説明

シンジェンタ パーティシペーションズ アクチェンゲゼルシャフトにより出願された特許

211 - 220 / 352


本発明は、一般式(I):(式中、R1はH又はC1-4アルキルであり、そしてR2はジフルオロメチル又はトリフルオロメチルである)の化合物を調製するための新規な方法であって、塩基、パラジウム触媒及びJosiphos型のフェロセニルビホスフィンリガンドの存在下において、一般式(II):(式中、R1は上に与えられた意味を有し、そしてXはクロロ又はブロモである)の化合物と、一般式(III):(式中、R2は上に与えられた意味を有する)の化合物とを反応させることを含んで成り、該反応が少なくとも100℃の還流温度において、エーテル溶媒中で行われることを特徴とする、方法に関する。
(もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物を調製するための新規な方法であって、式(II):の化合物と一般式(III ):の化合物(式中R1及びR2はHもしくはC1-4アルキル基であるか、又はR1とR2が互いに結合してC2-3アルキレン基を形成し所望により1から4個のメチル又はエチル基で置換されている)、又は化合物(III )の無水物とを、塩基及び
(a)所望により付加量のトリアリールホスフィン配位子存在下での、パラジュウム(0)-又はパラジウム(II)-トリアリールホスフィン錯体、又は
(b)トリアリールホスフィン配位子存在下での、パラジウム(II)塩、又は
(c)所望により担体に担持された、トリアリールホスフィン存在下での金属パラジウム;
であるパラジウム触媒の存在下、化合物(II)に対して0.9から2モルの化合物(III )を用いて反応させることを含む方法。 (もっと読む)


本発明は、殺菌活性を有する一般式(I)の化合物:


式中Hetは、5又は6員の複素環であり、酸素、窒素及び硫黄から各々独立に選ばれた1個から3個の複素原子を含み、該環は基R3、R4及びR5で置換されている;R1及びR2は独立にH、ハロ、C1-4アルキル又はC1-4ハロアルキルであり;そしてR3、R4及びR5は、各々独立にH、ハロ、C1-4アルキル、C1-4ハロアルキル又はC1-4ハロアルコキシであり、R3、R4及びR5のうちの少なくとも1個はHでない;これらの化合物の調製法、それらの調製に用いられる新規中間体、少なくとも1つのこれら新規化合物を活性成分として含む農薬組成物、該組成物の調製法、及び該活性成分もしくは該組成物の、植物病原性微生物ことに菌類による植物への襲撃を抑制または予防するための、農業又は園芸における使用、に関する。 (もっと読む)


本発明は、式(I)の殺真菌的活性化合物:(式中、Hetは、酸素、窒素及び硫黄からそれぞれ独立に選択される1〜3個のヘテロ原子を含有する5−又は6−員の複素環であって、該環は、R6、R7及びR8により置換されており;R1は、水素、C1-4アルキル、C1-4ハロアルキル、C1-4アルコキシ、C1-4ハロアルコキシ、CH2C≡CR9、CH2CR10=CHR11、CH=C=CH2又はCOR12であり;R2及びR3はそれぞれ、独立に、水素、ハロ、C1-4アルキル、C1-4アルコキシ、C1-4ハロアルキル又はC1-4ハロアルコキシであり;R4及びR5はそれぞれ、独立に、ハロ、シアノ及びニトロから選択され;あるいはR4及びR5の一方は水素であり、他方はハロ、シアノ及びニトロから選択され;R6、R7及びR8はそれぞれ、独立に、水素、ハロ、シアノ、ニトロ、C1-4アルキル、C1-4ハロアルキル、C1-4アルコキシ(C1-4)アルキル、C1-4ハロアルコキシ(C1-4)アルキル又はC1-4ハロアルコキシであり、ただしR6、R7及びR8の少なくとも1つは水素ではなく;R9、R10及びR11はそれぞれ、独立に、水素、ハロ、C1-4アルキル、C1-4ハロアルキル又はC1-4アルコキシ(C1-4)アルキルであり;そしてR12は、水素、C1-6アルキル、C1-6ハロアルキル、C1-4アルコキシ(C1-4)アルキル、C1-4アルキルチオ(C1-4)アルキル、C1-4アルコキシ又はアリールである)、これらの化合物の調製、これらの化合物の調製に使用される新規な中間体、活性成分として少なくとも1つの新規な化合物を含んで成る農薬組成物、上述の組成物の調製、及び植物病原性微生物、好ましくは真菌による植物の感染を制御又は予防するための農業又は塩芸における該活性成分又は組成物の使用、に関する。
(もっと読む)


