説明

大塚化学株式会社により出願された特許

41 - 50 / 88


【課題】 重合性官能基を有する薄片状チタン酸、その懸濁液、及び密着性に優れたチタン酸塗膜及びチタン酸膜コーティング樹脂基板を得る。
【解決手段】 層状チタン酸塩を酸で処理し、次いで有機塩基性化合物を作用させて層間を膨潤または剥離して得られる薄片状チタン酸であって、有機塩基性化合物の少なくとも一部が、アクリル基またはメタクリル基などの重合性官能基を有する有機塩基性化合物であることを特徴としており、好ましくは、層状チタン酸塩が、式AxyzTi2-(y+z)4〔式中、A及びMは互いに異なる1〜3価の金属を示し、□はTiの欠陥部位を示す。xは、0<x<1を満たす正の実数であり、y及びzは0<y+z<1を満たす0または正の実数である〕で表されることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】 塗膜硬度及び密着性に優れた複合チタン酸塗膜及び複合チタン酸膜コーティング樹脂基板を得る。
【解決手段】 層状チタン酸塩を酸で処理し、次いで有機塩基性化合物を作用させて層間を膨潤または剥離した薄片状チタン酸と、金属アルコキシドとを含む水性媒体懸濁液を、基材に塗布した後に熱処理し、金属アルコキシドを架橋硬化させて得られることを特徴としており、好ましくは、層状チタン酸塩が、式AxyzTi2-(y+z)4 [式中、A及びMは互いに異なる1〜3価の金属を示し、□はTiの欠陥部位を示す。xは、0<x<1を満たす正の実数であり、y及びzは0<y+z<1を満たす0または正の実数である]で表されることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】 耐光性に優れたチタン酸塗膜及びチタン酸膜コーティング樹脂基板を得る。
【解決手段】 薄片状チタン酸懸濁液を基材に塗布し乾燥させて得られる耐光性チタン酸塗膜であって、薄片状チタン酸懸濁液が、層状チタン酸塩を酸で処理し、次いで有機塩基性化合物を作用させて層間を膨潤または剥離した後、有機塩基性化合物をセシウムイオンで置換して得られる薄片状チタン酸の水性媒体懸濁液であることを特徴としており、好ましくは、層状チタン酸塩が、式AxyzTi2-(y+z)4 [式中、A及びMは互いに異なる1〜3価の金属を示し、□はTiの欠陥部位を示す。xは、0<x<1を満たす正の実数であり、y及びzは0<y+z<1を満たす0または正の実数である]で表されることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】 従来技術に記載のない特定の狭い範囲の平均分子量を有するポリアクリル酸ヒドラジドを有効成分とする樹脂用の架橋又は硬化剤、及び特定の平均分子量を有する新規なポリアクリル酸ヒドラジドを提供する。
【解決手段】 平均分子量が20000〜32000で、ヒドラジド化率が65%以上であるポリアクリル酸ヒドラジド、及びこれを有効成分とする樹脂用の架橋又は硬化剤。 (もっと読む)


【課題】 高い電気伝導性、耐電圧を有する第4級アンモニウム塩、耐電圧、電気伝導度の高い電解質、耐電圧、電気伝導性が高い電解液、並びに高電圧、高放電容量、大電流放電性能を有する電気化学デバイスを提供する。
【解決手段】 (1)で表される第4級アンモニウム塩。
【化1】


(式中、R〜Rは、共にメチル基を示す。Xは、BFを示す。) (もっと読む)


本発明は、簡便で効率的な高純度2,3,6,7,10,11−ヘキサヒドロキシトリフェニレンの工業的製造法を提供する。本発明は、カテコールと過酸化物とを反応させることを特徴とする2,3,6,7,10,11−ヘキサヒドロキシトリフェニレンの製造方法に関する。 (もっと読む)


【課題】 優れた強度特性を維持しつつ、耐熱性が改良されたゴム組成物、及び該ゴム組成物を用いたタイヤを提供する。
【解決手段】 ビスメルカプトオキサジアゾール化合物を耐熱架橋剤として硫黄と共にゴム組成物に配合することによって、優れた強度特性を維持しつつ、耐熱性に優れたゴム組成物である。 (もっと読む)


【課題】 ヒドラジド基含有共重合体の、樹脂の架橋又は硬化剤としての作用を損なうことなく、これを樹脂に配合した場合に樹脂組成物の長期間の保存安定性を向上することができるヒドラジド含有共重合体を提供する。
【解決手段】 式(1)で表されるヒドラジド基含有共重合体を有効成分とする樹脂用の架橋又は硬化剤、及びこれを含有する樹脂組成物。
【化1】


[式中、A、B、Dは水素原子又は低級アルキル基を示す。Eはアンモニウム、又は有機アミンを示す。l,m,n及びoは次の通りである。
1モル%≦l≦99モル%、1モル%≦m≦99モル%、0モル%≦n≦98モル%、1モル%≦o≦98モル%、l+m+n+o=100モル%] (もっと読む)


【課題】 水中における安定性が良好で、耐水性、可とう性等に優れた塗膜を形成するのに適するヒドラジド基含有共重合体、該ヒドラジド基含有共重合体の製造方法、該ヒドラジド基含有共重合体を含む塗料組成物及び該塗料組成物を塗装することを特徴とする塗装方法を提供する。
【解決手段】 共重合体(A)、ヒドラジン化合物(B)及び塩基性化合物(C)を反応させてなるヒドラジド基含有共重合体であって、共重合体(A)が、カルボキシル基含有重合性不飽和モノマー(a)、炭素数が1〜8のアルキル基を含有する(メタ)アクリル酸のアルキルエステル(b)を共重合成分として含有し、モノマー(a)の共重合割合が共重合体(A)中1〜10質量%の範囲内であって、ヒドラジド基含有量が0.7〜5.0ミリモル/gの範囲内であることを特徴とするヒドラジド基含有共重合体、該ヒドラジド基含有共重合体の製造方法、該ヒドラジド基含有共重合体を含む塗料組成物、該塗料組成物を塗装することを特徴とする塗装方法。 (もっと読む)


【課題】 木質材料を接着させる際に、作業上十分な閉鎖堆積時間を確保でき、短い圧締時間で優れた接着力を発揮できる2液硬化型水性接着剤を提供する。
【解決手段】 2液硬化型水性接着剤は、下記(A)液及び(B)液からなる。(A)分子内にアセトアセチル基を有する高分子化合物(A1)を含む水性溶液又は水性エマルジョン;(B)分子内の側鎖に、無置換又はモノ置換カルバモイル基及び/又は炭化水素−オキシ−カルボニル基を有するとともに、分子内の側鎖にヒドラジド基を有するヒドラジド基含有ポリマー
ヒドラジド基含有ポリマー(B)は、(メタ)アクリルアミド系ポリマー及び/又は(メタ)アクリル酸エステル系ポリマー(B1-a)と、ヒドラジン(B1-b)との反応生成物である(メタ)アクリル酸ヒドラジド系ポリマー(B1)を好適に用いることができる。 (もっと読む)


41 - 50 / 88