説明

国際特許分類[B05B1/12]の内容

国際特許分類[B05B1/12]に分類される特許

21 - 30 / 43




【課題】脱硫性能等の諸条件変更や現場調整等を実施する際、コストや工期の増加を最小限に抑えた柔軟な対応が可能になる液柱方式の排煙脱硫装置を提供すること。
【解決手段】脱硫塔の内部で液柱ノズル20から噴き上げられて落下する吸収液と脱硫塔の下方より上昇する燃焼排気ガスとを気液接触させて脱硫する液柱方式の排煙脱硫装置において、液柱ノズル20の先端部に、吸収液の噴出流速または噴出パターンが異なる出口チップ30を着脱可能に取り付けた。 (もっと読む)




【課題】スプレーパターンの切換えを簡単な操作で行うことができると共に、異なるスプレーパターンによる内容液の吐出操作を、同様の操作で行える液体吐出器を提供する。
【解決手段】吐出ノズル14から液体を吐出する液体吐出器10であって、吐出ノズル14は、吐出器本体15のノズル連結部16に回転可能に装着され、回転軸Xを中心とする一つの仮想円C上に周方向に間隔をおいて配置された複数の噴口19a,19bと各噴口19a,19bの噴出方向前方に設けられた吐出筒20a,20bを有する。ノズル連結部16から圧送される液体に旋回流を生じさせる旋回溝18が、回転軸Xから偏心して仮想円Cと重なる位置に設けられる。吐出ノズル14を回転させ、選択された一つの噴口19aを旋回溝18、及びノズル連結部16から旋回溝18に至る液流路17と連通させることにより、噴口19aから液体を吐出させる。 (もっと読む)


【課題】押出または噴霧の際のアクセスのしやすさを向上し、それにより、工具を取り替える必要なく続行することができるようにすること;第1の噴霧方向から第2の噴霧方向への調節に必要な調節時間を少なくすること;途中で工具の交換を行わずに、例えば噴霧と押出のような、異なる加工工程間の移行を可能にする。
【解決手段】異なる位置および方向間で調節可能な保持装置上に工具として装着するように意図された、表面上への流体塗布用装置であって、該装置は、1つまたは幾つかの加圧された流体を、該工具上に装着された、該流体を排出するための少なくとも2つのノズル38,39に供給するための供給手段4を備える、装置。 (もっと読む)



【課題】部品点数が少なく、容易に組み立てることができる軽量な薬液噴霧作業竿を提供する。
【解決手段】竿本体(20)の先端部から一定角度(θ)だけ屈曲するヘ字状ノズルヘッド(22)へ、ノズル孔(28)が開口するディスクプレート(26)と円周面に一対の螺旋凹溝(30)が切り欠かれた割り中子(27)とから成る薬液噴霧ノズル(N)を組み込み設置すると共に、そのノズルの割り中子に嵌合された中子芯(54)の進退操作ロッド(50)を、上記竿本体の手元部からグリップハンドル(46)の回動操作により進退移動させて、上記ディスクプレートのノズル孔から射出される薬液の噴霧状態を、遠方への細い棒状と広角度な中空の円錐状に切り換え調整し得る薬液噴霧作業竿において、上記中子芯の基端部とその進退操作ロッドの先端部とを、上記ノズルヘッドに沿って自づと屈曲し得る一定長さのフレキシブル先導ノーズ(53)により連結一本化した。 (もっと読む)



21 - 30 / 43