説明

Fターム[2G051AA81]の内容

Fターム[2G051AA81]に分類される特許

1 - 17 / 17


【課題】人の目に近い、生体鉱物の品質管理や評価、農産物の栽培・品質管理や評価を課題とし、色彩画像撮像・解析システムを提供する。詳細には、対象物の表面反射を除去又は軽減する色彩画像撮像システムを提供する。又、Color HistogramとCDEに基づく色彩画像解析システムを提供する。
【解決手段】(A)色彩画像撮像システム及び/又は(B)色彩画像解析システムからなる色彩画像撮像・解析システムであって、(A)色彩画像撮像システムは、立体拡散光源を有し、該光源内に対象物を設置すること、(B)色彩画像解析システムは、CDEに基づく画像解析工程と、Color Histogramに基づく色彩解析工程とからなることを特徴とするシステムにより上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】目的とする真珠もしくは真珠貝殻の品質を非破壊的に、かつ簡便かつ迅速に判定することができる方法および検査装置を提供する。
【解決手段】被検体としての真珠もしくは真珠貝殻の紫外域から可視域の反射スペクトル、および/または紫外域から可視域の蛍光スペクトルを測定し、得られた値を、予め測定しておいた正常な真珠もしくは真珠貝殻の値と比較することによって、真珠品質を非破壊的に判定する方法および検査装置である。 (もっと読む)


【課題】散乱体が一定の波長分布の電磁波を受けた際の立体的な散乱分布から、その散乱体の物性を測定する散乱体物性測定装置を提供する。
【解決手段】試料載置台に測定すべき散乱体を置き、該電磁波を前記焦点を中心とする仮想球面の、一以上の任意の方向、及び、一以上の連続する方向の、少なくともいずれかの方向から前記散乱体に照射し、その際に該散乱体で散乱されて前記放物面鏡または放物面スクリーンに反射または投影された散乱波を 平面的な撮像データとして前記撮像手段で撮像し、こうして得られた撮像データから、該散乱体から発生する散乱波の立体的な分布を得て、その結果から該散乱体の物性を測定する場合に、前記散乱波を前記散乱体を中心とする仮想球面の中心軸を含む断面上の円弧の3π/4ラジアンより小さい範囲内に渡って撮像する。 (もっと読む)


【課題】自動的に物品の欠陥または特徴を検査できる、検査システムを提供する。
【解決手段】検査システム10は、製品をスキャンして製品のイメージを生成するスキャナ12と、スキャナ12に電気的に接続され、製品のイメージを受信して分析する分析装置16と、を有する。イメージが画素マトリクスを含み、各画素がグレースケール値を有する。分析装置16がマイクロプロセッサ、メモリ及び比較モジュールを有する。マイクロプロセッサがイメージ中の各画素に関する基準グレースケール値の計算に用いられ、当該基準グレースケール値が各画素の隣に位置する画素のグレースケール値の平均値を含む。メモリは各画素に関する基準グレースケール値と基準グレースケール値に関する閾値の保存に用いる。比較モジュールはイメージ中の各画素のグレースケール値と各画素に関する閾値の比較に用いる。 (もっと読む)


原石の画像を取得し、前記画像の定量的な解析を行い、原石の特性の尺度を得るシステムである。当該システムは、原石を観測位置に支持するサポート構造を有する。照射構造は、原石を照射するように配置される。照射構造は、観測位置に向かうように配向された、複数の指向性光源を有し、サポート構造および照射システムは、回転軸の周りを、相互に対して回転可能であり、原石は、複数の回転位置の各々において、1または2以上の指向性光源によって照射され、回転軸は、原石の選定されたファセットに対して垂直である。回転位置の各々での原石の画像を取得するため、原石に向かって画像化装置が配向され、この画像化装置は、回転軸に平行なまたは前記回転軸に一致する画像化軸を有する。個々の光源からの個々のファセットによる反射に対応する画像において、スパークル領域を同定し、該スパークル領域の特性に基づいて、原石の定量的尺度を提供する画像プロセッサが提供される。

(もっと読む)


