説明

国際特許分類[F25D11/00]の内容

国際特許分類[F25D11/00]の下位に属する分類

国際特許分類[F25D11/00]に分類される特許

51 - 60 / 1,647


【課題】店舗において障害が発生している室内ユニットを容易に確認することができる冷凍装置の集中管理装置を提供する。
【解決手段】室内ユニット(ショーケースA1、A2)から収集したデータを管理するデータ管理手段と、室内ユニットと店舗照明LG1、LG2との位置関係に関する情報を管理する照明位置情報管理手段と、店舗照明を制御する照明制御手段とを備え、この照明制御手段は、室内ユニットから収集したデータに警報に関する情報が含まれている場合、当該室内ユニットと位置的に対応する店舗照明の点灯状態を変更し、若しくは、当該店舗照明を消灯する。 (もっと読む)


【課題】除霜モード時の貯蔵室内の無駄な昇温を防ぐ冷蔵庫を提供すること。
【解決手段】冷凍サイクルが停止状態の時に冷却ファン6を稼動し、冷蔵室ダンパ8を開放して冷蔵室を冷却するオフサイクル冷却モードと、除霜ヒーターにより、冷却器5に付着した霜を解かす除霜モードを備えた冷蔵庫において、除霜モード終了から次回の除霜モードまでの間隔を制御する。
この構成により、冷凍室ダンパを備えた冷蔵庫において、冷却器への霜の付着量を予測して除霜間隔を調整することができ、貯蔵室の無駄な昇温を防ぐことができる。 (もっと読む)


【課題】
密閉形圧縮機および密閉形圧縮機を備えた冷蔵庫において、ピストンを軽量化して電動機の負荷を低減するとともに、ピストン内部の潤滑および冷却の双方を改善して、密閉形圧縮機の効率と信頼性を向上させる。
【解決手段】
密閉形圧縮機50は、下部に電動要素7を上部に圧縮要素6を収容する密閉容器1の底部に貯留する潤滑油14で各部を潤滑する。圧縮要素はシャフト10とこのシャフトに連結されたコンロッド12とを有し、コンロッドはシャフトとの連結端と反対端に球状の球体部12aを有する。球体部は、密閉容器に固定されたシリンダ4内を往復動可能に移動するピストン5の内部にボールジョイント機構で保持されており、ピストンの内周面にこのピストンの軸方向に延びる複数の凹凸溝5gが形成されている。 (もっと読む)


【課題】太陽光発電装置が発生させた電力を効率的に利用することが可能な太陽光発電装置の給電システム、ならびに、それに用いられる情報処理端末装置、洗濯乾燥機および冷蔵庫を提供する。
【解決手段】給電システム1の情報処理端末装置100は、太陽光発電装置2の過去の発電電力量の時間的推移の情報と、洗濯乾燥機900を除く他の家電機器の過去の消費電力量の時間的推移の情報とから発電電力に余剰が生じる時間帯を推定する。また、情報処理端末装置100は、推定された時間帯の結果を電力余剰時間帯情報として記憶し、洗濯乾燥機900が実際に作動する時間の情報として洗濯乾燥機900から受け取る作動時間情報と、電力余剰時間帯情報とに基づき、洗濯乾燥機900の運転開始時刻を決定する。 (もっと読む)


【課題】ガスクーラ内を流れる冷媒を冷却させるための冷却媒体の温度が高い環境下で、冷凍サイクルの高圧側の圧力を高めつつ冷凍サイクルの低圧側の圧力を下げる制御を行うコンテナ用冷凍装置において、高段側の圧縮機から吐出される冷媒の温度を低く抑えることを可能にする。
【解決手段】エコノマイザ回路50は、ガスクーラ27を、低段圧縮機21と高段圧縮機22との間に合流させる回路である。このエコノマイザ回路50には、バイパス開閉弁54を有しており、エコノマイザ熱交換器41をバイパスさせるようにバイパス回路53が設けられている。制御ユニット7は、高段吐出冷媒配管34を流れる冷媒温度が上昇した場合に、バイパス開閉弁54を開状態にすることで、吐出冷媒温度を下げる。 (もっと読む)


