説明

NECシステムテクノロジー株式会社により出願された特許

11 - 20 / 438


【課題】リピータの存在を考慮して、講座の開講の可否を判定し得る、開講判定装置、開講判定方法、及びプログラムを提供する。
【解決手段】講座の開講の可否を判定する開講判定装置10は、判定部11を備えている。判定部11は、判定対象となる講座の受講料と、判定対象となる講座の開催にかかる費用と、判定対象となる講座の受講予定者のうち、判定対象となる講座に関連する別の講座の受講を予定している者の人数と、に基づいて、判定対象となる講座の最小催行人数を求める。また、判定部11は、受講予定者の人数が、最小催行人数以上である場合に、判定対象となる講座の開講が可能であると判定する。 (もっと読む)


【課題】回路基板上の電源回路の出力電流の測定や各素子に流れる電流の測定にかかる手間と時間を削減することができる汎用性の高い電流測定治具を提供する。
【解決手段】測定対象となる素子11を搭載し、回路基板1に実装される電流測定治具10は、素子11を保持する保持部12と、保持部12に保持された素子11と回路基板1とを電気的に接続する導電部13と、導電部13に並列に接続可能なループケーブル14と、を有し、導電部13には、ループケーブル14が導電部13に接続されたときに素子11と回路基板1との間に流れる電流をループケーブル14に迂回させるスイッチ部20が設けられている。 (もっと読む)


【課題】ネットワークに複数のサーバ装置が導入される場合に、これらの設定にかかる作業量および時間を減縮し得る設定支援システム、これを構成するサーバ装置、管理装置、設定支援方法およびプログラムを提供する。
【解決手段】ネットワーク上で設定情報が適用されているサーバ装置1が、サーバ装置1において適用されている設定情報101を抽出し、管理装置2が、抽出された設定情報101に基づいて、ネットワーク上で設定情報が適用されていないサーバ装置3に適用すべき設定情報のテンプレート102を生成し、生成したテンプレート102に対して、サーバ装置3に適用すべき設定情報を入力して配布用設定情報112を生成し、サーバ装置3が、生成した配布用設定情報112を自身の設定情報として適用する。 (もっと読む)


【課題】プログラム間連絡時の引数が、集団項目に従属するデータ項目に記述されている場合であっても、プログラム間におけるデータの不適合を自動的に検出し得る、コンパイル支援装置、コンパイル支援方法、及びプログラムを提供する。
【解決手段】第1のプログラム(COBOLプログラム)と呼び出される第2のプログラムとのコンパイル後の引数の適合の有無を判定するため、コンパイル支援装置31のデータ属性検証部は、第2のプログラムのデータマップリストの中から、第2のプログラムの引数のデータ名と同一のデータ名を含む行を特定して、データ名及びデータ属性を取り出し、行が集団項目の場合は同じ集団項目の行からデータ名及びデータ属性を取り出し、第1のプログラムのデータマップリスト中の、取り出したデータ名とデータ名が同一の行において、データ属性が取り出したデータ属性との一致の有無を判定し、一致していない場合にフラグを設定する。 (もっと読む)


【課題】携帯端末の利用主体の運動状態を、より簡易に、且つより正確に求めることができる運動管理装置、運動管理システム、運動管理方法、およびプログラムを提供する。
【解決手段】運動管理システム1は、携帯端末100と、運動管理装置200とを備える。携帯端末100は、携帯端末100の位置を特定する位置情報と、携帯端末100に備えられた加速度センサ101によって取得された、携帯端末100の運動情報と、前記位置での気温情報と、を、運動管理装置200の受信部201へ出力する。運動管理装置200の運動推測部207は、前記位置情報および前記運動情報に基づいて、携帯端末100の利用主体が行う運動を推測する。運動管理情報作成部208は、推測された前記運動および前記気温情報に基づいて、利用主体の運動を管理するための運動管理情報を作成する。送信部212は、運動管理情報を、携帯端末100へ送信する。 (もっと読む)