3Dモデルを生成し、および/またはダイヤモンドのような研磨原石におけるインクルージョンを検出する、方法および機器について示した。原石は、一連の個別の増分で回転される。原石の各回転位置では、原石に平行光が照射され、輪郭画像が記録される。また、原石には、各回転位置で、(更なる回転の前に)拡散光が照射され、拡散画像が記録される。画像は、解析され、原石の表面の3Dモデルが取得される。次に、拡散画像において、特徴物が同定され、これは、後続の拡散画像の間でトラックされる。トラック化特徴物は、原石による光線の反射および屈折を考慮して、原石の3Dモデルに対して配置される。その後、特徴物のいくつかまたは全てがインクルージョンとして同定される。
(もっと読む)


宝石の査定、評価および等級づけのための装置(10)は、宝石がその上で支持される台(11)を有する。台は、光を透過しないハウジング(15)において囲まれる。ハウジングに位置し、宝石上へ入射の光を投影するために適応する少なくとも1つの光源(14)が存在する。入射光への宝石の配向性を変化させるために台を回転させて、傾けるための手段もまた存在する。デジタル・カメラ(16)は、光源または各々の光源に隣接するハウジングに位置し、入射光の反射および/または屈折に基づき、宝石の画像を撮るために適応する。装置は、画像を調整し、分析するための情報処理手段も含む。その情報処理手段は、色、カット、クラリティ、閃光放射、輝度、光彩、波長分散および光沢の一以上を評価するための命令セットでプログラムされる。宝石は、その底面で宝石と係合する固定手段(17)により台に支持される。 (もっと読む)


【課題】所望の結晶体を自動的に判別することができ、良好な結晶体の回収率が高い結晶体の選別装置を提供する。
【解決手段】選別装置は、3台のカメラ1,2,3と、3つの照明1r,2r,3rと、カメラによる撮影画像を用いて結晶体の品質の良否を判定する判定部を有する演算処理装置と、結晶体D1が載置される供給ステージ6と、上記判定部により良品と判定された結晶体D2が貼付される貼付ステージ7と、一つの結晶体D1を保持して、ステージ6からステージ7に搬送する吸着コレット5(保持手段)とを具える。品質判定の予備工程として、照明1rや照明2rで照らした結晶体D1をカメラ1で撮影し、得られた画像を用いて結晶体D1の載置方向や特定の面の面積を検出する。照明1r,2rとして、結晶体D1に対する透過率が70%未満である低透過性光源を用いることで、良好な画像を取得することができ、良好な結晶体の回収率が向上する。 (もっと読む)


【課題】指輪やネックレスに加工された状態のダイヤモンドを台座などから外すことなく直接検査できる検査装置を提供する。
【解決手段】試料ホルダー1は、試料2の特定の表面aが入射光に対して垂直あるいはその近傍になるように試料2の台座26を保持し、ステージ4に載置される。干渉計を備えたFTIR5で発生する赤外光が試料2に入射し、試料2の内部で全反射して前記試料2の特定の表面aより出射する。この出射した赤外光を半導体検出器8で検出しデータ処理し、赤外スペクトルを得る。 (もっと読む)


【課題】人間の目で認知可能なカット・ダイヤモンドなどの宝石の視覚特性を判定する際に使用する画像データを生成する装置を提供すること。
【解決手段】本発明の装置は、対称軸が観察位置を通過する軸Xと平行になるように対称軸を有する宝石を支持する支持構造体と、配置された宝石を多様な光のパターンにより照明する照明手段と、軸Xを中心に光のパターンと支持構造体との間に相対的な回転を生じさせる回転手段と、光の電子画像を取り込み、画像データとして出力するカメラと、支持構造体の複数の異なる回転位置における光のパターンに対する回転中に、軸Xに沿って画像をカメラが取り込むように、回転手段およびカメラを制御する制御手段とを備え、照明手段は宝石へと光を反射する凹面を有する反射器を備え、凹面は相対的反射性の領域および相対的非反射性の領域を有し、それにより光のパターンを生成する。 (もっと読む)


【課題】 従来の真珠の光沢を測定する装置は、真珠表面に光源で照明し、真珠表面に映った光源の像を解析することによって真珠光沢を測定するものであり、真珠の干渉色を検査することが困難であった。その結果、従来の干渉色の検査は、検査者が目視で観察することにより経験をもって判定していた。
【解決手段】 真珠を照明する照明方向に対して直交する方向から観測すると、真珠による干渉色が真珠表面に明瞭に現れる。本発明は、この状態の真珠表面に現れる干渉色の強度の分布を計測し、そのデータから指標値を算出することにより、干渉色のてりのグレードを判定する。 (もっと読む)


