説明

国際特許分類[A61K8/41]の内容

国際特許分類[A61K8/41]に分類される特許

21 - 30 / 969


【課題】本発明の課題は、乳化安定性に優れて、べたつき感が改善された、シリコーン油高配合の油中水型乳化組成物を提供することである。
【解決手段】特定の(A)N−長鎖アシル中性アミノ酸エステル、(B)シリコーン油、(C)水を配合することにより、課題が解決できることを見出した。 (もっと読む)


【課題】本発明は、所望の濃度のリフト及び明るさを提供し、同時に、提供する色の改善及び損傷の低減、皮膚及び頭皮の刺激の低減及び臭いを減らす、毛髪染色剤(現在利用可能な製品の適用時間より短い時間に対して有効であり且つ消費者が美しさを保つための定期的な行為の一部として使用される)を消費者に提供することを課題とする。
【解決手段】上記課題を解決するため、本発明は、(i)特定の成分を含む組成物を供給すること(ここで該組成物は8.4〜9.5のpHを有する。)、(ii)該組成物を毛髪上に適用することと該組成物を毛髪上に20分未満の時間維持すること及び引き続いて、(iii)該組成物を毛髪からすすぎ洗いすること、の各工程を含む、20分未満で毛髪を酸化的に高速に染色又は漂白する方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】増粘剤の提供。
【解決手段】下記一般式(1)で示される化合物である(A)成分と、カチオン系界面活性剤である(B)成分とを含有する組成物


(上記一般式(1)において、Rは炭素数1〜23の炭化水素基を示し、Rは水素又は炭素数1〜3の炭化水素基を示し、Yはカルボキシル基、スルホン酸基、硫酸エステル基、リン酸エステル基又はそれらの塩を示し、Zは−NR’−(R’は水素又は炭素数1〜10の炭化水素基を示す。)、−O−、又は−S−を示し、j、kは0、1、2のいずれかであり、かつj、kは同時に0ではなく、nは2〜20の整数を示す。Xは分子量100万以下の炭化水素鎖を示す。) (もっと読む)


【課題】コハク酸ポリプロピレングリコールオリゴエステルの分散性が高い水中油型毛髪処理剤の提供。
【解決手段】コハク酸ポリプロピレングリコールオリゴエステルと共に、ポリエチレングリコール・ポリプロピレングリコール・ブロックエーテル及びベヘニルトリメチルアンモニウム塩を配合する。 (もっと読む)


【課題】毛髪の水分保持力を高めながらも、使用時の指どおりを改善し、しなやかでしっとりとした仕上がり感を与えることができ、かつ低湿度下でのパサツキ防止とうるおい感に優れた毛髪化粧料を提供する。
【解決手段】25℃における動粘度が5,000〜20,000mm2/sのアミノ変性シリコーン、アミノポリエーテル変性シリコーン、25℃における動粘度が5,000,000〜30,000,000mm2/sのジメチルポリシロキサン、下記式(I)の脂肪酸アミドアミン及び炭素数14〜24の長鎖のアルキル基を有する高級アルコールを含有する毛髪化粧料。
1−CO−NH−(CH2n−N(R22 ・・・(I)
(式中、R1は直鎖又は分岐した炭素数13〜23の飽和又は不飽和脂肪酸残基、R2は炭素数1〜3のアルキル基、nは1〜5の整数を示す。) (もっと読む)


【課題】口腔バイオフィルム殺菌効果に優れ、その殺菌効果が持続する口腔用軟膏組成物及び口腔バイオフィルム殺菌剤を提供する。
【解決手段】(A)陽イオン性抗菌剤、(B)アズレン、(C)低級1価アルコール及び(D)水溶性ビニル系高分子を含有してなることを特徴とする口腔用軟膏組成物、及び上記(A)〜(D)成分からなる口腔バイオフィルム殺菌剤。 (もっと読む)


【課題】ダメージヘアに対しても塗布時の良好な使用性を付与し、すすぎ時及び湿潤時のキシミ感がなく、更に乾燥後の柔軟性を付与することができる毛髪用組成物の提供。
【解決手段】(A)下記一般式(1)


(式中、Rはアルキル基、又はアルケニル基を表し、R、Rはアルキル基、又はヒドロキシアルキル基、R、Rはアルキル基を表す。)で表されるヒドロキシエーテル型カチオン界面活性剤と、(B)高級アルコールと(C)芳香族アルコールを含有する毛髪用組成物。 (もっと読む)


【課題】老化の徴候を抑制することを目的とするパーソナルケア製品の提供。
【解決手段】2−ヒドロキシ−3−クロロプロピルトリメチルアンモニウムクロリド、2,3−ジヒドロキシプロピルトリメチルアンモニウムクロリド、および、フルクトース/グルコースの2−ヒドロキシプロピルトリメチルアンモニウムクロリド付加物から選択される第四級アンモニウム化合物と、化粧品的に許容可能な担体を含む、人の皮膚における老化の徴候を治療するためのパーソナルケア組成物。 (もっと読む)


【課題】毛髪になめらかさ、まとまりを付与し、その効果を翌日のシャンプー直前まで持続させることができ、かつ、コンディショニング処理後に毛髪にべたつき感を与えず、ひんやり感が付与され、心地よい感触が得られる。
【解決手段】成分A、成分B及び成分Cを含む毛髪化粧料組成物;成分A:重量平均分子量Mwが1000〜50000のポリアミン、成分B:下記式(1)で示される末端分岐脂肪酸(B−1)、及び炭素数14〜22の直鎖脂肪酸とイソステアリン酸との混合脂肪酸(混合比率(質量)が0.25〜4.0)(B−2)から選択される脂肪酸
【化1】


(式中、Rはメチル基またはエチル基を示し、nは9〜17の整数を示す。)
成分C:カチオン性またはアニオン性界面活性剤。 (もっと読む)


【課題】従来の方法と同等に有効である一方で、より安全な毛髪の直毛化もしくはリラクシング方法を提供する。
【解決手段】(a)約8.0乃至約10.5のpHを有するアルカリ組成物を毛髪と接触させることにより毛髪を予備アルカリ化して予備アルカリ化済み毛髪を形成する工程;(b)任意の、前記予備アルカリ化済み毛髪からアルカリ組成物をすすぎ落す工程;(c)(i)約0.1乃至約50重量%の少なくとも一つの弱い非水酸化物塩基;及び(ii)100%までの残量の化粧品として許容される媒質を含む、毛髪の直毛化/リラクシング組成物を準備する工程(全ての重量は毛髪の直毛化/リラクシング組成物の重量に基づく);(d)毛髪を、毛髪の直毛化/リラクシング組成物と接触させて処理済み毛髪を形成する工程;(e)任意の、前記処理済み毛髪から毛髪の直毛化/リラクシング組成物をすすぎ落す工程;(f)任意の、前記処理済み毛髪を不揮発性油で処理する工程;(g)熱と物理的に毛髪を滑らかにする手段との組み合わせを用いて前記処理済み毛髪を滑らかにする工程;を含む、毛髪の直毛化またはリラクシング方法を実施する。 (もっと読む)


21 - 30 / 969