説明

国際特許分類[F25D11/00]の内容

国際特許分類[F25D11/00]の下位に属する分類

国際特許分類[F25D11/00]に分類される特許

61 - 70 / 1,647


【課題】ユーザの手指などによる誤動作を防止し、また、電極から延びている接続線の断線を防止できる冷蔵庫を提供する。
【解決手段】冷蔵庫本体11が有する扉17の前面に設けられ、操作領域32と表示領域33を有する前面板26と、前面板26の操作領域32の裏側に配された操作基板27と、操作基板27の前面に設けられ、且つ、前面板26の裏面に接触又は近接する状態で配されたタッチスイッチ用の電極34と、操作基板27の後面に設けられ、冷蔵庫本体11に設けられた主制御部に接続するための接続線35と、電極34と接続線35とを電気的に接続するために操作基板27に設けられたスルーホール36とを有する。 (もっと読む)


【課題】節電運転後に、庫内ファンの運転で庫内の物品を暖めてしまう不具合の発生を抑えながら、庫内熱交換器において蒸発しきらない液冷媒が圧縮機に戻って圧縮機の寿命を縮めないようにすることができる物品冷却装置を提供する。
【解決手段】運転制御手段103が、節電運転終了時に庫内コラム内温度センサ41A,41B,41Cにより検出した庫内温度が高いほど、節電運転終了によりインバータ圧縮機71Aまたは一定速圧縮機71Bが運転を開始してから所定時間経過するまでの間の各庫内ファン61A,61B,61Cの回転数を低くすると共に、各庫内ファン61A,61B,61Cの回転数を通常の庫内ファン運転時の回転数よりも低く抑える所定時間を長くする。 (もっと読む)


【課題】停電時においても水槽内の冷却水を攪拌することができる飲料供給装置及び冷却水の攪拌方法を提供する。
【解決手段】冷凍機と、冷却水116が貯留される水槽109と、水槽109に収容されて、蒸発管118と、飲料冷却管117と、冷却水116を流動・攪拌して飲料の冷却を促進する攪拌手段と、一つ又は複数の孔203aを有し、冷却水116が満たされた際の水面下に孔203aが位置するように設置される空気吐出管203と、を備え、外部電源の停電時に、空気吐出管203に外部の手動又は電池作動の空気供給手段201から空気が供給されることで、空気吐出管203の孔203aを介して前記空気を吐出して、水槽109内の冷却水226を流動・攪拌させて氷119の層との伝熱を促進させるように構成されたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】冷凍機、ショーケース含めた冷媒回路全体の負荷の状態に基づいて過負荷に係る判定等を行うことができる冷凍・冷蔵システムを得る。
【解決手段】冷媒を圧縮して吐出する圧縮機203及び熱交換により冷媒を凝縮させる凝縮器204を有する1又は複数の冷凍機200と、冷媒を減圧する膨張弁103及び減圧に係る冷媒との熱交換により貯蔵庫内の空気を冷却する蒸発器104を有する1又は複数のショーケース100とを配管接続して冷媒を循環させる冷媒回路を構成し、冷凍機200及びショーケースにおける負荷の状態を判断し、また、判断に基づき過負荷状態の原因を判定し、出力する処理を行う冷凍機用コントローラ202とを備える。 (もっと読む)


【課題】コンテナ内を冷却するコンテナ用冷凍装置において、モータのロック異常および断線異常に関する判定の精度を高めて、モータ異常の誤検知をなくす。
【解決手段】コンテナ用冷凍装置は、庫内モータ(1)を流れる電流の電流値が予め設定された電流閾値と比較して庫内モータ(1)のモータ異常を判定する異常判定部(44)と、庫内モータ(1)に電力を供給する電源(42)の電源周波数ごとの電源電圧に応じて異常判定部(44)の電流閾値を変更する閾値変更部(45)とを備えている。 (もっと読む)