真珠核の交差2軸での異方性を検出することにより材質に異方性のある真珠核と異方性の無い真珠核とを判別する。異方性の検出は、真珠核の液中での浮力による回転、又は真珠核の磁化率、又は真珠核の光透過率、又は真珠核の光反射率を用いた。従って、球形状の核の交差2軸での異方性を確実且つ迅速に検出し、核の材質を検査することを特徴とする。
(もっと読む)


【課題】宝石類に照射する光源として使用されていた半透明部材及び反射板部材等の明度や色調の影響を受けることなく、その場の環境からえられる光の波長を効率よく被観察体である宝石類に照射し、ラウンドブリリアントカット等の従来のカットを施された個々の宝石類が持つ特徴をより細部に亘り観察すること、更には近年増加している反射像の模様の見え方に重点を置いた新しいカットの特徴的で微細な反射像も的確にとらえることのできる観察器具の提供。
【解決手段】被観察体である宝石類に最も高質な光を効果的に照射する手段として透明部材を使用した筒体に偏角面を形成し、その偏角面で発生した光を宝石類に照射し得る光源とした。また、近年増加している様々なカット形状の宝石類の反射能力の観察に対応できるよう前記透明な筒体の下部に前記透明な筒体とは異なる色調の有色部材で形成した筒体を着脱可能に構成し、前記偏角面からの光と有色筒体の光の接点を可変できる構造とした。 (もっと読む)


【課題】 核を迅速に判別する。
【解決手段】 検査対象の核15に対し波長の異なる光を照射する照射手段5と、前記照射された光が前記核15によって反射した反射光を検出する検査手段7と、前記検出された反射光に基づく光反射率の特性によって前記核15を判別する判別手段9とよりなることを特徴とする。従って、前記照射手段5により核15に対し光を照射して前記核で反射させ、この反射光を前記検査手段7によって検出することができる。そして、前記反射光に基づく光反射率の特性の相違によって、核15を迅速且つ的確に判別することができる。 (もっと読む)


【課題】 核を迅速に判別する。
【解決手段】 支持部15に着脱自在に支持した核13に振動を付与可能な非磁性体の支持手段3と、前記核13に磁界を印加して該核13の磁化率を検出可能な磁化率検査手段5と、前記検出した核13の磁化率と核13の重量とから算出した重量磁化率に基づいて前記核13を判別する判別手段7とよりなることを特徴とする。従って、磁化率検出手段5によって検出した核13の磁化率と核13の重量とから重量磁化率を算出し、該重量磁化率の相違により核13を迅速且つ的確に判別することができる。 (もっと読む)


【課題】 小型の装置で宝石(ダイヤモンドなど)の屈折反射光(散乱光)を鮮明に観察でき、宝石の品質を簡便かつ効率よく評価できる装置及び評価方法を提供する。
【解決手段】 評価装置は、一方の端部が開口した暗箱1と、この暗箱内に配設され、ダイヤモンド3を保持するための保持部材2と、保持部材2と暗箱1の開口部との間に位置する半透明のドーム状スクリーン部材4とを備えている。暗箱1の開口部側の光源6により、スクリーン部材4の頂部に形成された透光部5を通じて、ダイヤモンド3に対してビーム状白色光線を照射すると、スクリーン部材4にダイヤモンド3からの屈折反射模様が投影される。この投影像を、暗箱1の開口部から投影像として観察する。 (もっと読む)


製品(501)を収容するように構成された包装ユニット(301、701、801、901、1201)に関連する製品(501)の視覚的描写(503)を表示する方法であって、包装ユニット(301、701、801、901、1201)が、ディスプレイ・デバイス(205、711、811、1202)と、メモリ・デバイス(109、1211)と、メモリ・デバイス(109、1211)を保持するように構成されたメモリ・ポート(201、1209)とを備え、方法が、メモリ・デバイス(109、1211)に製品(501)に関連する情報を保存する工程と、メモリ・デバイス(109、1211)をメモリ・ポート(201、1209)に嵌合させる工程と、保存された情報を表示するようにディスプレイ・デバイス(205、711、811、1202)を構成する工程とを含む。
(もっと読む)


1 - 17 / 17