【課題】連写撮影モードで撮影を行う場合、被写体の動きの変化に合わせて画像の比較を行い、適切な画像を保存すると共に画像を保存するための容量を節約すること。
【解決手段】撮影装置は、被写体を連続的に撮影する連写撮影モードを用いて撮影を行った場合、メモリに一時的に格納する画像を制御部により処理し、当該処理後の画像を画像保存部に保存する連写撮影モードを有する。撮影装置は、連写撮影モードで連写撮影を行う場合、時間的に前後する画像を所定の比較条件に基づいて比較し、比較した画像が一致しない場合、時間的に後の画像を画像保存部に保存する。一方、比較した画像が一致する場合、所定の比較条件を被写体の動きに合わせて変更して再度両画像の比較をすることを少なくとも1回以上繰り返す。このように両画像の比較を繰り返しても両画像が一致する場合は時間的に後の画像は画像保存部に保存する対象としない。 (もっと読む)


【課題】ソフトウェア開発における品質報告書の作成に際して、必要な情報が不足している場合に、不足している情報を収集して、品質報告書を作成し得る、品質管理装置、品質管理システム、品質管理方法、およびプログラムを提供する。
【解決手段】品質管理装置11は、開発プロジェクトの実行に用いられる端末装置21〜23から、開発の進捗状況を示す情報、およびバグの発生状況を示す情報を少なくとも含む品質情報を取得するデータ取得部12と、データ取得部によって取得された情報を用いて、品質報告書を作成し、作成した品質報告書において、情報が不足していないかどうかを判定し、情報が不足している場合に、不足している情報を、開発プロジェクトの成果をフェーズ毎に保持している開発成果データベース31から取得し、取得した情報を、品質報告書に付加する、報告書作成部13と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】通過ポイントの通過時刻の判定精度を向上させること。
【解決手段】本発明は、予め設定されたコースを任意の手段で走行するトレーニングを行うユーザが携帯する通過判定装置に適用される。本発明の通過判定装置は、記憶部と、所定間隔で自装置の位置を取得する位置情報取得部と、ユーザにより予め設定されたコースおよび当該コース上の通過ポイントの位置を前記記憶部に記憶させると共に、前記位置情報取得部により取得された位置を、当該位置が取得された時刻と共に前記記憶部に記憶させる制御部と、を有し、前記制御部は、自装置の位置が前記通過ポイントの所定範囲内に入った場合、取得した当該所定範囲内の位置のうち当該通過ポイントに最も近い位置と、当該位置を取得した時刻と、に基づいて、当該通過ポイントを通過した通過時刻を判定する。 (もっと読む)


【課題】通過ポイントの通過時刻の判定精度を向上させること。
【解決手段】本発明は、予め設定されたコースを任意の手段で走行するトレーニングを行うユーザが携帯する通過判定装置に適用される。本発明の通過判定装置は、記憶部と、所定間隔で自装置の位置を取得する位置情報取得部と、ユーザにより予め設定されたコースおよび当該コース上の通過ポイントの位置を前記記憶部に記憶させると共に、前記位置情報取得部により取得された位置を、当該位置が取得された時刻と共に前記記憶部に記憶させる制御部と、を有し、前記制御部は、自装置の位置が前記通過ポイントの所定範囲内に入った場合、取得した当該所定範囲内の位置のうち当該通過ポイントに最も近い位置と、当該位置を取得した時刻と、に基づいて、当該通過ポイントを通過した通過時刻を判定する。 (もっと読む)


【課題】装置コストおよび計算コストが低く、電池の温度特性による影響を考慮して、電池で駆動する動作時間を延長させることができる電池駆動装置、電池駆動方法およびプログラムを提供する。
【解決手段】センサノード1の温度センサ11は、センサノード1の周辺温度を計測し、計測結果を示す計測データを駆動間隔算出部16に送る。駆動間隔算出部16は、温度センサ11から受け取った計測データから、記憶部15が記憶する駆動間隔評価関数を用いて、温度センサ11、湿度センサ12、照度センサ13および気圧センサ14の駆動間隔を算出する。駆動部17は、駆動間隔算出部16が算出した駆動間隔で、温度センサ11、湿度センサ12、照度センサ13および気圧センサ14を駆動させる。電池18は、各センサに駆動電力を供給する。送信部19は、温度センサ11、湿度センサ12、照度センサ13および気圧センサ14の計測データを外部に送信する。 (もっと読む)


11 - 20 / 438