1〜60質量%の感知できるほどに水溶性の殺虫活性成分又は殺真菌活性成分、又はそのような活性成分の組み合わせ、及び任意に1つ以上の他の殺虫活性成分又は殺真菌活性成分、0〜70質量%の少なくとも1つの不活性担体、0〜50質量%の1つ以上の有機添加剤又は無機添加剤、及び20〜80質量%の少なくとも1つの熱可塑性水不溶性ポリマーを含んでなり、全体で100質量%の1つ以上の融解物を調製し;その融解物の押し出し又は共押し出しを行い;そして、その押し出し物を造粒することにより得られる粒状組成物を、イネが生育される水性培地に適用することを含んで成る、イネ害虫及び/又は真菌病に対抗するための方法に関する。それは、そこでの使用のための制御放出組成物にも関する。 (もっと読む)


土壌生息害虫及び/または土壌介在性疾患を制御するための方法であって、当該方法は植物繁殖材料を有効量の殺虫剤組成物で処理し、及び/または有効量の殺虫剤組成物を制御が所望される場所に施用することを含んで成り、ただし当該組成物は、活性成分として25℃、中性pHで、最大で100 μg/リットルの水溶解度を有する1種以上の殺虫剤(A)、及び少なくとも1種の製剤補助剤を含んで成り、ここでの当該組成物における粒子径は、X90で3.60 μm〜0.70 μmの範囲にある。アバメクチンは線虫損傷に対して特に有効であることが見出された。 (もっと読む)


植物病原体によって有用な植物またはその増殖材料に起こる病気を制御するため、通常は不活性なアジュバントに加え、活性成分として、成分(A)と、相乗的な効果をもたらす量の成分(B)との混合物を含んでいて、成分(A)がシプロジニルであり;成分(B)が、殺真菌活性が知られている化合物の中から選択した化合物である組成物は、真菌による有用な植物の病気を制御または防止するのに特に有効である。 (もっと読む)


本発明は、a)式IIの化合物(式中、R1及びR2は、式Iで定義されたものである)を、少なくとも1種の還元剤と反応させ、式IIIの化合物(式中、R1及びR2は、式Iで定義されたものである)を形成する工程;並びに、(b)その化合物を、少なくとも1種の還元剤と反応させ、式IVの化合物(式中、R1及びR2は、式Iで定義されたものである)を形成する工程;並びに、(c)その化合物を、式Vの化合物(式中、Qは、塩素、フッ素、臭素、ヨウ素、ヒドロキシ、又はC1-C6アルコキシであり、そしてR3は、式Iで定義されたものである)との反応により、式Iの化合物へ転換する工程:による、式Iの化合物(式中、R1及びR2は、各々他方から独立して水素又はC1-C5アルキルであり、そしてR3は、CF3又はCF2Hである)の調製プロセス;並びに、そのプロセスにおいて使用するための新規中間体に関する。
(もっと読む)


本発明の目的は、含有成分の満足のいく分散、懸濁、乳化又はその組合せを確保し、長期保存した場合でもその沈殿及び凝集を阻害する一方で活性成分の分解を防止する、液状農薬成分及び固体農薬成分を含む水中懸濁性農薬組成物を提供することにある。該発明は、少なくとも1つの液状農薬成分、少なくとも1つの固体農薬成分、少なくとも1つの油、及び少なくとも1つの界面活性剤を含む水中懸濁性農薬組成物を調製することによって実施される。 (もっと読む)


【課題】トウモロコシの作物中の雑草およびイネ科雑草を選択的に防除するための組成物を提供する
【解決手段】トウモロコシの作物中の雑草およびイネ科雑草を選択的に防除するための組成物であって、不活性担体および助剤に加えて、有効成分としてa)除草有効量のRS,1’S(−)N−(1’−メチル−2’−メトキシエチル)−N−クロルアセチル−2−エチル−6−メチルアニリンおよびb)除草剤と拮抗させるために、解毒有効量の薬害軽減剤としての式III


で表される化合物の混合物よりなる組成物。 (もっと読む)


211 - 220 / 352