【課題】蒸発器への高温冷媒流入による省エネルギ性能の悪化を抑制する冷蔵庫および冷凍庫を提供する。
【解決手段】本発明の冷蔵庫は、庫内の貯蔵室2、3、4、5、6と庫外とを断熱する断熱箱体10と、圧縮機24と第一の凝縮器61、62と断熱箱体10の前方開口縁部に配設された第二の凝縮器64と断熱箱体10の前方開口縁部以外の場所に設置された第三の凝縮器63と第二の凝縮器64への流路と第三の凝縮器63への流路とを切替えるための流路切替弁65と減圧手段43と蒸発器7とを有して冷媒を循環させる冷凍サイクル1Sとを備える冷蔵庫1であって、圧縮機24の運転を停止させる前に、流路切替弁65において第二の凝縮器64側と第三の凝縮器63側への流路を一定時間閉じた後、圧縮機24の運転を停止させ、第二の凝縮器64および第三の凝縮器63内の冷媒量を減らす冷媒回収の制御を行う第1制御部31を備えている。 (もっと読む)


【課題】ガス透過膜を用いた空調システムにおいて、ガス透過膜における大気中の浮遊物質の遮断性能および気体透過性能を保ちつつ圧力などの外部応力に対する耐久性を向上させる空調システムを提供する。
【解決手段】空調対象空間への気体の供給及び/又は空調対象空間からの気体の排出が透過膜13を通して行われる空調システムにおける透過膜として、環状オレフィン官能性シロキサン、該環状オレフィン官能性シロキサンと、環状オレフィン化合物とを付加重合することにより得られ、環状オレフィン官能性シロキサンに由来する構造単位の割合が、付加重合体中5〜100モル%であり、テトラヒドロフランを溶媒とするGPCで測定されるポリスチレン換算の数平均分子量(Mn)が10,000〜2,000,000である環状オレフィン付加重合体によって形成されている非対称膜を用いる。 (もっと読む)


【課題】紫外線照射手段を使用しなくとも、冷蔵用冷却器への可視光の照射によって冷蔵空間内の脱臭、除菌をおこない、消費電力の低減を可能にした冷蔵庫を提供する。
【解決手段】貯蔵空間を有し、貯蔵空間を冷却する冷却器23を設け、ファンによる冷気循環で貯蔵空間内を所定温度に保持する冷蔵庫において、可視光応答型の光触媒被膜が施された冷却器23のフィン27に照射可能な位置に可視光光源32を設け、可視光光源32が、貯蔵空間の背面部に設けたフィン27の間の透光部から冷却器23内を照射する。 (もっと読む)


【課題】制御を簡素化し且つ作動時間ロスを低減する。
【解決手段】冷媒を吸入圧縮する圧縮機20と、圧縮機20で圧縮された冷媒を放熱させる放熱器21と、冷媒流れにおいて互いに並列に設けられ、放熱器21で放熱された冷媒を減圧する第1減圧手段26および第2減圧手段29と、第1減圧手段26で減圧された冷媒を蒸発させ、第1保冷室111の空気を冷却する第1蒸発器27と、第2減圧手段29で減圧された冷媒を蒸発させ、第2保冷室112の空気を冷却する第2蒸発器30とを備え、第1減圧手段26は、流路断面積が調節可能に構成された膨張弁26であり、第2減圧手段29は、流路断面積が固定された固定絞り29である。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、水の供給源を食品からのみではなく外気に含まれる水分も有効に活用し、食品の乾燥防止と抗酸化成分の効果的な放出ができる冷蔵庫および冷凍庫を提供することにある。
【解決手段】本発明の冷蔵庫は、複数の貯蔵室2、3、4、5と、複数の貯蔵室2、3、4、5を冷却する冷凍サイクルとを備え、冷凍サイクルからの冷気を複数の貯蔵室2、3、4、5へ導く冷気通路30t、31、32、32o、36〜38、41が形成される冷蔵庫1であって、複数の貯蔵室2、3、4、5の少なくとも一部の貯蔵室24に、冷気を蓄えるための蓄冷材52を備えている。 (もっと読む)


61 - 70 / 1,647