【課題】年間消費電力量の更なる低減が可能な自動販売機を提供する。
【解決手段】自動販売機は、ピークカット運転する期間を設定するためのピークカット期間設定手段1と、ピークカット運転する期間におけるピークカット運転する時間帯を設定するためのピークカット時間帯設定手段2と、現在の年月日、曜日、時間を示すカレンダー情報を出力するカレンダー手段3と、商品を収納する庫内を冷却または加熱する庫内温度調節手段4と、庫内温度調節手段4の運転を制御する運転制御手段5とを有し、運転制御手段5は、カレンダー手段3のカレンダー情報がピークカット期間設定手段1で設定された期間内でピークカット時間帯設定手段2で設定された時間帯に入っている間は、冷却販売する商品が収納された庫内の温度が上昇して所定の上限温度に達した場合等のピークカット運転を解除する所定条件が満たされない限り、庫内温度調節手段4を停止する。 (もっと読む)


【課題】電動コンプレッサ駆動用モータの過熱を確実に防止することができる飲用冷水機を提供する。
【解決手段】飲用冷水機は、上水道管などの給水源から給水管21を経由して供給される水を貯留する水タンク10と、水タンク10に貯留された水を冷却する冷却手段を構成する電動式のコンプレッサ11と、水タンク10内に貯留された水を流出させる出水管22と、を備えている。また、コンプレッサ11を駆動するモータ12へ給電する電源回路13に所定値を超える電流が流れたときに電源回路13を遮断するバイメタル式継電器14と、モータ12が所定値を超える温度に昇温したときに電源回路13を遮断するサーモスタット15と、水温設定用サーモスタット17と、始動リレー18と、が電源回路13に直列に接続されている。 (もっと読む)


【課題】庫内温度と設定温度の差から圧縮機の運転回転数を決定する制御手段を持たない冷蔵庫でも、負荷に応じて圧縮機の回転数を制御できる制御手段の提供を目的とする。
【解決手段】DCモータ107の運転時に、モータ電流検出手段122で検出されたモータ電流に応じてタイマ121の設定時間を設定し、設定時間になればDCモータ107の回転数を上昇させるため、負荷に応じた回転数制御ができ、冷蔵庫の負荷が大きいと判断したときにはすばやく高速回転で運転し、負荷の少ないときは低速回転で省エネルギーの運転ができる。 (もっと読む)


【課題】複数の制御内容をまとめて設定することができ、しかもその制御内容の設定値を容易に確認することができる制御装置及び該制御装置を備えるショーケースを提供する。
【解決手段】制御装置10は、操作部30での設定内容を記憶する設定内容記憶部44を有し、操作部30を制御する操作部制御部32と、設定内容記憶部44に記憶された設定内容に基づき、制御対象機器であるショーケース12を運転制御する機器制御部34と、複数の制御内容の組み合わせを1単位とし、該1単位の標準的な設定値が標準設定用データとして予め記憶される標準設定用データ記憶部46と、操作部30での設定内容に応じて、標準設定用データ記憶部46に記憶された標準設定用データを設定内容記憶部44に設定する設定値設定部48と、設定内容記憶部44に記憶された設定内容と標準設定用データ記憶部46に記憶された標準設定用データとを比較し、その比較結果を操作部制御部32を介して表示部40に表示する設定値比較部50とを備える。 (もっと読む)


【課題】ユーザの手指などによる誤動作を防止し、また、電極から延びている接続線の断線を防止できる冷蔵庫を提供する。
【解決手段】冷蔵庫本体11が有する扉17の前面に設けられ、操作領域32と表示領域33を有する前面板26と、前面板26の操作領域32の裏側に配された操作基板27と、操作基板27の前面に設けられ、且つ、前面板26の裏面に接触又は近接する状態で配されたタッチスイッチ用の電極34と、操作基板27の後面に設けられ、冷蔵庫本体11に設けられた主制御部に接続するための接続線35と、電極34と接続線35とを電気的に接続するために操作基板27に設けられたスルーホール36とを有する。 (もっと読む)


51 - 60 / 1,647