説明

国際特許分類[A21D13/00]の内容

国際特許分類[A21D13/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A21D13/00]に分類される特許

1 - 10 / 565



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】バンズ、コッペパン、ロールパン、バターロールのような焼減率が高いパンであって、冷蔵温度において老化現象が起こりにくい、ソフトでしとり感を持続できるチルドパンを提供すること。
【解決手段】穀粉類100質量部に対し、糖類5〜30質量部、油脂類3〜30質量部、水75〜150質量部及び糊化膨潤抑制澱粉1〜22質量部を含有するパン生地を、水分含量が35〜60質量%となるように焼成してなるチルドパン。好ましくは、上記パン生地が親油性乳化剤の水和物を含有する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、層状生地と非層状生地を組み合わせた、新規の外見と食感をもつベーカリー生地とその焼成品、並びにその平易な製造方法を提供することを目的とするものである。
【解決手段】混捏生地と油脂組成物を組み合わせて折りたたみ、展延する工程において、油脂組成物を層状生地の特定の位置におき、特定の方向にて展延することで層状生地と非層状生地を組み合わせたような外見の特徴のある、しかもそれぞれの部位にて異なる食感を楽しめる新規の部分層状ベーカリー食品を製造することができる。 (もっと読む)


【課題】薬膳の食材が食する人の食欲に良好に影響し得る薬膳パンを提供する。
【解決手段】この薬膳パン1は、焼成されたパン生地2の中に、所定の長さの又はその長さにカットされた植物由来の薬膳塊状食材3がパン生地に分散されて1種類以上含まれ、更に、所定の直径以下に粉砕された植物由来の薬膳粉末食材がパン生地と混合されて1種類以上含まれており、薬膳塊状食材と薬膳粉末食材とは、合わせて少なくとも2種類以上含まれている。 (もっと読む)


【課題】高い発酵力を有し、良好な膨らみと酒様の風味をパンに付与することができる酒種の提供。
【解決手段】麹に少なくとも水、蒸米及び米を混合した混合物において、混合5分後のpHを4.5〜5.0に調整することを特徴とする酒種の製造方法。 (もっと読む)


【課題】たこ焼き、お好み焼き等のスナック惣菜類の生地に添加し、生地を焼成後の離型性が良く、生地に卵を含まない場合でも優れた焼き色、食感を有し、冷凍保存後に再加熱した場合でも優れた食感を有し、老化防止効果にも優れ、冷凍保存した場合でも長時間食感低下を来す虞のないスナック惣菜類を得ることができるスナック惣菜類用粉末油脂を提供する。
【解決手段】スナック惣菜類用粉末油脂は、食用油脂、重合度2〜4のマルトオリゴ糖及びラクトースを含有する粉末化基材、乳化剤としてレシチン及びグリセリン脂肪酸エステルを含む水中油型乳化物を乾燥粉末化した粉末油脂であって、粉末油脂中にレシチン0.1〜2重量%、グリセリン脂肪酸エステル0.5〜6.5重量%が含有されている。 (もっと読む)


【課題】高い発酵力を有し、良好な膨らみと酒様の風味をパンに付与することができる酒種の提供。
【解決手段】温度0℃未満の凍結麹と温度60〜100℃の熱水とを混合して得られた混合物を、30℃以下の温度に調整し、次いで少なくとも蒸米及び米と混合する酒種の製造方法。該麹は、Aspergillus oryzae又はAspergillus sojaeを含み、パン類の製造に利用できる。 (もっと読む)


【課題】ふっくらと分厚く仕上がり、食感に優れて増量効果の高い加熱食品を提供する。
【解決手段】小麦粉、米粉、大麦粉、ライ麦粉、トウモロシ粉、テフ粉、ヒエ粉、黄粉、ヒヨマメ粉、エンドウマメ粉、蕎麦粉、アマランサス粉、片栗粉、葛粉、タピオカ粉、馬鈴薯粉、アビオス粉、栗粉、ドングリ粉等の穀物を加水し加熱して発泡させた後乾燥し粉砕して得られる発泡穀粉を添加してなる発泡穀粉添加加熱食品である。ふっくらと分厚く仕上がるので食感に優れるとともに、増量効果が高いので歩留まりの向上や製造コストの低減を図ることができ、しかも安全に食することができる。 (もっと読む)


【課題】焼成後も腰持ちが良好で、ソフトで口どけがよいパン類を提供することを課題とする。またフィリング材からの水分移行により、ふやけやしわが表面に発生することを防止したフィリング材を含有するパン類を提供することを課題とする。
【解決手段】澱粉類100質量部に対し、アルギン酸プロピレングリコールエステルを0.05〜1質量部、親油性乳化剤の水和物を0.05〜2質量部含有するパン生地 (もっと読む)


【課題】パン類の製造に使用した際に、べたつきの少ない優れた生地性を示し、歯切れが良い食感でかつケービングを防ぎ優れた外観を有する米粉パンが得られるパン用米粉を提供する。
【解決手段】うるち米を原料米とし、常圧下で70〜130℃の範囲で5〜60分間湿熱処理した米粉を使用する。 (もっと読む)


1 - 10 / 565