説明

株式会社トッパン・コスモにより出願された特許

21 - 30 / 243


【課題】転倒による怪我を軽減するための衝撃吸収性と、押し傷による表面の耐傷付き性とを、従来技術で得られるフローリング材よりも、より高いレベルで両立させ、提供すること。
【解決手段】板状部材の表面側に化粧シートを積層し、板状部材の裏面側にクッション層を積層してなり、前記化粧シートが、紫外線硬化型アクリル系表面保護層とアイソタクティックペンタッド分率が95%以上の透明ホモポリプロピレン樹脂層と模様層とを少なくとも有し、かつ前記クッション層がエチレン系材料をベースにカプセル発泡剤を用いて発泡させてなる事を特徴とする。 (もっと読む)


【課題】転倒による怪我を軽減するための衝撃吸収性と、押し傷による表面の耐傷付き性とを、従来技術で得られるフローリング材よりも、より高いレベルで両立させ、尚且つ屋外用途にも利用可能なもノを提供すること。
【解決手段】化粧シートが、紫外線硬化型アクリル系表面保護層とアイソタクティックペンタッド分率が95%以上の透明ホモポリプロピレン樹脂層と模様層とを有し、紫外線硬化型アクリル系表面保護層には、添加剤成分として少なくともベンゾトリアゾール系紫外線吸収剤、ヒドロキシフェニルトリアジン系紫外線吸収剤、ヒンダードアミン系ラジカル捕捉剤が添加されており、前記ベンゾトリアゾール系紫外線吸収剤が、ベースのアクリル樹脂成分100重量部に対して、0.1〜2.0の添加量であり、クッション層がエチレン系材料をベースにカプセル発泡剤を用いたものである事を特徴とする。 (もっと読む)


【課題】長期間にわたる野外の暴露においても耐候性を有することができ、耐熱性の良好な化粧シートを提供する。
【解決手段】少なくとも熱可塑性樹脂基材1と絵柄層2と表面の透明アクリル系樹脂フィルム5がこの順に積層されてなる化粧シートにおいて、前記絵柄層2と透明アクリル系樹脂フィルム5の間にポリエステル系樹脂を主鎖とするウレタン系接着剤からなる接着剤層3とアクリル系樹脂を主鎖とするウレタン系アンカー剤からなるアンカー層4をこの順に設けてなり、前記透明アクリル系樹脂フィルム5は紫外線吸収剤を含有し、かつ該紫外線吸収剤はトリアジン系紫外線吸収剤のみからなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】しっかりした歩行感と表面の耐傷性を有しつつ、十分な衝撃吸収性を有する床材を提供すること。
【解決手段】床面表面に敷設して用いる床材の、少なくとも表面側に硬質層、床面側に軟質層を有する床材であって、前記硬質層のJIS K 7220に準拠して測定した圧縮弾性率が0.7〜2.6MPaであり、前記軟質層のJIS K 7220に準拠して測定した圧縮弾性率が0.01〜0.06MPaであること、JIS K 6519に定めるGs値が60〜100になることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】転倒による怪我を軽減するための衝撃吸収性を有し、かつ嵌合外れ、実鳴り等の不具合なく、沈み込みの大きすぎないフローリング材を提供すること。
【解決手段】複数の板状部材をその各側面に設けた嵌合形状により嵌合して敷設可能とする板状部材からなるフローリング材において、前記板状部材の表面側に化粧シートを積層し、前記板状部材の裏面側にクッション層を積層してなり、前記クッション層のJIS K 7220に準拠して測定した圧縮弾性率が0.010〜0.030MPaであり、前記クッション層の厚みが4.0〜7.0mmであることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】階段の踏み板表面にクッション性を有し、かつ角部や前面部にもクッション性を有し、表面の耐久性や意匠感も統一される階段用化粧シート及びそれを用いた階段の踏み板を提供すること。
【解決手段】階段の踏み板表面に貼り合わせて用いる階段用化粧シートにおいて、階段用化粧シートが少なくとも表面側からポリオレフィン系樹脂からなる非発泡層、ポリオレフィン系樹脂からなる発泡層をこの順に有してなり、前記非発泡層の層厚が0.1〜0.5mmであり、前記発泡層の層厚が0.5〜2.0mmで発泡倍率6.0〜20.0倍であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】耐熱性を有しつつ、製造作業工程を減らし、重量を軽減することで垂直面への使用も容易に可能となるエンボス化粧シートを提供すること。
【解決手段】基材シート上に絵柄層を設け、表面にエンボス加工による凹部を設けてなるエンボス化粧シートにおいて、前記基材シートとして、ポリエチレンテレフタレート共重合樹脂が30〜70重量%、ポリブチレンテレフタレート樹脂が30〜70重量%となるようにポリマーブレンドした樹脂を用い、前記絵柄層の上からエンボス加工による凹部を設け、前記凹部を設けた絵柄層の直上に硬化化型樹脂からなる表面保護層を設けてなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】T型ダイスを用いた溶融押出装置のアイドリング時または押し出し条件の設定時に垂れ流される溶融樹脂を、ブロッキングや垂れ落ちが発生することなく巻き取り、ペレット状に加工してリサイクルすることを可能とする、溶融樹脂の回収装置および溶融樹脂の回収方法を提供すること。
【解決手段】T型ダイス1直近に、風を発生させて前記溶融樹脂に吹き付けて冷却を可能とする搬送ブロア3を設け、前記T型ダイス1から0.5〜1.5m離れた位置に、前記溶融樹脂のシートをロール状に巻き取ることを可能とする巻取装置2を設けてなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ペットが歩いて滑らない、かつ素足や靴下履きの人が歩いてつっかからない、人とペットが快適に生活できる床用化粧シートを提供すること。
【解決手段】最表面に表面保護層を有する化粧シートにおいて、前記表面保護層が硬化型樹脂を主剤とし、平均粒径が10〜20μmのウレタンビーズを10〜30重量%含有してなることを特徴とする。硬化型樹脂とウレタンビーズとにより、人とペットに好適な滑り性を有し、摺動性などの問題もない。 (もっと読む)


【課題】転倒による怪我を軽減するための衝撃吸収性を有し、かつ嵌合外れ、実鳴り等の不具合なく、沈み込みの大きすぎないフローリング材を提供すること。
【解決手段】複数の板状部材をその各側面に設けた嵌合形状により嵌合して敷設可能とする板状部材からなるフローリング材において、前記板状部材の表面側に化粧シートを積層し、前記板状部材の裏面側にクッション層を積層してなり、前記クッション層のJIS K 7181に準拠して測定した圧縮弾性率が0.015〜0.030MPaであり、前記クッション層の厚みが4.0〜7.0mmであることを特徴とする。 (もっと読む)


21 - 30 / 243