の表面内に設けられている。 (もっと読む)


【課題】液体商品を注出する際に、十分な空気を流入させることができるパウチ容器を提供する。
【解決手段】正面部FS、背面部BS及びトップガセット部TGを形成する1枚の外装シート11と、正面部FS及び背面部BSの間に、下部から内側に折り込まれてボトムガセット部を形成するボトムガセットシート12とから構成されており、ボトムガセットシート12の周縁部が外装シート11の下部周縁にヒートシールされると共に、外装シート11におけるガセットシート12にヒートシールされない両側縁部同士が相互にヒートシールされることで袋状に形成されている。上端部において一方の側縁側に突出した空気流入口・注出口形成部13を有しており、この空気流入口・注出口形成部13は、空気流路と注出路とを仕切る仕切シール部14と、正面部FS及び背面部BSを下方側から破断して注出口及び空気流入口を形成するための摘み部15とを有している。 (もっと読む)


【課題】発熱のバラツキを抑制することができる誘導加熱調理用容器を提供する。
【解決手段】非導電性材料からなる容器本体1に電磁誘導によって発熱する発熱体2を備えた誘導加熱調理用容器であって、発熱体2は、箔状のシートを折り曲げることにより、容器本体2の底部10に位置する底面部20と該底面部20の周縁部から立ち上がって容器本体1の側壁部11に位置する筒状の側面部21とを有する形状に形成されている。容器本体1は射出成形により形成され、発熱体2はインサート成形により容器本体1と一体化されている。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、マイクロ波照射により、被着フィルムに開封用切れ目を形成することができる破断用ラベルを提供することを課題とする。
【解決手段】 マイクロ波処理用包装体の被着フィルム3に貼着される破断用ラベルであって、導電体層7が積層されたラベル基材6と、前記ラベル基材6の裏面に設けられた貼着剤層8とを有し、前記貼着剤層8が設けられた範囲内においてラベルの全層に渡って厚み方向に切り込むことによってスリット部9が形成されている。前記スリット部9の平面形状は、例えば、略V字状、略U字状、略X字状若しくは略十字状の線形状、又は、これらの線形状を組み合わせた有端線形状である。 (もっと読む)


【課題】形成した注出口を開口状態に保持することができるパウチ容器を提供する。
【解決手段】正面部FS、背面部BS及びトップガセット部TGを形成する1枚の外装シート11と、正面部FS及び背面部BSの間に、下部から内側に折り込まれてボトムガセット部を形成するボトムガセットシート12とから構成されており、ボトムガセットシート12の周縁部が外装シート11の下部周縁にヒートシールされると共に、外装シート11におけるボトムガセットシート12にヒートシールされない両側縁部同士が相互にヒートシールされることで袋状に形成されている。上端部において一方の側縁側に突出した注出口形成部13を有しており、この注出口形成部13は、外装シート11の正面部FS及び背面部BSを下方側から破断して注出口を形成するための摘み部14を有している。 (もっと読む)


【課題】発熱体の着脱作業が容易である誘導加熱調理用容器及び誘導加熱調理用容器の蓋部材を提供する。
【解決手段】非導電性材料からなる容器本体1と、該容器本体1に着脱可能に取り付けられて容器本体1の上面開口を閉塞するための蓋部材2とを備えている。蓋部材2は、容器本体1の上面開口を閉塞する天面部20と、該天面部20の下面から下方に垂下して容器本体1の側壁部11の内側に所定の間隙を有して位置する下端開口の筒状部22とを備えている。蓋部材2の少なくとも筒状部22の一部が、電磁誘導によって発熱する発熱部である筒状発熱体30として構成されている。 (もっと読む)


61 - 70 / 641