キヤノンMJアイティグループホールディングス株式会社により出願された特許

61 - 70 / 259


【課題】作業対象となる部材の最適な配置位置を考慮した作業計画を作成することを目的とする。
【解決手段】所定時刻において、工場の作業場所の配置位置に対して当該部材の配置と当該部材に対する作業進捗を示すオブジェクトを生成し、次の時刻以降について、当該作業が、作業場の配置位置に当該作業に対する部材の配置が可能であるか否かを示す配置可能条件を満たす場合は、作業計画に関したオブジェクトを生成し、そして、当該部材を配置位置へ配置することによって作業計画の評価を行い、評価が高い作業計画のオブジェクトを配置情報表示画面300の配置情報表示部312へ表示する。 (もっと読む)


【課題】ユーザがオンラインで本人確認を要する申し込みを行う運用において、より効率的な運用を行う。
【解決手段】ユーザが契約者端末102に表示されたエントリーフォーム400に対して本人情報を含むエントリー情報を入力後、受付サーバ108は、申し込みを識別する受付番号と受付サーバ108のメールアドレスを含めて2次元バーコードを生成して、ユーザが契約者端末102へ送信すると、ユーザは携帯端末106を用いて契約者端末102に表示された2次元バーコードを撮影して解析することで、受付番号と受付サーバ108のメールアドレスと携帯端末106を用いて本人確認書類を撮影して得られた画像データとを用いてメールデータ902を生成して受付サーバ108に送信し、エントリー情報と本人確認書類を撮影して得られた画像データとを比較することで、本人確認を行う。 (もっと読む)


【課題】ユーザ情報により課金できない印刷履歴を按分し、課金先への公正な課金を行うこと。
【解決手段】画像形成装置での出力に応じて生成される、出力枚数を少なくとも含む印刷履歴を記憶する情報処理装置で、印刷履歴にユーザ情報があるか否かを判定し、ユーザ情報があると判定された場合に、当該ユーザ情報に対応する課金先の課金情報として、前記印刷履歴の出力枚数記憶し、ユーザ情報がないと判定された場合に、前記印刷履歴に含まれる出力枚数を課金先不明情報として記憶し、記憶した出力枚数に従って課金先ごとの按分率を算出し、算出された按分率に従って、前記課金先不明情報の出力枚数を決定し、課金先に按分する。 (もっと読む)


【課題】画像形成装置にログインしたユーザが利用している情報処理装置を特定し、その情報処理装置を省電力モードにすることで電力削減を可能にする仕組みを提供する。
【解決手段】画像形成装置は、当該画像形成装置にログインしたユーザのユーザ識別情報を取得し、ユーザ識別情報に対応する情報処理装置を特定し、特定した情報処理装置に対して、当該情報処理装置を省電力モードにするべく、省電力移行要求を送信する。情報処理装置は、省電力移行要求に従って、当該情報処理装置を省電力モードへ移行する。 (もっと読む)


【課題】携帯端末に登録されている宛先との送受信を遠隔から柔軟に操作することが可能な携帯端末装置を提供すること。
【解決手段】メールでの通信相手のアドレスを管理可能なアドレス帳記憶手段と、メールを送信したい通信相手および通信内容を受信する送信受付手段と、前記送信受付手段により受付けた通信相手を前記アドレス帳から検索する検索手段と、前記検索手段で前記通信相手が検索できた場合に、前記通信相手に前記受付手段により受付けた通信内容を送信する送信手段とを有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】受付時において妊娠の有無について登録漏れがあった場合であっても、その後の各健診項目において受診者が妊娠しているか否かを登録することができ、当該登録された情報がその後の健診工程においても反映される仕組みを提供すること。
【解決手段】 受診者が妊娠しているか否かを示す情報が記録された携帯記録媒体と通信可能な健診情報処理装置であって、受診者が計測を受けるか否かの選択を受け付け、計測を受けない旨の選択を受け付けた場合、計測を受けない理由を受け付け、受け付けた欠測理由が妊娠している旨であった場合に、当該受診者が妊娠している旨を前記携帯記録媒体に記録することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】作業者間の作業指示・申し送りにおいて携帯端末を用いて簡単な操作でリアルタイムに必要な範囲へ情報の連携を行う仕組みを提供すること。
【解決手段】携帯端末は各工程おいて次の作業工程で確認をしてもらう必要がある情報を添付情報として情報管理サーバにアップロードする。携帯端末は、情報管理サーバから添付情報を取得すると、各工程での確認レベルに応じて添付ファイルの確認を行い、確認レベルが必須の場合は、添付ファイルの確認を行って初めて次の工程への確認指示を送ることが可能になる。 (もっと読む)


【課題】カメラ画像配信サービス加入者の閲覧環境に応じて画像配信装置の負荷を低減させ、監視カメラが撮影した画像を加入者端末に表示できる仕組みを提供する。
【解決手段】撮像装置が撮影する画像を無線端末に配信する画像配信装置が、撮像装置が設置されている拠点のアドレスを記憶し、無線端末から、画像の配信を要求した拠点を特定できるアドレスを含んだ画像配信要求を受け付け、画像配信要求を受け付けた無線端末に、画像配信装置からの画像取得要求を受けた撮像装置から取得した画像を配信し、受け付けた拠点を特定できるアドレスと、拠点データに記憶する拠点アドレスに従って、画像配信要求を受け付けた無線端末に画像を配信するかいなかを判断し、画像を配信しないと判断した場合には、画像配信要求を受け付けた無線端末に、画像配信要求を受け付けた無線端末からの画像取得要求を受けた撮像装置から取得した画像の表示が可能な情報を送信する。 (もっと読む)


【課題】表示領域に表示される複数の画像の中から着目する画像の確認を容易にする方法を提供する。
【解決手段】ネットワークを介して配信される複数の画像を表示可能な情報処理装置であって、複数の画像を取得する取得手段と、前記取得手段により取得された複数の画像のうち、一つの画像を主画面領域に、他の画像を副画面領域にそれぞれ表示する制御を行う表示制御手段と、前記主画面領域における第一の方向へのスライド操作を検知する検知手段とを備え、前記表示制御手段は、前記検知手段により第一の方向へのスライド操作を検知することに応じて、前記副画面領域を非表示とし、前記主画面領域を当該非表示とされる領域を含む表示領域に1画面として表示する制御を行う。 (もっと読む)


【課題】ツリー画面において対象オブジェクトが選択された場合、選択された対象オブジェクトに対応するクエリによる処理結果をツリー画面に反映させる。
【解決手段】クライアント端末は、対象オブジェクトが選択される毎に選択された対象オブジェクトに対応するREST方式によるクエリ要求を行うプログラムを含むツリー表示画面データを用いて、ツリー表示画面を表示し、表示されたツリー表示画面を介して、ユーザ操作により対象オブジェクトが選択されたかを判定し、判定の結果、対象オブジェクトが選択されたと判定された場合、選択された対象オブジェクトに対応するREST方式によるクエリ要求をサーバへ行う。サーバは、ウェブサービスにクエリ要求を行い、ウェブサービスから得られる処理結果をクライアント端末へ送信する。表示制御手段は、サーバの送信手段により送信された処理結果の前記ツリー表示画面を表示する。 (もっと読む)


61 - 70 / 259